* RSS FEED

6月22日(金)、品川プリンスホテルにおいて平成30年度公益財団法人日本スポーツ協会定時評議員会が開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

平成29年度事業報告及び決算について他、6議案が審議されました。

引き続いて臨時理事会。

同プリンスホテルにおいて「岡崎助一氏の旭日中綬章受賞を祝う会」が開かれました。

岡崎氏は永年にわたり、体育・スポーツ行政に携わるとともに、我が国スポーツの統一組織である公益財団法人日本体育協会の役員をはじめ、数多くのスポーツ関係団体の役員として、スポーツの推進、環境整備及び発展に不断の努力を傾注しご尽力をいただきました。

日本体育協会では4代の会長を支えてこられました。

各中央競技団体役員をはじめ日本スポーツ協会関係者が出席され盛大に。

岡崎氏と日大時代の恩師である早田卓次先生(東京オリンピックの体操競技で団体とつり輪で金メダル)と一緒に。

氏は現在、財団法人日本オリンピック委員会理事に就任されています。

今後のご健勝をご祈念申し上げます。


このページのトップへ

6月17日(日)、第1回ジュニアスポーツフォーラムが都内パレスホテルにおいて開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

このフォーラムは昨年度まで個別に開催されていた「スポーツ少年団指導者全国研究大会」と「ジュニアスポーツの育成と安心・安全フォーラム」を統合する形で開催されたもの。

基調講演は早稲田大学友添 秀則教授から「今後の地域スポーツ体制の在り方について」。

その後各分科会が開かれました。

全国各地からお越しいただいた指導者の皆様、ありがとうございました!


このページのトップへ

6月6日(水)、今日は朝からスポーツ協会の会議で岸記念体育会館へ。

平成30年度第1回総合企画委員会。

続いて第1回財務部会。

そして、第2回理事会。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席しました。

理事会では平成29年度事業報告及び決算について、第13回日本スポーツグランプリ受賞者の決定について他5議案が審議されました。

体育協会からスポーツ協会に名称が変更になり各委員会がスタート。

総合企画委員会では「公益財団法人日本スポーツ協会加盟の在り方に関する提言」もまとまり、スポーツ宣言日本が指し示す社会像の実現に資する加盟団体の構築を目指すことを提言させていただきました。

 


このページのトップへ

6月2日(土)、日本スポーツ少年団委員総会が渋谷において開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席し議事進行。

全国から出席いただいた都道府県本部長の皆様お疲れさまでした。

今月から各事業がスタートします。

本年度も子どもたちのためにご支援をよろしくお願いいたします!


このページのトップへ

6月1日(金)、日本スポーツ少年団常任委員会が代々木の岸記念体育会館で開催され、私は本部長として出席。

今月には「ジュニアフォーラム」が開催され、来月からは全国スポーツ少年大会や全国軟式野球交流大会、ホッケー交流大会も始まります。

スポーツ本番の夏を迎えます!


このページのトップへ

5月29日(火)、岸記念体育会館において平成30年度総合企画委員会第1回企画部会が開かれました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

今日の会議では今後のジュニアスポーツを中心とする地域スポーツのあり方等が検討されました。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に中学校の運動部活動の在り方や地域スポーツの在り方が見直されます。

日本のスポーツの将来に向けてしっかりと議論させていただきたいと考えています。


このページのトップへ

5月19日(土)、日本大学理工学部駿河台キャンパスにおいて、全国大学体育連合会主催における、スポーツ健康系の大学生を指導している大学の教員の方々に「採用者からみた求められる人材」について講演。

先生方の双肩に学生たちの未来がかかっています。

これからも志を抱く多くの青年のためにご支援をお願いいたします!

東松山市スポーツ少年団定時評議委員会。

今年のスポーツ功労者は渡邉篤史・根上明・小柳晃・近藤幸幾指導員の4名の方々。

長年にわたり単位団、そして子供たちのためにありがとうございました!

