6月28日(水)、朝7時から東松山駅。

通勤・通学の方々にご報告。

そして、夕刻も引き続いてお帰りになる方々に国政報告。

今日は一日街頭演説。

立ち止ってこちらを見ている方にお伺いすると、民進党を応援しているものの今の現状にかなり不満をお持ちのご意見をいただき。

さまざまなご意見をいただく機会となりました。

政界再編、与党になりえる野党としての基本姿勢をしっかり持って、皆様の声を国政に届けてまいります!

 

 

 

 


このページのトップへ

6月27日(火)、加計学園疑惑調査チーム会議。

萩生田光一副官房長官が内部文書に登場、学園と深い関係が取りざたされていますが、説明責任を果たさないまま調査が続けられています。

安倍総理が「真摯に丁寧に説明をする」と話されたのに、国会は閉じたままです。

おっしゃっていることと実際があまりに違う!

第17回大岡福祉チャリティーゴルフ大会。

私は東松山市体育協会会長としてご挨拶。

飯島長良大会実行委員長をはじめ、233名の方々が参加されました。

私の同級生も数人参加し、同窓会のゴルフコンペを企画しようという話に盛り上がり。

暑い中、お疲れ様でした!

 

 

 


このページのトップへ

6月24日(土)~25日(日)週末はイベントや研修会。

「鈴木和華チャリティー歌謡祭」が高坂市民活動センターにおいて開催されました。

オープニングはフラダンス。

そしてお一人お一人ステージ衣装に身を包み素晴らしい歌声を披露されました。

 

第20回「埼玉花の会写真展」。

 

東松山市スポーツ少年団母集団研修会。

私は主催者としてごあいさつ。ご来賓には中村光一教育長にお越しをいただきました。

お忙しい中多くの指導者や保護者の皆様にご出席いただきありがとうございました。

平成29年度埼玉県立松山高等学校同窓会総会。

そして懇親会。松高応援団の披露。

私もごあいさつ。

95歳の大先輩から後輩まで、温かい励ましと激励の言葉をいただきました。

やはり、母校はありがたい!

(以下、チャリティー歌謡ショーにおいて1分半のご挨拶)


このページのトップへ

6月23日(金)、公益財団法人日本体育協会平成29年度定時評員会が品川プリンスホテルで開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席しました。

主な議案は平成28年度事業報告及び決算について、日本体育協会の名称変更について、次期役員の選任について等。

来年の4月より「日本体育協会」は「日本スポーツ協会」に名称変更となります。

会議終了後、新体制で臨時理事会が開かれました。

代表理事に伊藤雅俊味の素(株)代表取締役会長が就任されました。

私も日本スポーツ少年団本部長として、新たな2年の任期がスタートいたしました。

理事会後、評議員の方々に伊藤会長がごあいさつ。

事務局から新会館の建設について報告。2019年4月竣工予定です。

夕刻、練馬駅前において「藤井とものり」候補の出陣式。

多くの国会議員、区議会議員の方々に応援に駆けつけていただきました。

藤井候補者は慶応大学卒業後、公認会計士の資格を取得。銀行員を経て27歳で練馬区議会議員に当選。

以後4期14年、しっかりとした実績を残し都議会議員選挙に挑戦されました。

厳しい選挙ですが、必勝を期して応援してまいります!

 


このページのトップへ

6月22日(木)、民進党オートバイ議員連盟総会。

昨年末の総会後、関係団体・省庁に政策提言を行った事項に対しての現在の状況について、関係団体・省庁よりヒアリング。

日本自動車工業会・全国オートバイ組合連合会・全日本自動車産業労働組合総連合会等、関係団体が出席しました。

加計学園疑惑調査チーム会合。

文部科学委員会海外派遣打ち合わせ会。

都議会議員選挙前日。

夕刻から石神井駅前において「藤井とものり」さんと街頭演説。

子どもたちにも熱心に聞いていただきました。

 


