9月25日千葉マリンスタジアムにおいて天皇・皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、『今 房総の風となり この一瞬に輝きを』のスローガンのもと、第65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」総合開会式が盛大に開催されました。私は大会顧問として参加をしました。
 私は8年間埼玉県選手団と共に入場行進をしましたが、今回初めて国体役員席でオープニングプログラムを観ることができました。
2時1分の開式に先立ち、10時40分から公募によって選ばれた子供たちの演武やダンス、また県内で活動している団体の「パフォーマンス」や県内各地で行われたイメージソングダンスコンテストを勝ち抜いた650人とドリームズ・カム・トゥルーのバックダンサーとのコラボレーションなど、素晴らしいプログラムが展開され、開会式は大いに盛り上がりました。
 また式典においては、1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン代表で千葉県いすみ市出身の増田明美さんをはじめとする6人のアスリートによる炬火点火、バスケットボール成年男子黒田裕選手とボウリング少年女子向谷美咲選手の選手宣誓が行われました。
この会場には日本を代表するアスリートが一堂に会しています。日本のスポーツレベルを上げるには国体やインターハイの充実が必要不可欠です。地域スポーツ少年団やスポーツクラブで活躍する未来のトップアスリートを育てるためには、国や地方自治体の支援をはじめ地域力が必要です。富士山のように頂きが高ければ高いほど裾野の広がりは大きくなければならないのです。
「夢半島」から将来の日本を担う出場選手の活躍を期待しています。


このページのトップへ


 9月18日(土)、都内岸記念体育会館において2010年日本スポーツ少年団日中指導者交流事前研修会が行われました。この日は来月中旬実施予定の交流事業に参加される指導者が各地から集合し、事前研修を行いました。
 この事業は1986年に日中両国で確認した「日中青少年スポーツ交流事業計画」に基づくもので、中華全国体育総会との指導者交流を進め、中国の青少年育成の実情および青少年スポーツ振興策を研修し、1996年より開始された「団員交流」の充実・発展を期するために実施されます。
 研修方法は中華全国体育総会中央機関および地域組織において講義を受け、研究協議を行います。またスポーツ組織・施設を視察し、スポーツ活動の現状等を研修します。研修主題には地域を基盤としたスポーツの組織とその運営や、指導活動の方法とその組織について、さらには青少年スポーツのプログラム等盛りだくさんです。
 初めて研修する中国のスポーツ行政。小学校の教育現場やスポーツエリート教育をどのように行っているのか。地域や国家の取り組みなど、日本スポーツ少年団を代表し意義ある研修となるように期待しています。


このページのトップへ


 9月17日(金)、市内料亭坂本屋において社団法人比企青年会議所有志の集いが開催されました。この会は私の市長職退任にあたり青年会議所(J・C)の現役・ОB関係者に企画していただいたもので約80名の方々がお見えになりました。
 私は26歳の時に当時の社団法人東松山青年会議所に入会しました。青年会議所は20歳から40歳までの青年が組織する団体で、それぞれに仕事を持ちながら自己研鑽に努め、明るい豊かな社会をつくるために活動をしています。現在全国には708の青年会議所があります。
 この比企青年会議所は、今年創立30周年の節目の年を迎えます。私は第10代の理事長を務めましたが、先輩や後輩の皆さんと今でも親しいお付き合いをさせていただいています。まさに多くの仲間に支えられ、今日の私があります。あらためて仲間との集いに…感謝・感謝!


このページのトップへ


 9月15日(水)、さいたま市与野コミュニティセンターにおいて埼玉県スキー連盟理事会が開催されました。理事会は県内の市町村連盟や競技団体からなる代表者が出席し幹事を含めて81名になります。
この日は10月6日に開催される評議員会に向けて決算や予算案等の審議が行われました。また、本年度県スキー連盟の発展に貢献された方々の推薦が決定されました。表彰伝達は評議員会の会場で行われます。
受賞者は以下の方々です。(敬称略)
≪平成22年度功労賞受賞者≫
上条弘二     鷲宮町スキー連盟副会長
牧一夫      桶川市スキー連盟副会長
畑野富男     川越市スキー連盟元理事長
山崎紳二     和光市スキー連盟理事
≪平成22年度スキー優秀選手賞受賞者≫
梅原玲奈     第1回SX松之山温泉カップ優勝
松本綾子     第30回全日本フリースタイルスキー選手権大会女子モーグル6位
金寄愛弓     第7回SAJスノーボード全日本技術選手権大会
女子フリースタイル3位
         以上


