8月31日(金)、終日選挙区内のポスター貼りを行いました。埼玉県10区選挙区は鶴ヶ島市・坂戸市・東松山市・川島町・吉見町・滑川町・嵐山町・小川町・鳩山町・ときがわ町の3市7町、約40万人の市民の中から一人が選出される国政選挙(衆議院選挙)です。知名度のない私はポスターを貼って多くの方々に国政選挙に挑戦をさせていただいていることを知っていただきたい。だからこそ、毎日毎日駅前やまちかどで街頭演説を行い、私が何を考えどのような政策を実現したいのか、また政治理念は何かということをしっかりと有権者に伝え、市民・町民の皆様の声をお聞きし国政に届けていきたいと考えています。
 私には秘書や職員はいませんが、多くの友人や仲間たちのボランティア活動によって支えられ「今」があります。毎日感謝の日々を迎え正々堂々と挑戦したいと考えています。


このページのトップへ


 8月30日(木)、森林公園での街頭演説。ここの立ち位置は朝から直射日光。あわてて日焼け止めクリームを車まで取りに行きしっかりと塗って(しかしいつものように汗ですぐに落ちる…)。
 昨日の自民党の問責決議案賛成は、まさに党利党略、個人の思惑、国民不在。自民党が今更、こんな首相問責決議案に賛成したことは到底、理解できない。政党として自らを貶める行為。3党合意も破綻し「決める政治」がまた挫折した感があります。
 演説途中、たくさんの小学生が森林公園に遊びに行くのに降りてきて。「あ、この人坂戸駅にもいたね!」。坂戸市の学童保育の一行でした。


このページのトップへ


 8月29日(水)、若葉駅での街頭演説。今日は朝から日が照り、汗が目に入る。寒かった頃が懐かしい。混迷する政局、国民不在の政治。今日は3時間に及ぶ街頭演説に朝から気合が入りました。


このページのトップへ


 8月28日(木)、朝から後援会の役員さんとご挨拶回り。私には秘書や職員はいませんが、ボランティアで活動をしていただいている方々はとても多い。今日も暑い中、私と一緒に支援者のお宅へ。ありがたい!一人一人のお気持ちが本当にありがたい!


このページのトップへ


 8月25(土)・26(日)・27日(月)、まちかど街頭演説。3日間とも晴天!今年の夏は雨が降らない(田圃の水は大丈夫だろうか…)。春先は街頭演説も雨が多かったけれど、夏になって連日日差しが強い。毎日3時間ほど台に乗って駅前の街頭演説を始めて半年近く、寒かった冬から暑い夏へ。
 最近は多くの方々から支援の声をいただき、時には演説場所から100メートルも先に住んでいる方から激励の言葉を!この2週間は「まちかど街頭演説」も100ヶ所を超え。
 この国をしっかりと変えていく。日本の制度やシステムを変えることによって地方分権を推進し、市民・町民の皆様の声をしっかりと国政に届け、新しい日本を創っていく。日々駅前と街の中での街頭演説が続きます。


このページのトップへ


 8月24日(金)、鶴ヶ島駅での街頭演説。地元の市議会議員が西口で先客、こちらは、場所を移動して東口で「オハヨー挨拶」を。直射日光で暑く目に汗が入る…。しばらくして先客も帰り、西口のいつものポジションに移動して街頭演説。夕方の最終演説は若葉駅前。今日も一日いろいろな方々と出会えたことに感謝!


このページのトップへ


 8月23日(木)、坂戸駅での街頭演説。朝から直射日光を予想して、日焼け止めクリームをしっかり塗って(あまり効かない感じ…)。でも予想に反してしばらく日陰の中。太陽の軌道が微妙に南側にずれたため駅舎の陰になりラッキー!とても涼しく快適!
 今日は通勤される方から水の差し入れ、声をかけていただいた高校生や話しができた学童保育の皆さん、応援の言葉をいただいた初めてお会いする年配女性等多く、感謝!


