* RSS FEED

10月31日(木)、東松山市スポーツ少年団常任委員会。

私は本部長として出席。

今日の議題は11月23日に予定している「第33回スポーツ少年団駅伝競走大会」について。

皆様にご意見をいただき、今年の大会は中止とさせていただきました。

被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

スポーツ協会、レクリエーション協会、スポーツ少年団の皆様にも、復旧に向けたボランティア活動及び支援金の呼びかけをさせていただいております。

お力添えをよろしくお願いいたします!


このページのトップへ

9月30日(月)、松山市民活動センターにおいて東松山市スポーツ少年団常任委員会が開かれました。

今日は、11月23日(土)に開催される第33回東松山市スポーツ少年団駅伝競走大会開催要項について協議。

本年は大会の予備日は設けないこととしました。

また、11月2日~4日に開催される日本スリーデーマーチ協力のお願いさせていただきました。

令和元年度埼玉県スポーツリーダー養成講習会兼スポーツ少年団認定員養成講習会は、令和2年1月25日(土)・26日(日)に松山市民活動センターにおいて行われます。


このページのトップへ

 

6月21日(金)、日本スポーツ協会定時評議員会が品川プリンスホテルにおいて開催され、理事として出席。

終了後、伊藤会長から感謝状をいただきました。

かって私は埼玉県体育協会会長に就任した時に全国都道府県体育協会連合会会長に就任。

そのご縁あって14年間にわたり日本スポーツ協会の理事に就任させていただきました。

その間、日本マスターズ委員長、日本スポーツ少年団本部長として活動させていただきました。

今日は無事退任させていただきホッと一安心。

日本スポーツ少年団創立50周年記念式典・祝賀会、ドイツスポーツユーゲントとの調印式や日本体育協会創立100周年記念式典・祝賀会、また全国スポーツ少年団の種目別の大会やスポーツ少年大会など数々のイベントでご挨拶をさせていただき、ブロック会議等ではそれぞれの地元の指導者の方々と有意義な意見交換や楽しい情報交換をさせていただいたのが昨日のように思い出されます。

多くの方々にご指導ご鞭撻、お力添えをいただき誠にありがとうございました!

心から感謝申し上げます!

今後も地元活動を通して将来を担う子どもたちのために、多くの仲間と共に活動してまいります!


このページのトップへ

6月16日(日)、東京ガーデンテラス紀尾井町紀尾井カンファレンスにおいて第2回ジュニアスポーツフォーラムが開催されました。

主催者は公益財団法人日本スポーツ協会日本スポーツ少年団、公益財団法人日本スポーツ安全協会、日本スポーツ法学会。

私は日本スポーツ少年団本部長として主催者を代表して挨拶を申し上げました。

このフォーラムは、ジュニアスポーツに関わる全国の指導者、スポーツ少年団リーダー、法律実務家、研究者が一堂に会し、指導者及びリーダーの資質向上を図るとともに、スポーツ活動に欠かすことのできない安全・安心な環境整備に資することを目的としています。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、すでにスポーツ界では様々な取り組みが進んでおりますが、子ども達のスポーツ環境を整備していくことはこれまで以上に重要となっています。

また昨今、学校運動部活動への対応をめぐり、教員の長時間労働等が社会問題となっており、文部科学省(スポーツ庁)においても、その対応策について部活動の地域への移行が検討されるなど、スポーツ少年団の役割はますます大きくなっています。

一方で、指導者の暴力暴言、ハラスメント等の反倫理的行為は後を絶たず、スポーツ少年団も例外ではありません。

そのような社会情勢を踏まえ、分科会では、地域におけるスポーツ少年団の役割や地域スポーツに関わる皆様にとって、日頃の活動において一助となるテーマを設定いたしましたが、皆様が活発な意見交換を行っていただき実りある研修会となりました。

今後も、本フォーラムの参加を通して得た成果を活動にお役立ていただきたくとともに、ひき続き「子どものスポーツ権の保証」に向けてご尽力賜りますようお願い申し上げます。

全国各地より遠路、ご多用の中、多くの指導者の方々にご参加をいただいたことに改めて感謝申し上げます!