下境捷正副本部長の発生で乾杯。

懇親会は有意義な情報交換会となりました。

 


このページのトップへ

4月27日(金)、都内平河町にある都道府県会館で、上田埼玉県知事にご挨拶。

埼玉県体育協会副会長、日本スポーツ協会副会長と共に、私は日本スポーツ少年団本部長として同行。

2020年オリンピック競技大会期間中に、約2週間にわたり約60名のドイツスポーツユーゲントが日本にみえます。

日本スポーツ少年団の子ども達との合同キャンプが埼玉県の地で行うことができるようご説明させていただきました。


このページのトップへ

4月23日(月)、日本岸記念体育会館においてスポーツ少年団常任委員会。

私は本部長として出席。

GWには第45回日独同時交流事前研修会が開催され、新年度の大きな事業もスタートします。

今年度もさらに、スポーツを通して子ども達の健全育成を進めてまいります!


このページのトップへ

4月20日(金)、岸記念体育会館において日本スポーツ協会平成30年度第1回理事会が開かれました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

今日は体育協会からスポーツ協会に名称変更して初めての理事会となりました。

誰もがスポーツに親しめるよう、広く大きいスポーツという名称でスタートしました。


夕刻から東松山市スポーツ少年団常任委員会。

地元の指導者の声も日本のスポーツの発展に繋げたい!

スポーツ協会のある岸記念体育会館は原宿駅と渋谷駅の間に位置しているので、JR原宿駅前の明治神宮前駅から副都心線にで乗り換えなしで、80分ほどで東松山駅。便利になりました。

今日は暑い日だったので、帰りの電車はクーラーでガンガンに冷えて。

夏模様でしたね。

 

 


このページのトップへ

3月29日(木)、公益財団法人日本体育協会名称変更記念祝賀会が東京プリンスホテルで開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

1911年、本会初代会長の嘉納治五郎は、日本のスポーツの現状と国際的動向に鑑み、国民体育の普及振興と共に、国際的なスポーツの祭典であるオリンピック競技大会への参加を念頭においた組織体制を整備するために大日本体育協会を設立しました。

当時嘉納治五郎が考えていた「体育」の概念は、国民の身体形成とそれぞれの人生の適合を目指しつつ、力の充実や融和協調という当時の深刻化する時局が求める精神を涵養し、究極的には人格の形成を目指す教育的営為であったとされています。

現在、100有余年の時を経て、日常生活の中でスポーツに親しむ人々が増え、人々のスポーツに対するニーズが多様化し、地域に根差すスポーツ活動の重要性が増す中で、本会は加盟団体をはじめとするスポーツ関係団体と共にスポーツのより一層の発展に向けた取り組みが求められています。

ここにあらためて「日本体育協会」から「日本スポーツ協会」へ名称を変更し、改めて力強く歩みを続けていくものであります。


このページのトップへ

 

3月25日(日)、全国スポーツ少年団バレーボール交流大会がぐんまアリーナで開催。

開催に先立ち指導者会議。

指導者の方々の日頃のご尽力に深く敬意を表します。

私は主催者としてご挨拶。

 

選手宣誓は高崎ドリームススポーツ少年団石井莉湖選手。

元気あふれる堂々たる宣誓でした。

全国各地(男子は5ブロック・女子は47都道府県)で勝ち抜いたチームが一堂に会し、熱戦を繰り広げます。

今日は多くの保護者の方々も応援に駆けつけていただきました。
宿舎は伊香保温泉。

子どもたちも喜びますね。

日頃の練習の成果を充分に発揮するとともに、多くの仲間との友情の輪を広げ、思い出に残る楽しい大会となることを願っています!


このページのトップへ

3月7日(水)、今日は日本体育協会の財務部会と理事会のため一日岸記念体育会館。

今日は平成30年度事業計画及び予算について等審議。

最近は東松山から渋谷まで東京メトロ副都心線で乗り換えなしで行けるのでうれしい。

今日は理事会で、私からもスポーツ少年団の活動報告を行い承認をいただきました。


このページのトップへ

3月6日(火)、日本スポーツ少年団委員総会。

全国から代表者が出席。私は主催者として議事進行。

平成30年度活動計画及び予算について等審議を行いました。

先般の各ブロック会議において、様々なご意見・ご要望をいただきました。

今後の指導者制度の在り方や地域スポーツクラブとの連携など地域のスポーツの在り方が大きく変わる大切な時を迎えています。

今後も将来を担う大切な子どもたちのためにご支援をよろしくお願いいたします!