このページのトップへ

6月20日(火)、加計学園疑惑調査チーム。

学校法人「加計学園」の獣医学部新設の新たな文書が文部科学省から見つかりました。

官邸が「加計ありき」の方針だったのではないか。

調査チームでは、官邸で中心だったのは萩生田光一官房副長官ではないかとの疑念大きくなりましたが、質疑に対して内閣府は説明を明瞭にしません。

安部首相は「指摘があれば真摯に説明責任を果たす」と明言しましたが、そうであれば、なぜ国会を開かないのか。

衆院予算委員会の閉会中審査を行うのは国会として当然の務めなのではないでしょうか。全く話になりません。


このページのトップへ

2017_06_18_挨拶

6月18日(日)、第22回スポーツ少年団指導者全国研究大会が、都内、ホテルグランドパレスにおいて盛大に開催されました。

2017_06_18_日スポ指導者研究大会

全国各地から25名の指導者が参加。

伊藤雅充日本体育大学教授から「新しい時代にふさわしいスポーツの指導法」と題して基調講演をいただきました。

その後、「新しい時代にふさわしい育成母集団の姿を考える」「オリンピックムーブメントの理解を深め、国際交流活動をリーダー育成に活かす」「スポーツ指導における暴力発生メカニズムについて考える」「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会とスポーツ少年団」の4分科会が開かれました。

実りある一日となりましたが、参加をされた指導者の皆様、お疲れ様でした!


このページのトップへ

2017_06_17_都議選演説アップ

6月17日(土)、都議会議員選挙に向けて都内練馬区で民進党街頭演説会。

2017_06_17_駅全体

石神井公園駅は大きく人も多い。さすがに都内第2番目の72万都市。

2017_06_17_候補予定者と

藤井とものり区議会議員も共に政策を訴え。

多くのボランティアの方々に支えられ一日終了。

 


このページのトップへ

2017_06_16_代議士会

6月16日(金)、第193通常国会が閉会しました。

今国会最後の代議士会。

2017_06_16_加計学園調査チーム

党加計学園疑惑調査チーム。

2017_06_16_両院議員総会全体

民進党両院議員総会が党本部において開かれました。

2017_06_16_両院議員総会

蓮舫代表は「国会は閉会するが、国民が疑問に思っていることふたをしてはいけない」と述べました。

この150日通常国会では安倍政権が長期政権化し、おごりとゆるみが蔓延した国会となりました。

大臣の許されない言動や強行採決、調査不足や隠ぺい、言い訳。そして威嚇。

これが本当に「言論の府」なのだろうかと疑いたくなるような光景を目の当たりにしてきました。

私たちは批判ばかりしているのではありません。今国会での政府提出法案の78%は賛成し、昨日私が提出した「教育の無償化法案」をはじめ対案もしっかりと示してきました。

加計学園の問題をはじめ、解明されていない問題については引き続き調査を続け、チェック機能を果たしてまいります!

 

 

 


このページのトップへ

2017_06_15_加計学園

6月15日(木)、衆議院では朝2時まで本会議が行われた本日。

参議院本会議は朝7時前で開かれました。

そして今日も「加計学園疑惑調査チーム」の会合。相変わらずの調査不足。

2017_06_15_請願説明

文部科学委員会に出された請願のレクを調査室から受けました。

2017_06_15_法案提出

「教育に係る経済的負担の軽減を図るための学校教育の無償化等の推進に関する法律案」(教育の無償化法案)を提出。

写真は左から坂本祐之輔、大島九州男参議院議員、太田和美衆議院議員、平野博文衆議院議員、衆議院事務総長、高木義明衆議院議員、中川正春衆議院議員。

2017_06_15_記者会見

「人への投資」「チルドレンファースト」は党の政策の一丁目一番地です。これまでも高校無償化の実現や国際人権規約の留保撤回など。教育の無償化に取り組んでまいりました。

2017_06_15_記者会見全体

本案はこれをさらに進め家庭の経済状況にかかわらずすべての子どもを対象に、就学前教育から高等教育までの授業料を実質無償化するとともに、授業料以下の学生の負担に対し、奨学金を拡充し、教育機会を保障するものです。

小中学校の給食費の無償化や学用品の支援、貧困の状況にある子どもの学習支援等も盛り込みました。

近年、子どもや若者世代の貧困問題が深刻さを増し、格差の拡大や連鎖・固定化が進んでいます。誰もがその意欲と能力に応じて教育を受ける機会が保証されるよう、大胆な政策転換が求められています。そのような考え方を立法化いたしました。憲法と教育基本法にうたわれている教育を受ける権利と教育の機会均等の理念を実現するための法案です。

私が衆議院議員に就任以来訴えていた政策のひとつが立法化でき、本法案の一刻も早い審議を求めてまいります!

