2月2日(土)、滋賀県草津エストピアにおいて滋賀県スポーツ少年団創立50周年記念式典・記念講演が開催されました。私は式典後の記念講演で「夢を夢で終わらせない~Road to Dreams~」と題して講演をいたしました。
 講演には約300名の方々が参加されましたが、式典に訪れた嘉田由紀子知事も最後までお聞きいただきました。


このページのトップへ


 7月17日(火)、さいたま市東天紅JACK大宮において平成24年度埼玉県レクリエーション協会役員・事務担当者研修会が開催されました。私は講師として「夢を夢で終わらせない~Road to Dreams~」と題し90分間のお話しをさせていただきました。
 この日は全県下各地から市町村レクリエーション協会役員や民謡連盟・フォークダンス連盟・マレットゴルフ連盟等、レクリエーション活動にかかわる多くの皆様が出席され熱心にお聞きいただきました。
 講演終了後、秋谷昭治会長をはじめ出席者の皆様と有意義な情報交換懇親会が開催されました。


このページのトップへ


 7月7日(土)、世田谷区日大文理学部において、体育学科同窓会創立50周年記念講演会が開催され、私が講師として講演をさせていただきました。
 演題は「夢を夢で終わらせない~Road to Dreams~」。母校の学び舎で元オリンピック選手の恩師をはじめ、現役の学生まで多くの方々が聴講に来てくださいました。懐かしい学び舎での90分はとても有意義なひとときで、講演後の式典・懇親会には懐かしい同級生も同席で昔話に花が咲き、賑やかに過ごさせていただきました。


このページのトップへ


 4月2日(火)、本年度も学校法人後藤学園武蔵丘短期大学から客員教授の委嘱状をいただきました。今年度で4年目となります。
  学校法人後藤学園の歴史は昭和22年6月に創設された武蔵野ドレスメーカー女子学院から始まります。創立者の後藤奈美子氏は、戦後の日本を復興させるためには女子教育の立て直しが必要であると考え、物資の乏しい時代に自宅を開放し当学院を開校しました。
 その後、創立者後藤守正氏と共に食文化の充実を旨とし、昭和43年4月武蔵野調理師学校を設立。昭和45年4月には武蔵野栄養専門学校を設立。そして、平成3年4月武蔵丘短期大学を開学しました。
 60年の歴史の中で日本の「衣」「食」「健康」の発展に尽くされた後藤学園。私も客員教授を拝命し、日本の将来を担う学生たちが「夢や希望」を持てるようしっかりと支援をしていきたいと思います。


このページのトップへ


 1月19日(木)、東秩父村コミュニティセンターにおいて東秩父村商工会主催新春講演会が開催されました。この講演会は東秩父村豊田馨商会長の招聘により私が1時間半の講演を行わせていただきました。題は「夢を夢で終わらせない~Road to Dreams~」。人口約3300人の村で若林全村長・村議会議員の皆様をはじめ100名を越える村民の方々がお集まりいただきお話をさせていただきました。
 終了後和紙の里において和やかに懇親会が開かれました。


このページのトップへ


6月4日(土)、川越市北部地域ふれあいセンターにおいて「夢を夢で終わらせない」というテーマで講演を行いました。講演は私の青年会議所時代の先輩でもある阿部好弘氏が経営する「ヤマダ産業株式会社」の第13回社員研修会で行ったもので、約40名の方々にお話しをさせていただきました。
 ヤマダ産業はエコ・ソリューションカンパニーとして地球環境を真剣に考え、環境に関する問題解決を実現する企業です。そして総合ビルメンテナンス・一般廃棄物収集運搬処理・廃棄物総合リサイクルを業務内容として地域発展に大きく貢献されている素晴らしい会社です。
 講演が終了しても多くの質問をいただき、職員の方々の前向きな姿勢に地域を担う力強さを感じました。講演をさせていただいた私も充実感をいただいたひとときでした。


このページのトップへ


 4月14日(木)、平成23年度学校法人後藤学園武蔵丘短期大学入学式が挙行されました。当日は晴天に恵まれ、晴れやかな大空のもと新入生は新生活への第一歩を踏み出しました。式が始まり、新入生の名前が一人一人読み上げられた後、河合武司学長による式辞が行われました。入学式後には、各専攻別に分かれ懇談会が行われました。
 私も昨年に続き本学の客員教授を拝命しました。新入生の皆さんはこの2年間の学生生活で自分の目指す夢や希望に向かってしっかり勉強していただきたいと願っています。


