2016_02_28戸隠3人で

2月28日(日)埼玉県スキー連盟主催のSAJ準指導員検定会にお伺いし、埼玉県スキー連盟名誉会長としてご挨拶をいたしました。(写真は高橋県連会長・鈴木教育本部長)

2016_02_28_検定会場挨拶

今回の検定会には県内各地から50名の受験者が挑戦されました。雪不足にもかかわらず、今シーズン懸命に練習を重ねてこられた受験者の方々、そしてサポーターとして応援に駆けつけていただいた仲間のスキーヤーの 私も昔、1級と準指導員資格を取得したのがここ戸隠スキー場でした。山深く静かなスキー場として親しまれてきた戸隠スキー場。私にも多くの思い出があふれるスキー場です。

3日間、素晴らしい天気も下で開催された検定会。ご支援いただきましたスキー場関係者、宿舎会の方々、関係各位の皆さんに心から感謝申し上げます。皆さんに敬意と感謝を申し上げます。

 

2016_02_28_戸隠朝

晴れた日の戸隠の朝は格別美しい!ダイヤモンドのように輝く新雪の中をたった一つのシュプールを描いて滑走する、そこには自然と一体になった自己実現の世界を見出すことができます。

2016_02_28_まるや前みんなで

仲間との語らいも楽しい。スキースポーツの醍醐味を味わうことができます。

(私の1分間の滑走映像です)

 


このページのトップへ

2016_02_25_アップ

2月25日(木)、予算委員会分科会において、平成28年度予算について馳浩文部科学大臣に質疑を行いました。

 

2016_02_25_文科質疑

主に「35人学級の実現」や学校における「いじめ」や「暴力」等について。
「いじめ」や「暴力」についてはしっかりとした今後の対応が求められます。文科省の平成26年度「児童生徒問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、全国の小学校で26年度に認知されたいじめは過去最多の12万2721件。小・中学校、高校、特別支援学校全体では、18万8057件で前年度比2254件の増となっています。
平成22年度と26年度を比べると、1年生が5,8倍に増えています。「いじめは高学年から」と考えていましたが、低学年からいじめが起こっているわけです。
また、小学生の暴力が増えてきています。文科省によると、全国の小・中高校で起きた
平成26年度年度の「暴力行為」は5万4243件に及びます。件数は学年が進むほど増えるものの、増えた率は低学年ほど高くなっています。18年度と比べると、1年生が5倍、2年生が4,3倍に上がっています。しかも、子どもの間だけでなく、教師に対する暴力や、登校中、通行人に暴行した例も報告されています。来年度予算案の中で、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーが大幅に拡充されており、子ども達の様々な問題に対し、しっかりとした対応が求められます。
子どもがいじめや暴力行為などを起こす原因をしっかりと把握することが、問題解決のために必要と考えます。また、原因を分析して、対策を講じることで今後、重大な事案の発生を未然に防ぐこともできます。
今日は様々な問題について質疑を行いましたが、今後文部科学委員会において、さらに様々な問題を質してまいりたいと考えます。


このページのトップへ

2016_02_24_合同部門会議
 2月24日(水)、今朝は7時45分から民主党・維新の党文部科学合同部門役員会議、そして8時から部門会議。ここでは我々が提案する「平成32年オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の一部を改正する法律案」についての意見交換と、学級編成及び職員定数及び給付型奨学金について文科省からレクと意見交換。
2016_02_24_両院懇談会
 昼には両院議員懇談会が開かれ松野頼久代表から民主党との合流に向けての報告がありました。
2016_02_24_アップ
 一昨年の12月の解散総選挙後、一貫して代表は政界再編を訴え、民主党との協議を進めてきました。私も改革勢力を結集して、与党になり得る野党を形成し、一強多弱と言われる現在の政局にあって、与党にしっかりと対峙し、行き過ぎる政権に強固なチェック機能を働かせ、いつでも政権を担える政党になり得なければならないと考えてきました。現在の小選挙区制度にあっては、2大政党化を進めていくことが必要です。企業でいえば日産とトヨタのように切磋琢磨し成長を続ける政党が必要です。
 政策理念等については統一会派を組むにあたって長い時間をかけて協議してきました。統一会派を組んだ今国会では、政権を担った民主党との合同会議において、「日本維新の会」「維新の党」では経験できなかった多くのものを学ぶこともできました。維新の党の根底には改革スピリットがあります。両党の持つ良さを確認・吸収しさらなる前進を果たしてまいりたいと考えます。
2016_02_24_法案説明
 民主党政治改革・国会推進本部「企業団体献金等に関する検討チーム」会議で、維新の党を代表して我が党の「政治献金規制法の一部を改正する法律案」の説明をさせていただきました。
2016_02_24_文科省レク
 文部科学省からレク。明日は予算委員会分科会での質疑が決まりました。35人学級の推進やいじめや体罰の対応などを中心に馳文部科学大臣に質問したいと考えています。


