5月28日(月)、鶴ヶ島駅において街頭演説を行いました。今朝も多くの人から声をかけていただきました。しかし今朝は暑かった!寒かった頃はカイロをたくさん貼って街頭演説していたのに。9時過ぎまでマイクを持ちお腹ペコペコ、駅前の牛丼店で朝食。美味しかった!


このページのトップへ


 5月27日(日)、市内松山市民活動センターにおいて平成24年度東松山市ボウリング連盟通常総会が開かれました。私は会長として出席しました。
 当ボウリング連盟はジュニアボウリング教室やボウリング選手権大会・ボウリング連盟会長杯(年2回)を中心に活動しています。また、JBCの活動では、国体予選・埼玉選手権・全日本新人選手権・年齢別選手権大会等各大会に出場しています。
平成24・25年度役員(敬称略)
会長    坂本祐之輔
副会長   大谷利男    佐藤静雄
理事長   木阪尚
副理事長  梅沢夏実    高橋淳子
監事    中村富士夫   齋藤俊直
幹事    関根紀光    小林真樹   榎本孝子
  杉浦美雪    新井臣一           以上


このページのトップへ


 週末は天気も良く、バイクでまちかど街頭演説。


このページのトップへ


 5月26日(土)、都内麹町スクワール麹町において平成24年度(財)全日本スキー連盟日本スキー指導者協会理事会が開催されました。私は会長として出席しました。
 理事会では、当会増田千春特別理事からSAJの「資格登録手続きミスによるスキー指導者の再登録について」の説明があり、○資格登録漏れ該当条件○実施期間○再登録申請○費用等の説明がありました。
 これはSAJ斎藤二郎教育本部長から加盟団体に通知されたもので、資格登録漏れ該当条件は次の4項目すべてに該当する方の再登録を認めるものです。 1.当該年度SAJ登録を完了しているもの 2.資格を取得した証明ができる者 3.資格未登録期間が証明できる者 4.過去3ヶ年以内に研修会終了履歴がある者。また平成23年度12月20日~平成25年6月10日にスキー指導者研修会に参加することとなっています。
 また、当会顧問の菅原哲朗弁護士から世界スポーツおいて最も問題となっているアンチドーピングについてのお話をいただきました。


このページのトップへ


 市内料亭坂本屋において平成24年度東松山市歴代正副議長監査委員会総会が開かれました。私は相談役として出席しました。
 本会は東松山市議会議員就任時、議長・副議長・監査委員を歴任した方々の集まりで、議員同窓会的な雰囲気の中で市政進展のための意見交換や懇親を深める会です。
 私の市議会議員時代の先輩や仲間・また市長就任時お世話になった方々と久しぶりにお会いし楽しいひとときを過ごさせていただきました。


このページのトップへ

 
 5月25日(金)、小川町駅において街頭演説を行いました。小川町駅は改札口が一つなので、通勤・通学の皆さんがいっきに駅に集中する感じです。送りに来ていただいている車の集中度とあわただしさは他の駅に見ることはありません。それでもスピーディーに家族を送り速やかに帰る車を見ると、これもまた駅の顔を感じます。
 ご挨拶をいただいて、この方は小川町に住んでいらっしゃったのかとあらためて知って、その日その日に気づくことも多くあります。


このページのトップへ

 5月24日(木)、市内ディアナ・マリエールにおいて平成24年度東松山市スポーツ少年団定時委員会が開かれました。来賓には吉田英三郎東松山市議会議長・江野幸一埼玉県議会議員・中村幸一東松山市教育長がお見えになりました。私は本部長として出席し議長を務めました。
また東松山市スポーツ少年団功労者表彰が行われ、以下の方々が表彰されました。
清水年秋    市の川サッカー    渡部淳     東松山南サッカー
矢野温     東松山南サッカー   川上渉     高坂野球
宇津木博    高坂野球       高橋伸治    桜山野球
金子守男    唐子ジャイアンツ   村田光臣    副本部長
平成24・25年度役員(敬称略)
本部長    坂本祐之輔
副本部長   下境捷正    七五三和孝    吉田晴一
       大谷利男    新井臣一     真下章
監事     田中久隆    金子進           以上


このページのトップへ


 5月24日(木)、森林公園駅において街頭演説。北口には東京農業大学第三高等学校に通う学生たちが列をなしてスクールバスを待っています。高校生の中にはこちらを向いて耳を傾ける人もいて。日本の将来を担う大切な青年たちが、夢を持てる社会を創りたい!