 


このページのトップへ

6月5日(水)、ジャパン スポーツ オリンピック スクエアにおいて日本スポーツ協会総合企画委員会。

その後理事会。

ミズノスポーツ振興財団から協会への助成金。

ミズノ社長のご挨拶。

過去45年間において約12億円のご寄付をいただく。

長年にわたり、スポーツ少年団をはじめ各事業に有効に活用されています。

総合企画委員会では、「加盟団体の規定の変更について」は『スポーツ宣言日本』を踏まえた、文化としてのスポーツの在り方を考えると、全国市区町村の体育・スポーツ協会においても、レクリエーション協会との壁がなくなっている現在、地域スポーツの振興発展のためにも統合を考えるべきではないか。将来の地域体育・スポーツ協会の進むべき道筋を示していただきたいとの意見を申し上げました。

また、「中央競技団体向けスポーツ団体ガバナンスコード(案)」につて、素晴らしい出来栄えだが今後はNFばかりでなく、都道府県体育・スポーツ協会の所属連盟・協会にまで広げていただきたいとの要望を申し上げました。

地域スポーツの発展があってこそ、日本のスポーツの発展があります。

富士山のように裾野が広ければ広いほど、そのいただきは高くなります。

創立100年を経過し、日本スポーツ協会の果たすべき役割は大きいものがあると考えています。

 

 

 


このページのトップへ

5月31日(金)~6月1日(土)、ジャパン・オリンピック・スクエアにおいて日本スポーツ少年団常任委員会、翌日には委員総会が開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

眼下には国立競技場の建設が進んでいました。

委員総会では平成30年度日本スポーツ少年団活動報告及び決算について、令和2年度日本スポーツ少年団活動計画及び要望予算の編成について他、5議案が審議。そして6報告。

私も5期10年間務めさせていただいた日本スポーツ少年団本部長として最後の委員総会。

6月21日に開催される日本スポーツ協会定時評議委員会をもって退任させていただくことになりました。

無事、退任を迎えることができるよう最後の務めを全うさせていただきたいと考えています。

 

 

 

 


このページのトップへ

5月16日(木)、ドイツスポーツユーゲントからヤン本部長一行がお見えになりました。

岸記念体育会館にて、来年のオリンピックユースキャンプの調印式。

 

岸記念体育会館前も見納め。

 

今日から新会館への引っ越し作業が始まります!


このページのトップへ

4月29日(月)、東松山市スポーツ少年団交流大会。

私は東松山市スポーツ少年団本部長として激励のご挨拶。

松山東野球スポーツ少年団小川剣士郎主将の宣誓。

「記憶と記録に残る試合を!」との宣誓は名言!

楽しく思い出に残る大会となりますように応援しています!

 


このページのトップへ

4月28日(日)、第38回埼玉県スポーツ少年団夏季軟式野球古流大会西部ブロック予選会が開催され、私は地元スポーツ少年団本部長としてご挨拶。

団員綱領は高坂イーグルスの星野舜選手・但野瑛人選手、松山西ジャイアンツ河島玲凰選手、松山東野球スポーツ少年団佐藤正宗選手、そして選手宣誓は双柳レッドソックス間野結斗選手。

元気で大きな声が青空に響き渡りました。

 

全国大会への道を挑戦してください。

そして思い出に残る楽しい大会になりますように!

夜はコットンカフェ・ジャズセッションに出演。

音楽は楽しいですね!


このページのトップへ

4月24日(水)、公益財団法人日本スポーツ協会平成31年度第1回理事会が開催されました。

歴史ある岸記念体育会館において理事会が開催されるのは今日が最後。

5月16日にはJAPAN SUPORT OLYMPIC SQUAREの竣工式が挙行されます。

間もなく新会館において新しいスタートを迎えます。

 


このページのトップへ

4月22日(月)、今日は朝から地方統一選挙に当選された方々にご挨拶にお伺いしました。

10区小選挙区では鶴ヶ島市・東松山市・川島町・吉見町・滑川町・鳩山町で改選が行われました。

そして、夜には私が本部長を務める東松山市スポーツ少年団常任委員会が開かれ出席。

新年度から東松山市体育協会が東松山スポーツ協会に名称変更されて初めての常任委員会です。

スポーツ協会の発展のために、共に尽力してまいります!

 


このページのトップへ

4月18日(木)、2019年度第1回日本スポーツ少年団常任委員会が岸記念体育会館において開かれました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

2020年度日本スポーツ少年団活動計画及び要望予算の編成について等5議案の審議。

地元に帰り立会演説会において応援弁士。

選挙戦も終盤に入ります。

 


このページのトップへ

3月28日(木)、「第16回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会」開会式がべっぷアリーナで開催されました。

大会開催にあたり指導者会議でご挨拶。

スポーツ庁をはじめ、日本バレーボール協会、日本小学生バレーボール連盟、大分県教育委員会、地元体育協会、地元スポーツ少年団、協賛企業など、多くの方々にお力添えをいただいたことに厚く感謝申し上げます。

私は主催者としてご挨拶。

団員代表宣誓は大分県藤原フェアリーズスポーツ少年団の中村彩樹キャプテン。

宣誓の中で、試合に勝ち進み全国大会に出場できた喜びと、自分たちと同じように練習を積み重ねながらも負けてしまった相手チームがいること、スポーツから相手を想う気持ちを教えていただいたとの、素晴らしい宣誓を聞くことができました。

 

 

今日は日帰りでの大会参加となってしまいましたが、選手の皆さんにはこの4日間にたくさんの思い出をつくって、楽しく試合をしてください。スポーツ少年団はいつも皆さんを応援しています!