 


このページのトップへ

2017_06_国対夜勤会議

6月14日(水)、党国対役員・筆頭理事会議。

 

2017_06_15_代議士会

午後11時、代議士会。そして、11時30分衆議院本会議。翌15日0時10分から約2時間にわたり衆議院本会議が開かれました。

衆院本会議で、民進、共産、自由、社会の野党4党が共同で提出した安倍内閣不信任決議案の採決が行われ、与党などの反対多数で否決されました。採決に先立ち安住淳議員が趣旨弁明を、泉健太議員が賛成討論を行いました。

討論に先立ち安住議員は、参院法務委員会で審議を打ち切って本会議で直接採決する「中間報告」を行った与党側の対応について断固抗議。「参院法務委員会での共謀罪法案の審議は、まだ終わっていない。にもかかわらず、与党側は委員会質疑が未了のまま、本会議中間報告という姑息な手段を用いて、強行採決を行おうとしている。これは、民主主義を否定する憲政史上稀に見る暴挙で、看過できない」と強く抗議しました。

そのうえで、「安倍一強」と言われる政治状況下で安倍政権が生んだ加計学園・森友学園・南スーダンPKO部隊の日報等さまざまな問題・疑惑を列挙し、また議論が不充分だと多くの国民が指摘するなか共謀罪法案の審議を打ち切る数の横暴、国民軽視・国会軽視の政治姿勢を問題視し、信任に値しないと厳しく批判した。

共謀罪法案に関しては、「われわれが懸念するのは普通の社会生活を送る人が、突然言われなき容疑で調べられたり、内心の自由に踏み込まれたりといったことが、共謀罪法案成立によって起こりかねないということ。国家権力というのはあくまでも抑制的なものであらねばならず、一人一人の人権を一方的に踏みにじるようなことはあってはならない。だからこそ、われわれは共謀罪法案に強く反対している」と訴えました。

安住議員はまた、「共謀罪法案や加計学園・森友学園疑惑に共通しているのは、権力を持つ者がその権力を、自らの保身や親しい人間のために使っているという点にある。その結果、国民の基本的人権を脅かしたり、行政をゆがめたり、国民の血税や国有地を不正に特定の人間に与えてしまうという問題が現実に起きている。一体誰のために政治を行っているのか。そこに疑念を感じるからこそ、私たち野党は、不信任を突きつける」「世の中には、政治や行政の助けを必要とする人たちがたくさんいる。権力というものは、理不尽な思いをしていたり、光が当たらなかったり、決して顧みられない中でもがんばっている人たちのためにこそ使われるべきであり、そういう方々の信頼があって初めて、政治が成り立つ。そのような人たちから、本来知るべき情報、示すべき文書を隠蔽していては、この国の未来は開けるわけがない」「いびつとも言えるいまの権力のありようをしっかり正していかねばならない。そのための内閣不信任決議案だ」と強調しました。

15日午前5時45分に再開された参院本会議では、自民・公明両党が共謀罪法案(組織犯罪処罰法改正案)について法務委員会での採決を省略して本会議で採決するという暴挙に出ました。採決に先立って小川敏夫議員が質問に立ち、蓮舫代表が反対討論を行い強く抗議。

蓮舫代表は、「自民党・公明党が究極の強行採決、中間報告に踏み切ったことに強く抗議する。70年もの参院の歴史、議長のもとで進められてきた参院の独自性を発揮するための改革の歩みを踏みにじるものだ」と強く抗議。「法務委員会の審議ではなく、それを省き、本会議での審議なのか。法務委員会は要らない、公明党の秋野委員長には期待できない、丁寧な審議よりただ採決だけあればいい、まるで下請け機関のように、官邸に言われるがままに議会運営を進める与党のこの暴挙は、立法府に身を置く議員として強く恥じるべきだ」と語りました。