このページのトップへ

2月21日(水)、岸記念体育会館において日本体育協会企画委員会・企画部会が開かれ、私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

「今後の地域スポーツ体制の在り方について」等協議を行いました。

特に新たな地域スポーツ体制を創造するために、スポーツ少年団と総合型クラブを地域スポーツクラブ化するための取り組みや、中学校の運動部活動を地域スポーツクラブへ移行するための取り組みなど、これらの推進には文部科学省・スポーツ庁・地域行政・教育行政・中体連など関係機関と緊密な連携を取り、協力を得ながら進めていかなければならないと考えます。


このページのトップへ

2月17日(土)、東松山市スポーツ少年団新年会。

本部長として出席。

26団の指導者が一堂に会し、他の競技指導者との交流も活発に有意義な情報交換会となりました。


このページのトップへ

2月8日(木)~9日(金)、ホテルリソル岐阜において「日本スポーツ少年団北信越・東海ブロック会議」が開かれました。

 

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

9県のスポーツ少年団本部長・指導者協議会会長・事務局が一堂に会して意見交換。

岐阜県スポーツ少年団をはじめ県体育協会・事務局の皆様にご設営いただき感謝申し上げます。

指導者資格制度、予算、事業等熱心に様々なご意見をいただきありがとうございました!


このページのトップへ

 

1月25日(水)、日本スポーツ少年団九州ブロック会議が宮崎市で開催。

ご挨拶には喜納武信九州ブロック連絡協議会会長、原田種英宮崎県スポーツ少年団本部長。

私は主催者としてご挨拶。

沖縄を含む8県のスポーツ少年団本部長・指導者協議会会長並びに各県事務局の方々が出席。

特に、中学校の運動部活動の見直しが検討される中で、スポーツ少年団と総合型地域スポーツクラブ、中学校とのかかわりについてのご意見や、ドイツスポーツユーゲントとの同時交流の推進について等、活発な意見交換の場となりました。

2日間にわたりご設営をいただいた宮崎県体育協会、宮崎市スポーツ少年団をはじめ地元の皆様、ありがとうございました!


このページのトップへ

1月20日(土)、今日・明日と「埼玉県スポーツリーダー養成講習会兼スポーツ少年団認定員養成講習会」が東松山市体育協会主催で開催いたしました。

私は体協会長としてご挨拶。

市内外から多くの指導者の方々にお越しいただきありがとうございました。

 

「ジュニア期のスポーツ」「運動適正テスト」「スポーツと栄養」「スポーツ指導者に必要な医学的知識」「指導者の役割」「指導計画と安全管理」「スポーツ少年団の理念」等講習を受けていただき、最後に検定試験があります。

50点満点中30点以上の方々が合格。

皆さん、頑張りましょう!


このページのトップへ

1月10日(水)、日本体育協会理事会。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

本年4月から「日本スポーツ協会」に名称が変わり、協会のビルも来年4月に完成します。

NHK主催「アマチュアスポーツ新春懇親会」。

日本の中央競技団体役員、オリンピック・パラリンピック関係団体との懇談会。

スポーツで日本を元気に!!

意気盛んな会でした!


このページのトップへ

12月22日(金)、平成29年度第2回総合企画委員会及び同委員会第3回企画部会合同会議が岸記念体育会館において開かれました。

今日の会議は〇日本スポーツ協会コーポレートメッセージ、コーポレートカラー、ロゴについて。

〇日本体育協会スポーツ推進方策の策定について

〇事業評価システムの構築についてが主な議題。

また、現在、国においては中学校運動部活動の地域への移行が検討されています。そのための受け皿となるべく地域におけるスポーツ少年団と総合型地域スポーツクラブを包括する地域スポーツクラブ体制の整備が求められています。

私からは今後の地域スポーツの在り方について提言を申し上げました。

 


このページのトップへ

 

12月4日(月)、日本体育協会において日本馬主協会連合会から助成金の贈呈式。

伊藤雅俊日本体育協会会長、大八木信行日本馬主協会連合会会長そして両団体の役員が意見交換を行いました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