このページのトップへ


 9月14日(火)、市内マリエールにおいて私の親戚の方々による懇談会が開催されました。私の家業である料亭坂本屋は初代浅五郎・平吉・常安・守平・祐之輔・大之輔と代々店を引き継いでまいりました。創業時は熊谷や川越等に行く馬車亭があり、街道筋の割烹料理店として、また結婚披露宴会場として営業を続けさせていただきました。現在の街並みの様子は当時と大きく変わりましたが、近くの本町通りには城下町の面影を残している建物もあります。坂本屋も長い歴史の中でのれんを守ってまいりました。
 また私の曽祖父は松山町の町議会議員、父は東松山市の市議会議員としてまちづくりの夢を抱いていました。私が最も尊敬する人は、松山高等学校在学中に43歳で他界した父であり、その父の背中を見て政治家を志しました。
 この日も100名を超える親戚の方々にご出席いただき、終始楽しいひとときを過ごしていただきました。先月、市内紫雲閣で行われた市長職退任日の『感謝の集い』においても約500名の後援会役員の皆様にお集まりをいただきご激励を賜りました。
今の私があるのも多くの方々に支えられ、ご支援をいただいたたまものです。これからも少しでもご恩返しするべく精進を重ね、故郷そして日本の発展のためにしっかりと活動してまいりたいと考えております。


このページのトップへ

 9月13日(月)、群馬県高崎市ホテルメトロポリタンにおいて全日本スキー連盟北関東ブロック会議が開催されました。
 この会は群馬県スキー連盟会長の青木巌全日本スキー連盟副会長が代表となり定期的に開催される会議です。全国には7つのブロックがありますが、北関東ブロックのメンバーには群馬県、茨城県、栃木県、埼玉県の4県のスキー連盟からそれぞれ役員が出席します。
 本年も間もなく新たなシーズンを迎えますが、それぞれの県も秋に行われる総会に向けて事業や決算を取りまとめ、新年度の事業や予算案を策定しているところです。本日は新年度に向けての新たな取り組みや事業等の情報交換が行われました。


このページのトップへ

 9月10日(金)、市内料亭坂本屋において松山地区自治会長・行政パートナー有志の皆様による送別会を開催していただきました。会場には40名を超える多くの皆様の出席をいただきました。この会は箭弓町自治会長の嶋本正雄東松山市自治会連合会会長の呼びかけのもと、幹事を小高隆太郎材木町一丁目自治会長と江野邦夫神明町自治会長に務めていただき開催の運びとなりました。
 懇談会の中で、皆様に在任中の市政推進に対するお礼を申し上げさせていただきました。松山地区には30名の自治会長が就任されていますが、兼務を含めて55名の行政パートナーに活動していただいおります。自治会長・行政パートナーの皆様には日頃から地域や町内会をはじめとする様々な要望を市に届けるとともに、行政側から市民の方々への伝達事項やお願いなど様々なご支援をいただいております。
 それぞれの町内会の発展なくして市政の発展はなく、常に自治会長・行政パートナーの皆様に支えられながら多くの政策や事業が推進され、今日を迎えることができました。
 今『地域学』という言葉を聞きますが、地域に溶け込んだコミュニティ活動を通しての新たなる地域づくりの機運が高まっています。皆様にはこれからもその先頭に立って、健康に留意されながら、町内会をはじめ市政の発展のためにゆるぎのない活動を続けていただきたいと願っています。


このページのトップへ


 9月8日(水)、都内岸記念体育会館において、平成22年度第5回財団法人日本体育協会理事会が開催されました。議案は理事の退任に伴う後任理事の選任についてのみで、報告事項が主なものでした。またスポーツ立国戦略についての説明がありました。
 主な報告事項は国民体育大会、日本スポーツマスターズ、生涯スポーツ推進事業、スポーツ指導者育成事業、国際交流事業等で、私からは日本スポーツ少年団の夏季事業の終了について報告をいたしました。
 この夏日本スポーツ少年団では、37回目を迎えた日独同時交流事業や24年目を迎えた日中交流事業も無事終了し、国内事業では全国スポーツ少年大会やサッカー、軟式野球、ホッケーの全国競技別交流大会を実施しました。参加した子供たちはこの夏の厳しい暑さにも影響されず、交流プログラムや試合を通して全国の仲間たちと友情の輪を広げることができ、夏休みの素晴らしい思い出になったことと思います。
 またシニアリーダースクールや、ポカリスエット・ジュニアスポーツセミナーも多くの子どもたちや指導者の参加をいただき盛大に終了しました。