このページのトップへ


 5月23日(水)、つきのわ駅・東松山駅において街頭演説を行いました。夕方からのひととき、帰路に就くサラリーマンや学生の方々に、「日本の制度やシステムや変える!中央集権体制から地方分権体制を整えるために、市長として培った全ての経験を生かしてまいります!」と訴えました。


このページのトップへ


 5月23日(水)、川越市役所内にある記者クラブにおいて次期衆議院選挙に向けての写真撮影がありました。選挙の前になると新聞各社が新聞に掲載するために行うものです。


このページのトップへ


 日高市長選挙が行われ谷ヶ崎照雄新市長が誕生しました。彼と私は県立松山高等学校時代の同級生。高校3年生時は応援団の団長を務めたほどの男らしい性格。
 総務部長・副市長を歴任し大澤前市長の志をついでの立候補でした。頑張ってほしいと思います。応援しています!


このページのトップへ


 5月21日(月)、坂戸駅での街頭演説を行いました。途中金環日食が始まり7時過ぎにはリング状になりました。といっても駅前広場には多くの人たちが特別なメガネで太陽を眺めていましたが、私は演説の最中で。
 日食前後の時間は何となくうす暗くなり涼しくなりました。その後日差しが戻り暑い日になりました。広範囲な3大都市圏で見ることができるのはなんと平安時代以来932年ぶりとか。


このページのトップへ


 5月20日(日)、市内紫雲閣において東松山市体育協会定時評議員会・表彰式が開催されました。来賓には森田光一東松山市長・吉田英三郎東松山市議会議長・江野幸一埼玉県議会議員・中村幸一東松山市教育長・市議会議員団の皆様がお見えになりました。私は会長として出席しました。
 評議員会後の表彰式においては、東松山市のスポーツ発展に貢献された方々・市内外で素晴らしい活躍をされたアスリートの方々161名に表彰状の伝達を行いました。特に柔道の嶺井美穂選手は全日本カデ柔道体重別選手権大会女子個人戦63㎏優勝を果たし、本年5月5日~6日にベルリンにおいて開催された世界大会で、全て一本勝ちによって優勝を果たしました。今後オリンピックの期待がかかる選手です。
 表彰式後には立食パーティーが開かれ、子どもたちが賑やかに楽しみました。私はその後、体育協会新旧役員歓送迎会に出席し、体育協会の一日が終了しました。


このページのトップへ


 5月19日(土)、新築オープンの市内唐子市民文化センターにおいて東松山市スキー連盟理事会が開かれました。私は会長として出席しました。
 本年は当スキー連盟が創設50周年を迎えます。この日は間山登喜雄理事長を実行委員長として実行委員会がスタートし、9月9日に50周年記念式典並びに祝賀会を開催することに決定しました。
連盟の主な役員(敬称略)
会長     坂本祐之輔
副会長    菊地英治
理事長    間山登喜雄
監事     島村展広    加島照光
事務局長   小高芳彦                   以上


このページのトップへ


 5月19日(土)、鳩山町での街頭演説。ここニュータウンは1974年から1997年にかけて、岩殿丘陵に日本新都市開発によって東京のベッドタウンとして開発された街でその人口は町の半分以上。緑に囲まれた街です。
 天気は夏日で大変暑くてネクタイに背広姿では汗だく!もう街頭演説もクールビズでないと…などと考えた一日でした。でも、演説終わって立っていた後ろの家から拍手があって、嬉しかったです。


このページのトップへ


 5月18日(金)、北坂戸駅において街頭演説。雨が上がった朝の天気も良く、すがすがしい気持ちでマイクを持ちました。
 今朝は東口に移りましたが、階段の近くなので通勤される方からご挨拶をいただいたり、坂戸高校の学生にガッツポーズをもらったり。駅・駅で顔が違うけれど、西口・東口でも利用される方々の雰囲気も違います。