少年団にも長きにわたり暖かいご支援をいただいています。

来年度も子ども達にために各ブロックの事業で有効に使わせていただきます。

心から感謝申し上げます。


このページのトップへ

11月25日(土)、第31回東松山市スポーツ少年団駅伝競走大会が東松山市陸上競技場において開催されました。

私は大会会長としてご挨拶。

 

男子29チーム、女子19チーム357名の選手が参加。

選手宣誓はぺレーニアFC山本楓選手、野本ミニバス小川ありさ選手が元気よく宣誓。

晴天で暖かく。

男子優勝は東松山陸上スポ少A、準優勝は東松山陸上スポ少B、3位は唐子サッカースポーツ少年団。

女子優勝は東松山陸上スポ少A、準優勝は野本ミニバスA、3位は東松山陸上スポ少B。

子ども達は冬でも元気。小学校低学年の児童が一所懸命に走っている姿がとてもかわいらしく。

各チームの選手の皆さんよく頑張りました!

役員の皆さん、早朝から子どもたちのためにありがとうございました!

(以下、40秒のビデオメッセージ)


このページのトップへ

 

11月21日(火)、第41回全日本少年サッカー大会懇談会が公益財団法人日本サッカー協会において開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

サッカー協会・読売新聞社そして日本スポーツ少年団が主催の大会。

田嶋会長とスポーツ談議。

鹿児島での子供たちの活躍を祈念します!


このページのトップへ

11月20日(月)、今日は平成29年度第2回日本スポーツ少年団青少年スポーツ振興プロジェクトに続いて、第3回日本スポーツ少年団常任委員会が岸記念体育会館において開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

今日の会議は日本スポーツ少年団の英語表記の変更、今後開催される各ブロック会議の開催について、日本スポーツ少年団指導者制度の改定について等、話し合いが行われました。

特に「21世紀の国民スポーツ推進方策」が検討されている中、私たちスポーツ少年団の認定員制度と日体協の指導者制度の在り方についていろいろとご意見をいただきました。

これからも各ブロック会議で指導者の方々のご意見を参考にさせていただき、よりよい制度となるように努めてまいります。

(以下、40秒間のビデオメッセージ)

 

 


このページのトップへ

 

11月15日(水)、第31回東松山市スポーツ少年団駅伝競走大会代表者会議を開催させていただきました。

私はスポーツ少年団本部長としてご挨拶。役員の皆様には夜分ご多用の中、お集まりいただきありがとうございました。

大会は11月25日土曜日に陸上競技場において開催されます。

男子29、女子19チームが参加。役員の皆さん、子どもたちのためによろしくお願いいたします!


このページのトップへ

11月9日(木)、日独スポーツ少年団指導者交流で、ドイツスポーツユーゲントからお見えになっていた10名の指導者の方々と懇談。

コンラート・クリスチャン団長は空手の先生。今回は3泊4日のホームステイを含めて10日間ほどの来日。

40年も続いている子どもたちの同時交流を支えていただだいてている。

小さな草の根交流です!


このページのトップへ

11月8日(水)、岸記念体育会館において平成29年度第4回(公財)日本体育協会理事会が開かれました。

私は日本スポーツ少年団本部長として、夏の行事の報告を申し上げました。

ドイツスポーツユーゲントとの同時交流、全国スポーツ少年大会、日中青少年スポーツ団員交流、全国軟式野球大会やホッケー大会など、おかげさまで無事終了!

関係者の方々に感謝申し上げます!


このページのトップへ

10月2日(火)、ドイツスポーツユーゲントのヤン本部長一行が県立武道場の視察にお見えになりました。

来る東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて、ドイツから100名ほどのスポーツ少年団の方々が宿泊地として、お見えになります。

日本のスポーツ少年団の子ども達との交流をはじめ、大会競技も視察される予定です。

40年も続いた日本との同時交流。

実りあるものにしていきたいと考えています。

 


このページのトップへ

9月15日(金)、今日は一日国会事務所。

党総務部の決済や来客が続く。

国会事務所は各新聞テレビの報道関係者も多くお見えになります。

秋の臨時国会の焦点や政局の動きなど教えていただくことも多く。

私の衆議院所属委員会も文部科学常任委員会と科学技術イノベーション推進特別委員会。

国会開会も28日が予定、しっかりと臨んでまいりたいと考えます!

 

 

 

 

 


このページのトップへ