「2年前の9月19日は、この参院議場で自民、公明、与党の皆さんは安保法案強行採決で憲法を踏みにじった。今日は究極の強行採決で共謀罪法案を通そうとし、参院の存在そのものを踏みにじろうとしている。断じて許せない。安倍政権は、何をそんなに急いでいるのか。安倍内閣はお友達優先内閣との疑惑が深まっている。そのお友達優先の典型例、加計学園をこれ以上触れられたくないということなのか。だから究極の強行採決である中間報告に踏み切ったのか」と指摘し、自民、公明両党議員が行うべきは安倍総理、官邸への忖度(そんたく)である強行採決ではなく、良識の府として横暴な政権に率直に意見することだと訴えました。

蓮舫代表は「共謀罪に対する国民の最大の不安は、権力が恣意的に捜査を行うのではないか、権力に国民個々人の内心の自由が侵されるのではないかという点にあるが、その共謀罪そのものを横暴な、まさに数の力で異例な本会議採決で成立させようとする凶暴な安倍内閣にこの共謀罪の執行を委ねたら、一体どんな運営をされるのかという不安は際限なく膨らんでいく。安倍凶暴内閣に共謀罪を与えず。これが国民を代表する本院の最低限の矜恃(きょうじ)であり、守るべき最後の一線だ」「テロとは名ばかりの『1億総監視社会』へと真っ直ぐに突き進む道を歩むのではなく、立ち止まり、正しい道を指し示すことこそ、良識の府・参議院に身を置く議員求められる姿だ」と強調し、討論を締めくくりました。

今国会、私は「地方創生に関する特別委員会」の筆頭理事として仕事を重ねてきました。当委員会に付託となった国家戦略特区法案に対する審議を重ねるにつれ、加計学園の問題がより深まってきました。委員会での審議日程は大幅に延長されましたが、最終5月16日の委員会において採決となりました。私が委員会での反対討論を行いましたが可決。

翌日の朝、朝日新聞に「新学部 総理の意向」「加計学園 文科省に記録文書 内閣府、早期対応求める」の記事が一面に掲載され、この日17日に予定されていた文部科学委員会で質疑が集中。この問題が文部科学委員会で解明されることとなりました。

私は文部科学委員会の次席理事に就任している関係で、理事会等で与党理事に対してしっかりと説明責任を果たすべきと強調してまいりました。今国会を顧みると、まさに数の横暴の中で「加計学園問題」に早く蓋をしてしまおうという総理の意向が働いているいていると考えています。

圧倒的多数を占める与党だからこそ、国民に理解ができるように丁寧にしっかりと説明責任を果たしていくことこそが必要なのではないでしょうか。


このページのトップへ

2017_06_12_駅頭

6月12日(月)、朝のごあいさつ。

 

2017_06_12_加計学園チーム

党「加計学園疑惑調査チーム」。

これまで民進党から各省庁へ求めたものに対しての回答も出さないままで、国会が閉じられようととしています。

子どもたちの学校教育を司る文科省。

国民スポーツを司る文科省の在り方として疑問を感じざるを得ません。

 


このページのトップへ

2017_06_10_全日本スキー連盟常務理事会

6月10日(土)~11日(日)、会議やイベントそしてごあいさつ回り。

公益財団法人全日本スキー連盟常務理事会。

2017_06_11_テコンドー選手権大会

第6回東松山市テコンドー選手権大会。

私は当会最高顧問として出席し激励。

2017_06_11_テコンドー試合

磯部茂文大会実行委員長をはじめ役員の方々のご尽力に感謝を申しあげます。

今年の8月には韓国でアジア大会が開催され、来年にはアルゼンチンで世界大会、そして2020年には東京オリンピック競技大会が開催されます。

東松山市からも磯部茂文会長のように、世界に羽ばたく選手が誕生していただきたいと願っています。

 


このページのトップへ

2017_06_09_りそな会総会・懇親会

6月9日(金)、「りそな会」総会・懇親会。100名近くの会員の方々が出席され懇親会。

りそな会の前身である「常盤会」は当時の埼玉銀行の会員。

私も常盤会に参加させていただいたのは、もう35年ほど前のこと。

中里昱夫会長のお父様をはじめ、亡き父の友人であった当時東松山市の経済界の重鎮の方々にかわいがっていただきました。

鬼怒川などでゴルフ大会を兼ねての泊りがけ総会も例年参加。

当時の若手グループである現中里会長をはじめ、今日もお会いして親しくお話をさせていただいた小林太一先輩を乗せて運転手を務め参加。楽しかった!