このページのトップへ


 5月16日(水)、若葉駅において街頭演説。今日は風がときおり強く、話しながら風のために言葉につまることも…。
 「財政再建のためには増税が必要だ」ということは「増税すれば税収が上がる」ということを当然の前提にしています。民主党政権が提案した「社会保障と税の一体改革大綱」では、消費税を5%上げて13.5兆円の税収を確保することが前提となっています。しかし橋本政権で消費税を3%から5%に引き上げたのは、1997年4月。当時53.9兆円あった国税収入は、2010年には41.5兆円になっています。その内訳は消費税による税収は2%アップで6兆円から10兆円にふえたものの、景気の悪化によって所得税は19兆円から13兆円にダウンしています。法人税も13兆円から9兆円に大幅減収。一度たりとも増税時の税収を上回ることはありませんでした。
 「景気が悪い時に増税すれば、景気がさらに悪化し税収は落ちるのです。」デフレで景気の回復よりも財政赤字の解消を優先すれば、デフレを加速するだけであり、社会保障の財源調達にもマイナスになってしまします。


このページのトップへ


 5月15日(火)、新潟県南魚沼市浦佐ホテルオカベにおいて新潟県日墺協会創立並びに南魚沼市・セルデン町姉妹締結30周年記念レセプションが開催されました。来賓にはオーストリア共和国臨時大使トーマス ロイドル公使・泉田裕彦新潟県知事・エルンスト シェプフ セルデン町長・猪谷千春国際オリンピック委員会名誉会員をはじめ多くの方々がお見えになりました。私は全日本スキー連盟副会長として出席しました。
 レセプションに先立ち日本山岳会リゾート活性化国際フォーラムが開催されました。
 新潟県日墺協会は、1982年4月塩沢町石内丸山スキー場とオーストリア セルデン町とが姉妹締結をしたことを契機に設立されました。以来塩沢中学校生徒の派遣事業をはじめ、日本とオーストリアの草の根外交を続けてきました。
 私も猪谷千春先生や新潟県スキー連盟の方々に久しぶりにお会いし楽しいひとときを過ごさせていただきました。


このページのトップへ


 5月15日(火)、鶴ヶ島駅において朝の街頭演説。鶴ヶ島駅は川越市民の方々と鶴ヶ島市民の方々が利用されています。駅舎の住所は鶴ヶ島市で市の境界は駅舎の中にあります。西口ロータリーはほとんどが川越市で、トイレも川越市が建設したものなので、川越市のシルバー人材センターが清掃を行っています。東口もほとんどが川越市。
ロータリーの左右で市が違うのは若葉駅も同じです。駅舎は坂戸市にありますが西口ロータリーは鶴ヶ島市エリアが多い。近隣の方々が利用する駅、それぞれの顔があります。


このページのトップへ


 5月15日(月)、市内総合会館において平成24年度東松山市レクリエーション協会総会が開かれました。来賓には森田光一東松山市長・吉田英三郎東松山市議会議長がお見えになりました。私は会長として出席し議長を務めました。
 主な議案は○平成23年度東松山市レクリエーション協会事業報告・歳入歳出決算について○役員改選について○平成24年度東松山市レクリエーション協会事業計画(案)並びに歳入歳出予算(案)について。
総会終了後、市内割烹あずま家において懇親会を行いました。
 主な役員(敬称略)
顧問     森田光一東松山市長   吉田英三郎東松山市議会議長
会長     坂本祐之輔   エアロビック・歩こう会
副会長    野村勝     太極拳
       須藤和一郎   インディアカ
理事長    田嶋春義    社交ダンス
副理事長   鈴木民雄    歩こう会
       奥泉洋子    フォークダンス
監事     田中久隆    市校長会会長
       金子進     会計管理者        以上