このページのトップへ

2016_02_22_

2月22日(月)、今日は「衆議院選挙制度に関する調査会の答申について」衆議院議長室において大島理森衆議院議長に、今井幹事長と共に維新の党の考え方を申し上げさせていただきました。その後今井幹事長が記者会見。

答申における定数削減については、調査会が定数削減について具体的な数を挙げていただいたことは評価できますが、我が党の定数3割削減という主張からすれば極めて不十分です。しかし、まずは一歩前進として、答申に沿った形で法整備を進めるべきと考えます。

また、定数削減については、答申でも述べられているように、国民との約束であり先送りは許されません。小選挙区選挙における一票の較の是正については、最高裁から3度にわたり違憲状態判決を下されており、また答申でも格差是正は喫緊の最重要課題であるとされています。 定数削減及びアダムズ方式の採用のいずれも、次の小選挙区の選挙区の改定の時期に同時に実施できるように、今国会中に法改正を必ず行うべきと考えます。


このページのトップへ

2016_02_21_馬と

武蔵逍遙乗馬会。障がいのある方々に乗馬によるセラピーを。東松山市にこんなにものどかな場所がありました!

2016_02_21_レク協役員会

松音屋において私が会長を務める東松山市レクリエーション協会役員会。そして新年会。

2016_02_21_レク協懇親会

今年は11月20日(日)に東松山市レクリエーション協会創設30周年記念式典並びに祝賀会を紫雲閣において行います。記念事業は各団体から参加していただき「ディスコン」を行うことになりました。楽しみです!

2016_02_21_ソフト懇親会

東松山市ソフトボール協会総会・懇親会。

2016_02_21_ソフト役員写真

今日の総会においては、長年ソフトボール協会発展のためにご尽力された桑島弘治会長が退任され、水野邦夫新会長が就任。私は引き続き名誉会長に。桑島弘治相談役には現在のソフトボール協会の礎を築いていただきました。今後とも健康に留意され、ご指導をいただきますようにご祈念申し上げます。

 

 


このページのトップへ

2016_02_20_ロードレース

2月20日(土)、第52回市民ロードレース大会が東松山市陸上競技場において開催されました。

2016_02_20_スタート1

私は東松山市体育協会会長として激励のご挨拶を申し上げました。

2016_02_20_スタート2

大内次郎陸上競技協会会長をはじめ、大会役員の皆様のご尽力に深く敬意を表します。会場には小学生から大人まで多くの選手が参加しました。私も2部門のスターターを務めさせていただきましたが、子ども達が一所懸命に走っている姿は実にかわいい!スポーツの基本は走ることです。しっかり体をつくって風邪などに負けない子供になっていただきたいですね!

2016_02_20_上の町長と

第39回東松山写真クラブ「写真展」。東松山市長就任時にお世話になった上野昇前滑川町町長のご案内をいただき伺う。写真の魅力を堪能させていただきました。

2016_02_20_スポ少新年会

東松山市スポーツ少年団常任委員会。その後新年会。38スポーツ少年団代表者が一同に会し情報交換。それぞれ競技種目は違うけれど、スポーツを通して子ども達の成長を支援し社会に役立てる人間に。子ども達の夢や希望を実現するために指導者がしっかりと応援しなければ!


このページのトップへ

2016_02_19_銀の鈴

2月19日(金)、仕事が終わり、昔からご指導ご鞭撻をいただいている日本青年会議所時代の先輩と東京駅「銀の鈴」で待ち合わせ。「銀の鈴」の存在を初めて知りましたが、行ってみるとたくさんの人が。本当に銀色の鈴がありました!


このページのトップへ

2016_02_18_合同部門会議

2月18日(木)、今日は朝6時から書道の練習。気持ちが落ち着いてさわやかな一日がスタート!というものの写真紹介できるほどの字ではありませんが。

今日は民主党・維新の党 経済産業・文部科学・環境・原子力・外務部門・エネルギー環境調査会合同会議。

2016_02_18_代議士会

代議士会に続いて本会議、約2時間。本会議では「平成28年度地方財政計画について」、及び「地方税法等の一部を改正する法律案」、「地方交付税法等の一部を改正する法律案」について高市早苗総務大臣から趣旨説明があり、各党代表者から総理・総務大臣に質疑が行われました。

2016_02_18_伊藤氏厚労大臣表

 

本会議終了後、地元に戻り、伊藤丈夫氏の厚生労働大臣受賞祝賀会に出席。近並重雄比企調理師会会長が発起人代表を務め、松音屋において盛大に開催されました。
伊藤丈夫氏は長年飲食業を営むかたわら東松山市飲食店組合の発展にご尽力をいただきました。私の実家も料理屋なので公私にわたりご指導をいただいてまいりました。
また、先日創部40周年を迎えた幸町ソフトボールクラブの現役プレーヤーで活躍されています。私が会長を務める東松山市体育協会からも功労賞を申し上げさせていただいています。
伊藤丈夫氏がこの度の受賞を契機にさらなるご活躍をされますようご祈念申し上げます!