このページのトップへ


3月3日(日)、東松山市野球スポーツ少年団春季大会兼東松山・吉見・川島県北読売予選会。

私は東松山市スポーツ少年団本部長として激励のご挨拶。

子どもたちが元気よく出場。

県内勝ち残れば札幌ドームか東京ドーム。

頑張って!


そして東松山ボウリング連盟会長杯が北本IBボウルにおいて開催。

私は会長として参加。

今日は3ゲーム目にストライク7つ取って205!

結果8位でしたが満足です!


このページのトップへ

3月2日(土)、日本スポーツ少年団委員総会が渋谷において開催され、私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

全国都道府県本部長・評議員が出席し2019年度日本スポーツ少年団活動計画及び予算について等審議。

遠路ご多用の中、出席をいただきありがとうございました!


このページのトップへ

3月1日(金)、今日は一日岸記念体育会館。

日本スポーツ少年団スポーツ振興プロジェクト会議では日本スポーツ少年団の骨子となる事柄についての協議。

そして午後からは日本スポーツ少年団常任委員会。

主な議案は日本スポーツ少年団の名称変更について、今後のスポーツ指導者について等。

名称変更については様々なご意見もあり、変更ありきではなく、今後も議論を重ねてまいりたいと考えています。

 


このページのトップへ

2月5日(火)~6日(水)、日本スポーツ少年団中国・四国ブロック会議が山口市で開催され、私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

各県スポーツ少年団・指導者協議会役員が出席。

2日間にわたりスポーツ少年団の名称変更や指導者制度等について議論。

地域で活動している指導者の皆さんから様々なご意見をいただきました。

野村雅史山口県スポーツ少年団本部長をはじめ地元の皆様のお力添えに感謝申し上げます。

ご多用の中ご出席ありがとうございました!

 


このページのトップへ

1月31日(木)~2月1日(金)、スポーツ少年団北海道・東北ブロック会議。

私は日本スポーツ少年団本部長としてご挨拶。

各道府県からスポーツ少年団指導者協議会役員の方々が出席。

スポ少の名称変更や指導者制度の変更について等、様々なご意見をいただきました。

白根啓介岩手県スポーツ少年団本部長をはじめ、地元開催地の皆様には大変にお世話になりました。

心から感謝申し上げます。

 

 

 


このページのトップへ

1月27日(日)、川島町スポーツ少年団創立50周年記念式典が川島町民会館において開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として祝辞を申し上げました。

記念講演は日本スポーツ少年団副本部長として大変にお世話になった、宇津木妙子先生。

宇津木先生は地元川島町出身。

『夢の実現~努力は裏切らない』と題して講演をいただきました。

出席された子ども達から指導者まで楽しく意義あるお話をいただきました。

本澤貞夫本部長、矢部勝宏実行委員長をはじめ、関係の方々のご尽力に深く敬意を表します。

今後も子ども達のために川島町スポーツ少年団が発展されますようご祈念申し上げます!


このページのトップへ

1月26日(土)、東松山市体育協会主催「スポーツリーダー兼スポーツ少年団認定員養成講習会」。

地元をはじめ県内から多くの指導者が出席。

子供たちのためにありがとうございます!


午後からは山あいの地域で街頭演説。

空気がうまい!


このページのトップへ

12月3日(月)、品川においてドイツスポーツユーゲント本部長ヤン・ホルツェ氏、ドイツオリンピックアカデミー専務理事トビアス・コッホ氏を囲んで歓迎会。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

今日は岡山から井上副本部長も同席をしていただきました。

2020オリンピック・パラリンピックにドイツから少年団がお見えになります。

明日からの会議が実り多きものとなりますように!


このページのトップへ

11月24日(土)、第32回東松山市スポーツ少年団駅伝競走大会が東松山陸上競技場において開催されました。

私は大会会長として出席。

青空のもと元気にスポーツ少年団の子ども達が参加。

準備のためにお力添えをいただいた、各団役員の皆様に心から感謝申し上げます。

平成30年度埼玉県スポーツ少年団西部ブロック本部長会議が東松山市総合会館において開かれ、22市町村のスポーツ少年団関係者が出席しました。

私は主管スポーツ少年団本部長として議長役。

この後、懇親会では活発な情報交換が行われました。

週末は支援者絵のご挨拶まわり。

講演会報をお届けさせていただいています。


このページのトップへ

11月21日(水)、日本スポーツ協会において日本スポーツ少年団常任委員会が開かれ、私は本部長として出席。

今日の主な議題は来年度のブロック会議開催と今後のスポーツ少年団指導者について。

夕刻からはお茶の水にある、日本サッカー協会において「第42回全日本Uー12サッカー選手権大会」関係者懇親会に出席。

私は乾杯の発声を。

本大会は、公益財団法人日本サッカー協会・公益財団法人日本スポーツ協会日本スポーツ少年団・読売新聞社が主催。

大会旗は読売新聞社の提供により新しくなりました。

12月25日より、鹿児島市において大会が開催。

ご協賛をいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

選手の皆さん、日本一を目指して頑張ってください!