また、当時「常盤会」やロータリークラブ(当時のロータリークラブの例会は埼玉銀行会議室で行われていた)の方々が中心になって、「G・F・T(ゴルフ・フレンド・トラベル)会」という親睦会もあり、私も父の後継として会員になり毎年旅行に参加。

20代のころから多くの地元の先輩にお世話になった、歴史のある「りそな会」。懐かしい思い出がたくさん詰まっています!


このページのトップへ

2017_06_08_本会議

6月8日(木)、代議士会に続いて本会議。

チョン・セギュン大韓民国国会議長一行が本会議傍聴にみえました。

「平成26年度一般会計歳入歳出決算」「平成27年度一般会計歳入歳出決算」「刑法の一部を改正する法律案」等、12議案の採決が行われました。

 

 

 


このページのトップへ

2017_06_07_文部科学部門会議

6月7日(水)、朝7時45分、党文部科学部門役員会議に続いて部門会議。

民進党議員立法「学校等の授業料の無償化等推進法案」(仮称)について法案審査。

2017_06_07_筆頭会議

党国対・筆頭理事会議。

2017_06_07_日体協理事会

平成29年度公益財団法人日本体育協会第2回理事会。

2017_06_07_アップ

日本体育協会名称変更趣意書(案)、国民体育協会名称変更(案)等9議案の審議。

2017_06_07_防衛勉強会

福山隆元海将をお招きし「日本の安全保障の今日的課題」(朝鮮半島の地政学と北朝鮮の核ミサイル問題)について講演をいただきました。

 

2017_06_07_尊厳ある会議

党尊厳ある生活保障総合調査会総会。

2017_06_07_党務局長会議

正副幹事長・党務局長会議。

2017_06_07_川越西地域協議会

夜7時、川越市において第3回連合埼玉・西入間地域協議会幹事会にて国政報告。

あわただしく一日が終了!

 

 


このページのトップへ

2017_06_06_科技等特委員会

6月6日(火)、科学技術・イノベーション推進特別委員会。

科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件(我が国の科学技術、イノベーション推進の今後の在り方について)参考人から意見聴取と質疑。

今日は本島修国際融合エネルギー研究開発機構(ITER)名誉機構長・未来エネルギー研究協会会長が参考人としてお見えになりました。

2017_06_06_加計学園疑惑解明チーム

加計学園疑惑調査チーム。

答弁は一辺倒で疑惑は深まるばかり。

2017_06_06_総務・地域主権部門役員会議

総務・地域主権部門役員会議。

委員会状況の確認と今後の部門会議の課題について意見交換が行われました。


このページのトップへ

2017_06_03_挨拶

6月3日(土)~4日(日)、会議やイベントでのごあいさつ。

平成29年度第1回日本スポーツ少年団委員総会。

全国各地から委員が出席。

2017_06_03_日スポ委員総会

主な議案は「平成28年度日本スポーツ少年団活動報告及び決算について」

平成30年度日本スポーツ少年団活動計画及び要望予算の編成について」等。

本日の会議は2年任期の交代期ととなります。お力添えをいただいた指導者の方々に心から感謝申し上げます。

今後とも健康に留意されさらなるご指導を賜りますようお願い申し上げます。

 

2017_06_04_オール埼玉総行動

「オール埼玉総行動」が北浦和公園において12000名にのぼる方々が参加され開催されました。

民進党からは枝野幸男元幹事長がごあいさつ。力強く素晴らしいご挨拶でした。

 