このページのトップへ


 3月5日(土)~6日(日)、群馬県草津町ナウリゾートホテルにおいて、埼玉県医師会スキークラブ主催の講演会が開催され、私が「スキーと健康スポーツ」と題して講演をしました。
 また日曜日の午後からスラローム大会が開催されました。県医師会スキー部の先生方は大学時代スキー部に所属していた方や、還暦になってスキーを始めた方などさまざま。70歳代の参加者もいて、いつまでも元気に楽しくこの大会に参加したいと果敢にポールに向かって滑っていました。


このページのトップへ


11月29日(月)、きらめき市民大学において「人生の楽しみ」と題して講演を行いました。この講演会は「6期校友会第1回学習会」の催しで、校友会福岡典秋会長からご案内をいただき楽しく講演をさせていただきました。


このページのトップへ


11月26日(金)、東松山市立北中学校において講演を行いました。この講演は内田一郎校長先生からの依頼によるもので、在校生525名の生徒一人一人が自分の将来を見つめ、将来の生き方について保護者の方々とともに考える場として開催されました。


このページのトップへ


11月25日(木)、武蔵丘短期大学において客員教授として講義を行いました。今回の講義は「Road to Dreams」~夢を夢で終わらせない~というテーマ。すでに就職も決まっている学生も多く、自分の将来の夢や目標を確認し、その達成のための道筋を考えました。


このページのトップへ


 11月11日(金)、ホテル紫雲閣において約130人の関係事業所の方々が出席され、関中建設(株)安全衛生大会が盛大に開催されました。大会の中で「夢を叶えるために」と題して私が1時間半ほどの記念講演を行いました。


このページのトップへ

武蔵丘短期大学客員教授委嘱 
 5月10日(月)、学校法人後藤学園武蔵丘短期大学 後藤人基理事長を始め、川合武司学長、柴橋正昭法人本部長、根岸成直事務局長同席のもと、武蔵丘短期大学の客員教授の委嘱を受けました。
 武蔵丘短期大学は比企郡吉見町南吉見に1991年に設置をされ、1学科2専攻で構成されています。「豊かな人間性と専門性をあわせ持ったスペシャリストとし健康づくりの指導者を育成する」を教育方針とし、健康に関する学問をベースとした学科が設置され、将来、スポーツや栄養職として関わる人材を育成するためのカリキュラムが用意されています。私も客員教授に就任させていただき4年目を迎えますが、これからも日本の将来を担う若い学生たちの大きな夢を、確実に実現できるように努めてまいりたいと考えています。


このページのトップへ

きらめき市民大学・大学院卒業式
 3月25日(木)、平成21年度東松山市きらめき市民大学・大学院卒業式が挙行され、名誉学長として出席しました。
 本年度の卒業生は大学生(7期生)85名、大学院生(5期生)26名、ご来賓には榎本栄東松山市議会議長をはじめ石川社会教育委員長、生田大東文化大学名誉教授がご出席され、厳かに挙行されました。
 きらめき市民大学は10年ほど前、埼玉県立生きがい大学になかなか入学のチャンスを得られない市民の方々からの要望を受け、平成14年に市民の方々のための市立大学を創設したものです。校舎は埼玉県立青年の家を市に無償で払い下げていただくようお願いし実現できました。
 この市民大学の基本理念は、学ぶことによって豊かな心を育み、市民一人ひとりの個性が輝き、元気な人々の生活があふれ、まち全体が彩り豊かにきらめく人づくりを目指すというものです。独立型の生涯学習施設として校舎や校庭そして体育館を有する全国でも稀にみる市民大学です。卒業をされた方々には、きらめき市民大学で得られた知識、経験、仲間を活かして、まちづくり事業や地域づくりなどに積極的に参画をいただき、いつまでも元気に若々しく生き生きと輝いていただきたいと願っております。


このページのトップへ

3月18日(木)、学校法人後藤学園 武蔵丘短期大学 第18回卒業証書・学
位授与式が川越プリンスホテルにおいて盛大に開催されました。私は理事長の後藤人基様に次いで挨拶をさせていただきました。
武蔵丘短期大学は社会の高齢化が進む中、人々が健康的に生き生きと過ごすことを最大の目的として、平成3年に開校され“健康生活”を標榜し、健康づくりの実践的指導の育成を行っています。
本日、「健康栄養専攻」「健康スポーツ専攻」の170名が卒業しました。私たちの郷土の大学を卒業された若人が、今後、夢や希望を叶えるために自分の力を信じ大輪の花を咲かせていただきたいと願っています。


このページのトップへ