応援しています!


このページのトップへ

11月14日(水)、「第32回東松山市スポーツ少年団駅伝競走大会」代表者会議。

スポーツ少年団本部長としてお願いのご挨拶。

11月24日(土)、東松山市陸上競技場及び岩鼻運動公園において開催されます。

この日の朝は例年とても寒い。

そう思うと今年は今のところ厳しい寒さを感じませんが、これからどんどん寒くなっていくのでしょう。

各団の役員の皆さん、今年も元気に参加される子どもたちのためによろしくお願いいたします!


このページのトップへ

11月10日(土)、第30回東松山市少年野球連盟会長杯争奪戦。

私は東松山市スポーツ少年団本部長として激励のご挨拶。

高坂イーグルス齋藤広夢主将の選手宣誓は元気いっぱいで開会式もおおいに盛り上がりました。

そして今日は一日後援会の方々にご挨拶へ。

 

 


このページのトップへ

 

11月3日(土)、2018年日独スポーツ少年団指導者セミナードイツスポーツユーゲント訪日派遣団がお見えになり、渋谷で歓迎夕食会を行いました。

私は日本スポーツ少年団本部長として歓迎のご挨拶。

今年は東北地方の秋田県・山形県を中心に視察を行っていただく予定。

今日は到着早々、オリンピックスタジアムの視察。

ハイツマン・マティアス団長をはじめ7名の視察団。

13日間の実りある視察・研修となりますようお祈り申し上げます。

 

 


このページのトップへ

8月8日(水)、ドイツスポーツユーゲント122名の団員が21日間の日本滞在を終えて、品川プリンスホテルでサヨナラパーティー。

私は日本スポーツ少年団本部長として主催者のご挨拶。

各チームの皆さんが歌やダンスを披露。

素晴らしい思い出を残してドイツに帰国。

ホストファミリーをはじめ各地のスポーツ少年団役員の皆さん、ドイツの子どもたちのためにありがとうございました!


このページのトップへ

8月6日(月)、第40回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会が富山県小矢部市において4日間にわたり開催されました。

私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

 

男子優勝は鳥取ジュニアホッケークラブスポーツ少年団。

女子優勝は糸生・常盤ホッケースポーツ少年団。

全国制覇おめでとうございます!

さすがに各地を代表するチームの熱戦は素晴らしかった!

猛暑の中元気よく出場されたすべての選手の皆さんの健闘を称えます。

そして地元の皆様をはじめ、ご支援をいただいた方々に感謝申し上げます!

今日は地元の七夕祭り。

内山明夫観光協会長と。


このページのトップへ

8月2日(木)、茨城県鹿嶋市勤労文化センターにおいて第56回全国スポーツ少年大会が開かれ、私は日本スポーツ少年団本部長として歓迎のご挨拶を申し上げました。

この大会は全国から幅広い年代の団員たちが一堂に集まり、様々な活動を通して、仲間たちとの交流の輪を広げ、地域における活発化を図ってほしいとの願いから、1963年に静岡県の国立青少年の家で第一回大会を開催しました。

以来、スポーツを愛する多くの関係の方々に支えられ、長い歴史と伝統を誇る大会となりました。

参加者代表誓いの言葉は茨城県スポーツ少年団東金沢バトミントンスポーツ少年団野崎華暖さんが立派に宣誓。

 

本大会は「みんなの笑顔と笑顔が出会うとき in 茨城」のテーマのもと4日間にわたり「文化体験」や「キャンプファイヤー」「スポーツ交流」などを通した交流活動を始めとする多彩なプログラムが用意されています。

参加された全国の団員の皆さんが、思い出に残る夏休みの楽しい一ページとなりますように願っています。

 


このページのトップへ

7月30日(月)、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて第45回スポーツ少年団同時交流日本団結団式が行われ、私は日本スポーツ少年団本部長としてご挨拶。

井上征三団長はじめ90名の団員の皆さんが21日間にわたりホームステイを中心にドイツで研修。

たくさんの素晴らしい思い出を持ち帰ってください。

体調に気をつけて!


このページのトップへ