このページのトップへ


 5月13日(日)、福島県南相馬市ロイヤルホテル丸屋において原発最前線南相馬市「震災フォーラム」が開催されました。私は友人でありこのフォーラムの主催者である「NPO法人はらまちクラブ」江本節子理事長のご案内をいただき参加させていただきました。
 江本節子さんは福島県スポーツ少年団指導者協議会会長を務め、日頃からスポーツ少年団活動を通じて長年にわたりご指導をいただいている友人です。
 基調スピーチは桜井勝延南相馬市長が行い、その後平田武南相馬市議会議長・谷尻東復興庁福島復興局南相馬支所長から現況と今後の課題についてお話しがありました。
 フォーラムは4時間に及び、参加された市民の方々から桜井市長への多くの要望や質問がありました。市長は「人がいかに生きるべきかが問われている。ポジティブシンキングを持って、一人一人が前に向かって進んでいかなければならない。」と話されました。
 南相馬市でも多くの方々が亡くなり、現在でも5000名を超える方々が非難を余儀なくされています。4月16日に立ち入りが解除された小高区では震災当時と現況は変わりません。
 一年以上が経過し風化されつつある災害を再認識し、地震・津波・原発が与えたこと、この一年間の市民の方々の苦悩の歩みを忘れてなりません。


このページのトップへ


 5月11日(金)、朝から坂戸駅の街頭演説。家を出るときは肌寒かったものの、日の光が強くなると風は少しあるもののとても暖かい陽気になりました。お話しをしているとわざわざ近くに寄ってきていただいたり、若い方たちが手を振って「頑張って!」と励ましの言葉をいただいたりして感謝しています。
 埼玉第10区衆議院選挙区は3市7町で、東武東上線に11の駅があり、越生線と八高線合せて3の駅があります。駅にはそれぞれの顔があり、通勤通学をされる方々の人数や年齢構成・男女の比率・スタイル等、時間帯によっても変化します。
 きっと街に暮らす方々のライフスタイルや生活文化も違うのかもしれません。政治の基本はそこに生活を営む方々の憂いや悲しみ、喜びや怒り、その思いを政治に政策として実現していくことではないのでしょうか。私は地方自治体運営の経験者として、中央集権体制を打破して地方分権体制をしっかりと築くための経験を現場で積み重ねてきました。今日はそんな思いをお話しさせていただきました。


このページのトップへ


 今日は朝から天気が変化。穏やかだと思えば急に風が強くなって雨が降ってきて、再び快晴。この連休中も妙な天候でした。
 街角に立って話しをしていると植木の手入れをしている方が最後まで聞いてくださったり、遊んでいる子供が近寄ってきてマイクとスピーカーを始めて見るようなまなざしでじーっと見ていたり覗き込んだりして…。
 日本は今、未曾有の国難に見舞われ、景気は回復の兆しを見せていません。このような状況では、まずデフレから脱却し経済を成長路線に乗せることが最重要課題です。もちろん震災復旧・復興には全力でしっかり対応しなければなりません。また年金や医療といった社会保障や財政再建の財源を捻出することは言うを待たず。
今国民に負担(増税)を求めるのなら、その政治姿勢としてまずは「隗より始めよ」ということではないでしょうか。政治家や公務員が定数や給与をカットするなどの「わが身を切る改革」を断行して国民の理解を求めるべき。このことによって現在の財政再建に大きく寄与することはなくても国民に将来の負担を求める以上当然のプロセスであると考えます。
 小さな子供がマイクをのぞくと声を小さくしますが、決められない政治・動かない政治に対しては大きな声でしっかりと意見を言っていきたいと思います。


このページのトップへ


 5月9日(水)、第34回全国スポーツ少年団軟式野球大会北海道大会第1回実行委員会が北海道立総合体育センターにおいて開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席し、主催者としてのご挨拶を申し上げました。
 この大会は昭和54年度に開催されてから本年度で34回と永い歴史を数える大会となりました。また、北海道スポーツ少年団・読売新聞社・軟式野球連盟をはじめ多くの方々のご支援をいただき、北海道での大会は連続7回目となります。
 8月2日~6日までの5日間での大会は全国一を競うだけでなく、野球が大好きな少年たちの合宿生活を通して友情の輪を大きく広げていただくための各種交流活動を組み入れています。今年もぜひ夏休みの素晴らしい思い出となる大会にしたいと思います。