このページのトップへ

民主維新文科合同部門会議

2月17日(水)、朝7時45分から民主・維新文部科学合同部門役員会議。続いて全体会議。3月入ると予算委員会も終了し、文部科学委員会の法案審議と質問が始まります。

2016_02_17_内閣府レク

地方創生推進室から「地域再生法」についてレクと質問。

2016_02_17_両院懇談会

両院議員懇談会。

2016_02_17_牛弁当

2時頃になって事務所で弁当。腹減っているので尚更うまい!

2016_02_17_飲食店組合総会

食事を済ませて、地元で東松山市飲食店組合総会・新年会に出席。あわただしい一日が終了!


このページのトップへ

2016_02_14_野球スポ少懇親会

2月13日(土)、14日(日)と週末は新年会や祝賀会。そして街頭演説。東松山市野球スポーツ少年団総会・懇親会は東松山市スポーツ少年団本部長として出席。下境捷正会長を中心に50名の指導者が集合。にぎやかな懇親会となりました。

2016_02_14_マレットゴルフ大

第30回東松山市レクリエーション協会マレットゴルフ大会には協会会長として出席。

2016_02_14_始球式

そして始球式。私と田中進会長が始球式に臨みましたが、私は強すぎてОB。田中会長はベタピンでした。さすが!

2016_02_14_幸町ソフト

幸町ソフトボールクラブ創部40周年記念式典・祝賀会には東松山市ソフトボール協会名誉会長として出席。青木直人監督を中心に40名のチームの仲間が出席。40年間の栄光と友情と家族愛を感じる楽しいひとときとなりました。また、東松山市ゴルフ連盟常任理事会と懇親会。中里昱夫会長を中心に20名の役員が出席ゴルフ談議に花が咲きました。

2016_02_14_街頭3

今日は一日街頭演説。

2016_02_14_後ろ姿

なんて暑いのか!昨日と打って変わって汗びっしょり!

2016_02_14_子供に囲まれ街頭

住宅街ではほとんど聞いてくださる方もいないけれど、子ども達は目の前でじーっと聞いている。なんとも不思議な感じだ。

2016_02_14_新町街頭演説1


このページのトップへ

2016_02_10_文部科学合同部門

2月10日(木)、7時45分、民主党・維新の党文部科学合同部門役員会議。この後、合同部門会議。毎週水曜日は朝が早い!

2016_02_10_両院懇談会

両院懇談会並びに拡大国対会議。

2016_02_10_弁当

お昼は鳥唐揚げ弁当といつものホットワンタン。なかなかのボリューム!

2016_02_10_予算傍聴

合間に予算委員会傍聴。今日は集中審議「政治姿勢・政治とカネ」に関する質疑。

2016_02_10_地方議員研修会

夕刻から地方議員及び再任・新任支部長研修会。各地から地方議員や支部長が参加して、平成28年度政府予算案のポイントについての説明後、意見交換。松野代表からは党の現状についての説明もあり、引き続いての懇親会では有意義な情報交換会となりました。


このページのトップへ

2016_02_09_代議士会
 2月9日(火)、今日は代議士会に続いて本会議。本会議では「北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議案」が全会一致で可決。また、「東日本からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法及び財政運営に必要な財源の確保を図るための公債の発行の特例に関する法律の一部を改正する法律案」が財務大臣から趣旨説明があり、各党から質疑が行われました。
 2月7日、北朝鮮は我が国をはじめ国際社会からの強い自制の申し入れにもかかわらず「人工衛星」と称する弾道ミサイル発射を強行しました。これは我が国を含む地域及び国際社会の平和と安全を著しく損なう重大な挑戦です。
 今回の発射は、一連の国連安保理決議及び日朝平壌宣言に違反し、6カ国協議共同声明の趣旨に反するものです。断じて容認できません。北朝鮮に対して厳重に抗議し、強く非難するものです。


このページのトップへ

2016_02_07_ワクワク全員

2月7日(日)、朝4時半起床。週末にスキーに出かけるときは、5時半までに関越に乗ることができれば渋滞に巻き込まれることはあまりなく。それでもシーズン最盛期の土日は前橋あたりから混んでくる。今日はバス2台6時過ぎに出発なので渋滞覚悟。しかし思ったよりスムースで皆さん予定通り9時過ぎには準備も整い滑走開始。