このページのトップへ

2017_06_02_教育政策課題別学習会

6月2日(金)、朝8時、教育政策課題別学習会。

「大学の入試改革」について自由討議と意見交換。

2017_06_02_代議士会

代議士会に続いて本会議。

「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」「電子委任状の普及の促進に関する法律案」の採決。

また、「刑法の一部を改正する法律案」が上程され、各党からの質疑が行われました。

2017_06_02_日スポ少常任委員会

岸記念体育会館において日本スポーツ少年団常任委員会が開かれ、私は本部長として出席。

「平成28年度日本スポーツ少年団活動報告及び決算について」「平成30年度日本スポーツ少年団活動計画及び要望予算の編成について」他5議案が審議されました。

 


このページのトップへ

2017_06_01_代議士会

6月1日(木)、代議士会に続いて本会議。

「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案」他3議案が採決されました。

2017_06_01_総務部門会議

党総務・地域主権部門合同会議。

「国家戦略特別区域法の適用の停止等に関する法律案要綱」について審議。

2017_06_01_加が鵜技術・文科合同部門会議

科学技術・文部科学合同部門会議。

「科学技術関係予算の拡充に関する件」について審議。

2017_06_01_尊厳の会

尊厳ある生活保障総合調査会総会。

2017_06_01_埼玉県との会議

ルポール麹町において平成29年度国会議員連絡会議が開催され、上田埼玉県知事から「平成30年度国の施策に対する提案・要望」の説明をいただきました。

今日は平野元文部科学大臣を中心として練り上げてきた「学校等の授業料の無償化等推進法案(仮称)骨子案」の意見交換と調査。

そろそろ取りまとめとなります。


このページのトップへ

2017_05_31_文部科学部門会議

5月31日(水)、朝7時45分、党文部科学部門役員会議。

続いて部門会議。「日本学生機構 給付奨学生採用候補者の推薦に係る指針について」文部科学省、学生支援機構からヒアリングと意見交換。

そして「教員勤務実態調査」について文部科学省からヒアリングと意見交換。

2017_05_31_国対会議

国対役員・筆頭理事会議。

6月18日までの180日国会も終盤に入りました。

衆議院で審議された法案も次々に参議院へ送られ、参議院において審議されています。

私が筆頭理事を務めた地方創生に関する特別委員会で審議された閣法も参議院へ。

また、次席理事を務める文部科学委員会も、この後の法案は議員立法を残すのみとなりました。

しかし、文部科学委員会では「加計学園」と安倍総理の関係についてまだ、調査が終わってはいません。

今後さらに解明に向けて質していくことが必要と考えます。


このページのトップへ

2017_05_30_合同部門会議

5月30日(火)、党厚労・内閣・法務・文科合同部門会議。

「児童福祉法及び児童虐待の防止等に関する法律の一部を改正する法律案について」「死因究明等推進基本法案」についてヒアリングと意見交換。

2017_05_30_科学技術特

科学技術・イノベーション推進特別委員会。

2017_05_30_代議士会

代議士会に続いて本会議。

「国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の一部を改正する法律案」他4法案の採決。

2017_05_30_意見交換会

連合埼玉青年委員会の方々が国会見学にお見えになり、県内国会議員と意見交換。

2017_05_30_国会前

皆さんと。

2017_05_30_総務部門やウイン会g

党総務・地域主権部門役員会議。

委員会の状況報告と今後の部門会議の議題等について意見交換。

今日は私が筆頭理事を務める地方創生に関する特別委員会で審議された議案が、衆議院本会議場において採決されました。

安倍総理と加計学園の問題を含む国家戦略特別区域法。

審議の舞台は参議院に移っていきますが、今後も証人喚問・参考人質疑を求めてまいります!