このページのトップへ


 8月22日(水)北坂戸駅での街頭演説。北坂戸駅は駅舎の影に入りしばらくは日陰。昨日の炎天下での街頭演説に比べるとかなり涼しく。しばらくするとスポーツの試合に来たスポーツ少年団の子供たちがわいわいとそばに寄ってきて、握手を求められ。「選挙ってなんですか?」「それはね…」と答えるのも時間がかかる。でも子供たちはおもしろそうに聞いている。この夏休み、子どもたちとのふれあいも多い。


このページのトップへ


 8月21日(火)、まちかど街頭演説。残暑きびしい日が続く…。ここのところ100ヶ所ほどの街頭演説を行いずいぶん日に焼けて。日焼け止めクリームは効いているのかいないのか。きっと効いていないでしょう…。


このページのトップへ


 8月20日(月)、東松山駅での街頭演説。朝から直射日光、でも時折吹く風はさわやかな秋の風。初めて街頭に立った時は寒くて…、でも今は暑い夏。ホームから手を振ってくれた地元のスポーツ少年団の子ども達。そして松山高校の後輩達が練習のために登校しながら雑談と楽しい場面も。駅にはいろんな出会いがあります。


このページのトップへ


 8月20日(月)、都内渋谷区岸記念体育会館において平成25年度財団法人全日本スキー連盟第1回理事会が開かれました。私は副会長として出席しました。
 開会にあたり鈴木洋一会長から「8月スタートの新年度にあたり初会合。1年半後に開催されるソチオリンピックでのメダル奪回に向けて全力を尽くしたい。また、スキースポーツの普及振興をしっかりと行っていきたい。」との挨拶がありました。
 この日は岡山紘一郎専務理事・谷雅雄総務本部長・古川年正競技本部長・登山一成教育本部長等、新たなポジションも決定し就任されました。


このページのトップへ


 8月19日(日)、まちかど街頭演説。お昼に帰宅。NHK・BSで放映された「知の巨人・世界経済再生への提言」。ポール・クルーグマン教授とジョセフ・スティグリッツ教授の話に感銘。将来の財政悪化を防ぐためにも若者の雇用に財政出動を行う。教育の格差是正にあらゆる手段を。積極的な金融緩和を行う。消費税は今上げるタイミングではない等とても参考になりました。
 午後からの街頭演説にも力が入りました!


このページのトップへ


 8月18日(土)、まちかど街頭演説。今日は突然雨が降ったり、カラッと晴れて暑くなったり。フェイスブックで私の活動を見ている方が、「いつも誰もいないところで演説するのですか?」と素朴な質問をいただきました。
 街角には誰もいませんが、必ず家の中でお聞きくださっている方がいらっしゃるのです。終了後、窓が開いて拍手をいただく時もあります。
 いつもお騒がせしてしまっていることを申し訳なく思いながら、しかしこの国への想いや政治理念・政策を語り、しっかりと自分の考えをより多くの有権者の方々に伝えなければいけないと考えています。
 街頭演説を終えて立ち寄った東松山ホームの納涼盆踊り大会。ビールとやきとりに焼きそばとホントに美味しかった!心身が癒されます。


このページのトップへ


 8月17日(金)小川町での街頭演説。お盆休みがまだ続いているようで、乗降客はいつもの半分ほど。暑い一日になりましたが、駅前の大きな木はちょうど私を日陰にしてくれて晴れの日も雨の日も居心地はとても良く。どなたがいつ植えられたのかわかりませんが、大きな木に守られているようで…。ありがたい!
 この日はちょうど地元の高校生がバレーボールの試合に行くところ。明るい挨拶と受け答えにさわやかな風が通り抜けるよう。若さっていいね!


このページのトップへ


 8月15日(水)・16日(木)、まちかど街頭演説。残暑きびしいとはまったくこのこと。連日朝から暑い!特に昼食後の街頭演説は、休憩中に飲んだ水分が一気に大粒の汗になってすべて外に出ていってしまう…。
 演説の内容が空回りしたり、繰り返しになってしまったり、途中で言葉が出なくなったりするのは暑さのせいか。でも、暑い中家から出てきて聞いてくださる方には心から頭が下がります!
 「応援します!」。その一言に暑さも忘れて汗ではなく涙が出る思いです。