このページのトップへ

 9月8日(水)、都内永田町南甫園において特定非営利法人全国市町村保健活動協議会事務局会議を開催しました。この会は私が会長を務めている会で、全国市町村17000人の保健師の活動を支援することを目的に、年5回の全保協ニュースの発刊をはじめ、調査研究事業や専門研修、地方研修を行なっています。事務所は千代田区平河町にあります。
この日は財政事情が今後さらに厳しくなる中、いかにして国の動向を全国の保健師に伝達し、それぞれの地域の実情や直面している問題点などを解決していくかなど、これからの活動について協議を行いました。
今後も、全保協の活動のさらなる明確化を図り、事業内容の整理を進めながら経費の見直しをしっかりと行い、全国のより多くの保健師のよりどころとなるような協議会運営を目指すことを確認しました。


このページのトップへ

 9月7日(火)、東松山市高坂カントリークラブにおいて、307人の市民参加のもと第28回高坂地区親睦ゴルフ大会が盛大に開催されました。
 この日は残暑厳しく大変に暑い日となりましたが、リタイヤをされた方が一人もなく、表彰式は大いに盛り上がりました。賞品には秋の味覚「さんま」のケースが15箱も用意され「飛び賞」で当たった参加者の皆さんから歓声が起きていました。すべての方々に楽しい賞品が用意され、賑やかに懇親会が進みました。
健康で元気な生活を送るには何と言ってもスポーツが最適です。市民の皆様がこれからも「一市民一スポーツ」・「週に一回のスポーツ」を是非推進していただきたいと願っています。関良雄会長並びに宮本清運営委員長をはじめ役員の皆様のご尽力に深く敬意を表する次第であります。
 主な大会入賞者は次のとおりです。(敬称略)
優勝    山田稔
準優勝   阿部袈裟信
3位    渡辺雅史
4位    亀山幸男
5位    竹内近夫
6位    荻野正
7位    武井保昌
8位    高橋孝吉
9位    池松康夫
10位   野本英二
ベスグロ  冬木清 伊藤文雄 久保啓司 飯村弘     以上  


このページのトップへ

 9月6日(月)、さいたま市与野コミュニティーセンターにおいて平成22年度埼玉県スキー連盟常任理事会が開催されました。私は埼玉県スキー連盟会長として出席しました。
 この会議では平成22年度埼玉県スキー連盟収支決算をはじめ4会場スキー大会・強化対策事業・フリースタイル・教育本部等の収支決算、並びに予算案が協議されました。また22年度スキー功労賞・スキー優秀選手賞の推薦がありました。
 埼玉県スキー連盟の新年度は10月スタートです。特に今年は役員改選の年となるため、シーズン明けの4月から会議を何回となく重ねてきております。
 県内各連盟のゆるぎない活動に支えられ県連も着実に発展してきましたが、これからも生涯スポーツとしての振興と青少年の育成、そして競技力の向上を目指し努力を重ねてまいりたいと思います


このページのトップへ

 9月2日(木)、東松山市民文化センターにおいて平成21年度東松山市スキー連盟理事会が開催されました。私は東松山市スキー連盟の会長として出席しました。
この会議では平成21年度の事業報告並びに会計報告が協議されました。また本年(市スキー連盟の新年度は10月スタート)は役員改選の年にあたりますが、現体制での継続が承認されました。
主な役員は次のとおりです。(敬称略)
会長   坂本祐之輔      市スキークラブ
副会長  菊池英治       同
理事長  間山登喜雄      同
監事   加島照光       市役所スキークラブ
同    島村展広       市スキークラブ       以上


このページのトップへ


 9月1日(水)、都内グランドプリンス赤坂新館において、日本馬主協会連合会助成金贈呈式が行われ、松本好雄日本馬主協会連合会会長から森喜朗日本体育協会会長に対して、平成22年度の助成金が贈呈されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席しました。
 この貴重な助成金は、日本体育協会が推進する国民体育大会事業やスポーツ少年団育成事業、スポーツ情報提供事業に活用されます。また助成金贈呈式に引き続き、日本馬主協会連合会役員と日本体育協会役員との懇談会を開催し、日本体育協会諸事業の紹介と前年度助成金の実績報告を行い、森喜朗会長より松本好雄連合会会長をはじめとする役員の方々に対して、今後のさらなるご支援をお願いしました。
 なお、日本馬主協会は、スポーツ振興の他、国内の被災(事故)見舞い、馬事振興などに助成金を行っています。


このページのトップへ