このページのトップへ

2017_05_29_比企現代写真研究会

5月29日(月)、第6回比企現代写真研究会写真展が開かれ多くの方々の作品が展示されました。

2017_05_29_大木会長と

知人の方のお名前を拝見して多趣味なのに驚く。

また、講師を務める大木晴雄先生から、それぞれの作品についてお話しをしていただくのが実に楽しい。

およそ200点の作品は国内外の観光地で写真を撮られたものと、身近な場所で撮られたものと様々。

撮る方によって景色の見方も違うことも新たな発見につながって。

カメラを構えてとらえるその瞬間の楽しさが伝わってきます。


このページのトップへ

2017_05_26_教育課題別勉強会

5月26日(金)、朝8時から教育政策課題学習会。

今日は「学校教育における情報化の推進に関する法律案」について自由討議と意見交換。

2017_05_26_総務部門会議

党総務部門会議。

議員立法「公職選挙法の一部を改正する法律案」(地方議会議員選挙ビラ解禁法案)について意見交換

2017_05_26_文部科学委員会

文部科学委員会。野党のみ「文部科学行政の基本政策に関する件」について質疑。

中心は「加計学園問題」について。

2017_05_26_代議士会

代議士会に続いて本会議。「国家公務員等任命につき同意を求めるの件」9件の採決。

また、「医療法等の一部を改正する法律案」他2議案の採決がありました。

夕刻から練馬区へ、都議会議員選挙打ち合わせ。

今日の文部科学委員会での質疑は、昨日、前川喜平前文部科学省事務次官が記者会見で発言された件が中心でした。

「官僚の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などとしたメモが実際に存在すると発言。

国家戦略特区法によって、安倍総理が「腹心の友」と呼ぶ親友に獣医学部を建設させるための総理の意向が働いたのかどうか。

従来から文部科学省は獣医学部新設に際して、獣医師は足りていると強く反対してきました。

ところがこの特区に安倍総理が2015年6月に提案したとたん、わずか1年半という短い期間で事業認定されました。

前事務次官は「内閣府に押し切られた」とおっしゃっていました。

まさに「公正・公平であるべき政がゆがめられている」ことがあってはなりません。

さらにしっかりとした調査が必要ですし、前事務次官本人も出席すると言われる参考人質疑や承認喚問も行うべきです。

天下り問題で揺れたばかりの文部科学省。襟を正して「国政は国民の皆様のためにこそある」という当たり前の考えのもと、「確認ができなかったのでこれ以上の調査の必要はない」と同じ答弁を何度も何度も繰り返さず、真摯に対応していただきたいと考えます。

 


このページのトップへ

2017_05_25_都議選対リーダー会議

5月25日(木)、都議会議員選挙リーダー・サブリーダー会議。

今日は野田幹事長・馬淵選対委員長を中心に状況報告と対策会議。

 

2017_05_25_加計調査

午後4時に前川喜平前文部科学事務次官が、学校法人「加計学園」が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について記者会見。

このことを中心に文部科学省及び内閣府に対して質疑が行われましたが、答弁は同じことの繰り返しとなり進展しませんでした。

明日は文部科学委員会の質疑。野党各党からさらに質してまいります。

今日は文部科学委員会理事懇談会も開催され、「加計学園問題」であわただしい一日となりました。


このページのトップへ

2017_05_24_文部科学部門カギ

5月24日(水)、朝7時45分、党文部科学部門役員会議に続いて部門会議。 毎週火曜日は朝のスタートが早い。

今日は議員立法の「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律案」について法案審査。

そして、幼児教育の無償化について、文部科学省、厚労省、内閣府からヒアリングと意見交換。

2017_05_24_国対役員筆頭会議

国対・役員筆頭理事会議。

2017_05_24_加計学園調査会

加計学園疑惑解明調査チーム。

文部科学省・内閣府の職員からのヒアリングと質疑が行われました。

 

 

 


このページのトップへ

2017_05_23_出迎え

5月23日(火)、衆議院文部科学委員会にフィンランド共和国国会教育文化委員会トゥオモ・プーマラ委員長一行がお見えになりました。

2017_05_23_ああz子紹介

私は理事として出席。

2017_05_23_アップ

教育改革の現状や問題等、活発な意見交換が行われました。

2017_05_23_代議士会

代議士会に続いて本会議。

「地方自治法の一部を改正する法律案」他、4議案が採決。

また、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部を加勢する法律案」いわゆる共謀罪の採決が行われました。

今回の共謀罪法案は、国連条約であるTOC条約を批准するためにどうしても必要だということを政府・与党は説明してきました。その肝心の国連の特別報告者から、プライバシーや表現の自由が侵害される危険性がある、監視社会になる危険性がある、立法過程が拙速すぎ、国民的議論が不十分ななか立法するのは問題であるという非常に深刻な懸念を書簡で安倍総理に示されています。