2016_02_07_班写真

今日は私が会長を務める東松山市スキー連盟「わくわくスキーツアー」を新潟県岩原スキー場で開催しました。約90名の市民の民さんが参加され、インストラクターによる指導班、そしてバッジテスト講習の班、フリーで滑る方々に分かれ楽しい一日を過ごすことができました。

2016_02_07_バッジテスト表彰

バッジテストに合格したチビッコ達も喜んで。子ども達の笑顔がたまらなくうれしい!講師の先生方、役員の皆さんお疲れ様でした!

 

 


このページのトップへ

2016_02_05_実行委員会

2月5日(金)、私が会長を務める東松山市体育協会会長杯チャリティゴルフ大会実行委員会が開かれました。

2016_02_05_ゴルフ大会実行委

今年は9回目、320名先着順で4月11日月曜日高坂カントリークラブにおいてに開催されます。各競技団体の部や個人の部、グロスの部の表彰があります。明日を担う子ども達のスポーツを通しての健全育成のために毎年開催されています。今年も多くの方々の参加をお待ちいたします。

2016_02_04_議長席写真

また、昨日は衆議院議場の議長席ステージで、ノーベル賞生理学・医学賞を受賞された大村智先生とノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章先生ご夫妻を囲んで大島理森衆議院議長、川端達夫衆議院副議長と共に写真を撮っていただきました。議員席から議長席はかなり壇上で遠く見えますが、壇上から議席を眺めると議員席の一人一人の席がとても近くはっきり見えます(このときは議員不在でしたが)。貴重な経験をさせていただきました。


このページのトップへ

2016_02_04_予算委員会

2月4日(木)、朝9時から予算委員会。我が党からは松野代表石関国対委員長が質問に立ちました。私も応援傍聴。

2016_02_04_梶田夫妻と

ノーベル賞受賞者に対する表祝行事が衆議院議長応接室において行われ、私は科学技術・イノベーション推進特別委員会理事として出席させていただきました。

 

2016_02_04_全員で

ノーベル賞生理学・医学賞を受賞された大村智先生とノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章先生に対し、大島議長から表彰状・記念品の贈呈が行われました。
梶田先生には委員長就任時、東大宇宙線研究所に視察に伺い懇談させていただき、その後、東松山市名誉市民称号授与式でお会いさせていただきました。お二人には健康にご留意され益々のご活躍をお祈り申し上げます!


このページのトップへ

2016_02_04_合同部門会議
2月3日(水)、今日は朝7時45分から民主党・維新の党文部科学合同部門役員会、続いて合同会議。そして科学技術・文部科学合同部門会議。
2016_02_04_両院懇談会
12時から維新の党両院議員懇談会。
続いて維新の党で「成年後見制度の利用の促進に関する法律案」調査。我が国の成年後見制度は実施をしているヨーロッパ諸国に比べて利用が低く、任意後見制度も利用が進んでいません。監督制度を確立しながら利用者の人権と尊厳を守るためにも利用促進を図る法整備が必要と考えます。
2016_02_03_予算委員会
予算委員会傍聴。我が党からは今井幹事長がトップバッターで質問に。予算委員会がスタートしました。


このページのトップへ

2016_02_02_代議士会
 2月2日(火)、代議士会に続いて本会議。
 衆議院本会議における経済演説からわずか6日、予算委員会における本格質疑が始まる矢先、独立行政法人UR都市再生機構と民間事業者の保障交渉への口利き疑惑をめぐり、甘利前経済再生担当大臣が辞任。今日は新たに就任された石原大臣からの経済演説に対する本会議場での質問となりました。
2016_02_02_調査会役員会
夜は私が会長を務める維新の党 選挙・政治制度調査会役員会。
 第2次安倍内閣ではすでに4人の閣僚が辞任しています。「政治とカネ」の問題が再三指摘されてきたにもかかわらず、体質が改善されていません。
 企業献金・団体献金を禁止する法律を一刻も早く成立させるべきだと考えます。私は企業献金も団体献金もいただいていません。そして政治資金パーティーも行っていません。だからこそ、国民お一人お一人の視点に立って、我が国の改革を断行することができるのです。先ずはわが身を削って、議員定数の削減や報酬の削減を行い、企業・団体からの献金も受け取らず、資金集めのパーティーも禁止して、クリーンな政治を行うべきです。それでこそ、古いしがらみや既得権益にとらわれずに、真に国民のための改革を推し進めることができるのではないでしょうか。


このページのトップへ