このページのトップへ


 8月13日(月)・14日(火)、まちかど街頭演説。演説中、いきなり強い雨。すっかり濡れてしまいましたが、直後晴天!乾いた服も今度は汗びっしょり!
 街頭演説は、初めて会う方々ばかりですが、お話しをお聞きすると既成政党離れを強く感じます。
 現在無所属の私は、いずれ同じ志を持つ政党に所属しなければならないと考えていますが、今は市長就任中貫きとおした「一党一派にかたよらない政治」の延長線。
 「国民の皆様の声を国政に届け、日本の制度やシステムを変えるための一念で」。今日も街頭から語りかけています。


このページのトップへ


 8月11日(土)、12日(日)、まちかど街頭演説。地元の夏祭りが終わっていくらか涼しくなってきたかと思いきや、夕方まではさすがに暑い!
でも、この国を変えたい!その想いをしっかりと語る!それが今の自分にできる「まちかど街頭演説」。


このページのトップへ


 8月10日(金)、都内岸記念体育会館において平成24年度子どもの体力向上啓発「ポスター」「標語」審査委員会が開かれました。私は日本スポーツ少年団本部長として委員長に就任し出席しました。
  この事業は文部科学省が主催になり、子どもの体力の重要性や日常生活の中で家族や仲間と運動・スポーツに親しみ体を動かすことの楽しさを啓発し、子どもの体力向上を目指した取り組みが促進されるよう、体力向上に関する「ポスター」及び「標語」を広く全国の子どもたちから募集し表彰するものです。
 表彰は文部科学大臣賞(子どもの体力向上啓発ポスター・標語として採用)をはじめとして6表彰の選考をするもので、標語は全国5047作品、ポスターは672作品の応募がありました。
 どの作品も素晴らしく、審査にはかなりの時間がかかりましたが、選考も無事終了し10月8日体育の日において表彰式が行われます。
審査委員(敬称略)
委員長    坂本祐之輔    日本スポーツ少年団委員長
委員     河合季信     日本体育協会生涯スポーツ推進専門委員会委員
委員     青木剛      日本オリンピック委員会理事
委員     中村和彦     山梨大学教育人間科学部教授
委員     園山和夫     桐蔭横浜大学教授          以上


このページのトップへ


 8月10日(金)、坂戸駅での街頭演説。朝から暑い一日のスタート。決意をして、駅で2時間半の街頭演説を始めた時はあまりにも寒くて。でも今は暑い夏、政局が大きく動く。今度の選挙は「郵政解散」ではなく、「政権交代」でもない。立候補する個人の資質が問われる選挙。建国以来明治維新・第2次世界大戦後、そして今、大きく日本が生まれ変わる大切な時を迎えています。国民の皆さんの声をしっかりと国政に届けるために今日も一日頑張る!


このページのトップへ


 8月9日(木)、都内品川プリンスホテルにおいて第39回日独スポーツ少年団同時交流さよならパーティーが開かれました。私は主催者として出席しお別れのご挨拶を申し上げました。
 この日独スポーツ少年団同時交流は、今年で39年という長きにわたって実施されました。この39年という歴史は、両国スポーツ関係者の皆様のご尽力と熱意により、受け継がれてきました。私たちは決してそれを忘れてはならないと思います。
 今日は、ドイツスポーツユーゲントの皆さんからたくさんの余興が飛び出し、参加されたホストファミリーの皆さんと楽しいひとときを過ごしました。
 これからも、この交流を通して日本の友人との強い絆を大切にしていただき、一層の日独両国の親善がはかられますよう期待しています。


このページのトップへ


 8月9日(木)、若葉駅での街頭演説。8時過ぎになると夏休で子供連れの親子が目立ちます。遊園地やプールに行く子ども達。旅行バッグを親が持ち、お子さんはかわいいリュック。嬉しそうにはしゃぐ子供たちを見て、暑さも忘れ、昔の自分の姿を思い出しました。


このページのトップへ


 8月8日(水)、鶴ヶ島駅での街頭演説。夏休みなので家族連れや子供たちの電車利用が多い。9時頃、地元の子ども達が演説をしている僕と目が合って挨拶をしてくれました。思わず台から降りて話しかけ。二人は野球スポーツ少年団とサッカースポーツ少年団。スポーツ少年団の子ども達はしっかり挨拶もできる。「頑張ってください!」との言葉にとっても嬉しくなりました。