それを無視して強行採決することはあってはならないと考えます。


このページのトップへ

2017_05_21_ノルディック大会

5月20日(土)~21日(日)、地元のイベントや祝賀会・総会。

第4回ときがわ町ノルディックウォークin埼玉。

関口典助大会実行委員長のもと、今年も盛大に開催されました。

2017_05_21_ショップ

100円商店会お宝市。私も大根に卵やお団子…といろいろ買い込んで。

2017_05_21_丸屋前にて

今年もたくさんのお店が100円均一で販売。

丸屋酒店前で、今年も写真を。

2017_05_21_石田せんべい

昨年よりも人の数が多い。

懐かしい手焼の石田せんべい店も出店で。

 

2017_05_21_レク協会

私が会長を務める東松山市レクリエーション協会総会。そして懇親会。

2017_05_21_山下弁護士挨拶

「弁護士 山下茂氏 埼玉県弁護士会会長就任祝賀会」。

大場宏代表発起人をはじめ、多くの方々がお見えになりました。

山下弁護士の今後のご活躍をお祈り申し上げます!

2017_05_21_市スポ少定時委員会

私が本部長を務める東松山市スポーツ少年団定時委員会。

2017_05_21_下境乾杯

下境捷正副本部長の乾杯でなごやかに情報交換会。

土日とも夏を思わせるような暑さ。

スポーツ指導者の間から熱中症対策の話が多く。

暑い夏がやってきます!

 


このページのトップへ

2017_05_19_法務委員会

5月19日(金)、法務委員会。

共謀罪法案(組織犯罪処罰法改正案)を審議する衆院法務委員会で19日午後1時過ぎ、自民・公明・維新の3党は質疑を打ち切って法案を強行採決。
野党筆頭理事の民進党・逢坂誠二議員は、「これが法治国家なのか。ひどい話だ。しかも委員会の審議に出ていない委員外の者に『審議時間は十分だ』などと言わせて、責任放棄も甚だしい。こんなばかなことを認めるわけにはいかない」などと与党の暴挙に強く抗議し、採決の撤回や質疑の継続を求めていく考えを表明しました。

また、今日は文部科学委員会理事懇談会が開かれ私は野党次席理事として出席。

文部科学省から、先日朝日新聞に掲載された「総理の意向」文書の確認や、共通ファイルの調査について報告を受けました。

しかし、ヒアリング項目については、民進党から示された資料に対して文書を作成した事実はなく見たこともない。そして20数人の共有フォルダーには特段の問題もないとの報告でした。

きわめて簡易な調査で納得できるものではなく、全体での調査をしっかりと行うように申し入れました。

 


このページのトップへ

2017_05_18_代議士会蓮舫代表挨拶

5月18日(木)、代議士会に続いて本会議。

開会に先立ち、アリ・アブデルアール エジプトアラブ共和国代議員議長一行が本会傍聴につきご紹介。

今日は「法務大臣金田勝利君不信任決議案」について討論と採決。

また、「港湾法の一部を開催するための法律案」他4議案が採決されました。

2017_05_18_総務部門会議

党総務部門会議。「FMでの政見放送解禁」について意見交換。

「主権者教育等に関する調査及び18歳選挙権に関する意識調査結果」について総務省から説明いただき意見交換。

 

2017_05_18_表彰者全員

夜には、「SAJ SNOW AWARD 2017」が都内八芳園において開催されました。

北野会長を中心に功労者・選手の方々と。

2017_05_19_スノーアワード全体

スキースポーツの発展にご尽力いただいた600名に及ぶスキー関係者の方々がお見えになりました。

2017_05_18_挨拶
私は全日本スキー連盟副会長として出席。御礼のごあいさつ。

 

 

2017_05_18_皆川さんと

マーケティング担当されている皆川理事のご尽力で実現。奥様の愛子さんと。

2017_05_18_誕生日

40歳の誕生日。おめでとうございます!

2017_05_18_原田さんと

ジャンプの原田理事と。

2017_05_18_ユーミン

松任谷由美さんもお見えになりました。

私も学生時代からのファン。よく歌を聴きました。

スキー界には多くの方々の関わりがあります。

これからもスキースポーツで日本をより元気にいたしたいと考えています!


このページのトップへ