このページのトップへ


 5月8日(水)、平成24年度東松山市観光協会総会が市内紫雲閣において開かれました。来賓には森田光一東松山市長・江野幸一埼玉県議会議員・小堀和弘埼玉県川越比企地域振興センター東松山事務所長・田中武東武鉄道東松山駅長・津田賢一公益財団法人埼玉講演緑地協会こども動物自然公園管理事務所副所長がお見えになりました。
 主な議案は○平成23年度事業報告及び歳入決算○平成24年度事業計画及び歳入歳出予算(案)。
 私にとっては東松山市長時代にしばらく会長を務めさせていただいた当会で、懇親会では多くの方々に次期衆議院選挙に向けて暖かい励ましの言葉をいただきました。


このページのトップへ


 連休終盤の街頭演説は晴れて暑いと思っていたら、突然カミナリが大きな音を立てて、大雨になったり強い風が吹いたりと。いつもの雨ならまだしも風では傘もさせなくて…。またその直後は日差しが強く、今年の連休の天候は不思議な天気でした。でも多くの方々に出会え、小さなドラマがたくさんありました。 


このページのトップへ


 連休中盤の街頭演説。雨が強く降ったり快晴で夏日になったり。いろいろなところでいろいろな人に出会う。ある住宅街、演説を始めたら挨拶に出てきていただいた埼玉県立松山高等学校のかなり年下の後輩。じっと耳を傾けて聞いていただきました。目の前にはご家族3人。嬉しいですね!


このページのトップへ


 5月2日(水)与野本町コミュニティーセンターにおいて埼玉県スキー連盟正副会長理事長会議が開かれました。私は会長として出席しました。
 この会議は10月からスタートする来年度の役員改選や事業計画等について執行部の考えをお聞きし調整するために開きました。
 いろいろなご意見をお聞きし、方向性を決め、新たなる年度に向けてしっかりと歩んでまいりたいと考えています。


このページのトップへ


 4月30日(月)・5月1日(火)と各地域街頭演説を行いました。1ヶ所20分程度の短い演説ですが、東松山市長就任時に今の国政に対して考え続けてきた改革の思いをお話しさせていただいています。家にいて聞いてくださる方は少ないかもしれませんが、秘書もいない私は多くの友人に支えられ、1本のマイクとスピーカーで一人の街頭演説。これこそ私の活動です。


このページのトップへ


 4月29日(日)、市内市営球場において平成24年度第24回東松山市野球スポーツ少年団交流大会が盛大に開催されました。私はスポーツ少年団本部長として激励の挨拶を申し上げました。
 この大会は東松山市スポーツ少年団が中心となり、近隣の少年団と試合を通し団員相互の親睦を図るために開催される大会で、深谷市・熊谷市・行田市・飯能市・坂戸市等16市町村から38チームが出場しました。
 選手宣誓は松山西北スポーツ少年団6年生の久武聖人主将が元気よく行い、晴天の青空のもと熱戦が繰り広げられました。


このページのトップへ


 4月28日(土)、都内岸記念体育会館において(財)全日本スキー連盟平成24年度第4回理事会が開かれました。私は副会長として出席しました。
 主な議案は総務本部関係から○平成25年度予算編成方針及び提出期限について○規約・規定の制定、一部改正及び廃止(案)について○FIS理事の推薦について他9件。競技本部関係からJOC平成24年度選任コーチ等の推薦について○2012/2013ワールドカップの開催誘致について他15件。教育本部関係から○教育本部関係国際会議派遣について○5期連続ナショナルデモンストレーター(柏木義之氏)の表彰について他3件。報告事項ではそれぞれの本部から15件の報告がありました。
 今回特筆すべきは、役員選出委員会規定が廃止となったこと。(寄付行為において、役員は評議員会が選任すると定められており、役員の選任権は評議員会が有しており、評議員会において速やかかつ合理的に選任を行うため。また新公益法人制度移行申請を目前に控えている状況を鑑み、同法と同様に役員を選任するため。)また、役員の定年に関して、就任時においてその年齢が70歳未満でなければならないと、定年基準を明確にし、透明性を高めました。


このページのトップへ


 4月27日(金)、松山中学校の同級生が集まり、私の応援会を開いていただきました。中学校の友達はいつになっても「祐ちゃん!」。言いたい放題で楽しいひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございます!


このページのトップへ