このページのトップへ


 8月6日(月)、第34回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会閉会式が札幌ドームにおいて開催されました。この大会は8月3日から4日間にわたって全国各都道府県予選大会を勝ち抜いてきた選抜チームが一堂に会し、熱戦を繰り広げました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席し主催者として表彰式に臨みました。
 本大会では、試合はもちろんのこと、交流活動や共同生活を通して、全国の仲間との友情を深めると共にその輪を広げ、実りある大会となりました。
優勝は三重県JBC玉城スポーツ少年団・準優勝は滋賀県多賀少年野球クラブスポーツ少年団。3位は福島県小名浜少年野球スポーツ少年団・北海道緑丘ホーマーズスポーツ少年団。すべての選手の皆さん、感動をありがとうございました!


このページのトップへ


 8月4日(土)、第50回全国スポーツ少年大会~生まれる友情 つながる絆 房総の国から~が千葉県鴨川市文化体育会館において、全国47都道府県から約400名の小学生から高校生までの団員・指導者が参加し盛大に開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席し主催者のご挨拶を申し上げました。
 この大会は全国都道府県代表の団員及び指導者の参加のもと、4日間の集団生活を行い、スポーツ活動・文化学習活動・野外活動・交歓交流活動を通して、青少年のこころとからだを育てると共に、スポーツ少年団活動を一層促進し、地域における活動の活性化を図るために開催されています。
 今大会は、SHIPS活動や地曳き網等の楽しい企画を予定しています。実りある研修になるように期待しています。


このページのトップへ


 8月3日(金)、小川町駅での街頭演説。今日は朝から少し涼しい。演説の途中、8時頃人身事故の影響で全ての電車がストップ。通勤・通学客が足止めとなり、街頭も中止。
 後、小川町での「まちかど街頭演説」。手を振ってくださる方々が増えてきました。
 でも朝の涼しさは何処に、やはり暑い一日となりました。


このページのトップへ


 8月1日(水)、市内マリエールにおいてドイツスポーツユーゲント訪日団のさよならパーティーが開催されました。1週間のホームステイを通じ、夏祭りや座禅や書道・剣道・お茶・スカイツリー等様々な体験をし、たくさんの思い出を東松山市に残していただきました。
 翌2日(木)の朝、総合会館で離散式を行い、11名の団員を送り出しました。ホストファミリーの皆さんとは涙とハグのお別れとなりました。ドイツと日本の草の根外交。あらためてホストファミリーの皆さんに、心から感謝申し上げます。


このページのトップへ


 8月1日(水)、北坂戸駅での街頭演説。朝のうちは涼しく日が差してくると暑いのは当然のことで…。今日は女性の方から飲み物の差し入れがありました。わざわざ駅前のコンビニに入り、お持ちいただき感謝!
 その後、「まちかど街頭演説」。足を止めて応援のご挨拶をいただきました。多くの方々に支えられ今日も頑張ります。


このページのトップへ


 7月31日(火)、第39回日独スポーツ少年団同時交流日本団結団式が都内岸記念体育会館において開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として主催者のご挨拶をしました。
 日独スポーツ少年団同時交流は、日本スポーツ少年団とドイツスポーツユーゲントが実施する、スポーツを通した青少年の国際交流で、これまで延べ10000人以上のリーダー、指導者がお互いの国を訪問し、友好を深めてきた歴史ある研修事業です。
 全国83万人のスポーツ少年団の代表として、望月浩一郎団長以下87名が18日間の訪独。日本の青少年として積極的な態度で、何事にも自信を持って取り組み、ドイツの文化・生活習慣を体験していただきたいと思います。


このページのトップへ


 7月31日(火)、武蔵嵐山駅での街頭演説2時間半。朝から太陽の日差しが強く暑い日になりました。日陰もないので日に焼ける…。一本の電車には100人ほどのお客様。15分ごとに電車が来るのでしっかりと演説を行うことができます。


このページのトップへ


 7月30日(月)、森林公園駅での街頭演説。朝から日が差して暑い一日。暑さのために顔が厳しくなって…。ときおり顔の筋肉をゆるめにこやかに。でも気が付くとまた暑そうにしている自分に気づく。だんだん日に焼けて…。


このページのトップへ