2016_06_29_川越駅街頭

6月29日(木)、川越市駅前において大野元裕候補の街頭演説会。生活の党松崎哲久元衆議院議員も応援演説。

2016_06_29_江田先生アップ

そして本人の演説と民進党代表代行江田憲司衆議院議員の応援演説。川越市駅は商店街と連なって多くの買い物客や通行客が行きかう。中には足を止めて聞いてくださる方々もいて。
~安倍政権の10の『不都合な真実』~
・実質GDPは民主党政権1,7パーセント VS 安倍政権0,8パーセント
・安倍政権で、実質賃金は毎年連続して低下(5パーセント減)
・消費は2年連続減少(戦後初)
・110万人の雇用というが、そのうち65歳以上の非正規が90万人
・正規の有効求人倍率は、依然として1,0以下(0,85)
・生活保護世帯は過去最悪(164万世帯)
・年金基金運用見直しで約5兆円の巨額損失
・21兆円税収増というが、8兆円は消費税増税分。これを除けばやっとリーマンショック前の水準。その間一般歳出は11兆円も増加
・新車台数500万台割れ5年ぶりの低水準
・農林水産物の輸出増加というが、農業所得は安倍政権で2年連続減少(米価も3割低下)
不都合な真実を列記させていただきました。

私たちは、特に2つのことを訴えています。

第1に経済と暮らしです。

アベノミクスから3年半が経過してなお、国民の8割が景気回復を実感していません。賃金も消費も低迷し、消費税引き上げを延期せざるを得ない状況です。今こそ、分配と成長を両立させる経済政策へと転換しなければなりません。民進党は人への投資、公正な分配、格差の是正によって、一人ひとりの可能性が発揮委できる環境を整え、暮らしを豊かにする経済を実現します。

第2に憲法と平和です。

安倍政権は、憲法解釈の変更によって、あいまいな条件で集団的自衛権の行使を可能としました。次の狙いは、憲法9条を改正し、制約のない集団的自衛権の行使に道を開くことです。日本国憲法の平和主義の根幹、つまり、海外の紛争に武力を持って関与しないという「国のかたち」を壊すことは絶対に認められません。

 


このページのトップへ

2016_06_26_指導者全国研究会

6月26日(日)、ホテルグランドパレスにおいて第21回スポーツ少年団指導者全国研究大会が開催され、全国から指導者が出席。

2016_06_26_指導者挨拶

私は日本スポーツ少年団本部長として主催者のご挨拶を申し上げました。この研究大会では指導者一人ひとりの資質の向上と指導体制の確立を目指し、これまでジュニア期のスポーツ活動のあり方と指導について協議を重ね、多くの成果を上げてまいりました。今日は、「子ども達を育むスポーツ環境を考える」をテーマに講演会や分科会を行い、意見交換を行いました。

2016_06_26_小野次郎ピオニー
午後から地元で小野次郎候補(参議院全国区立候補)と共に遊説と街頭演説。

12016_06_26_本町

私と同じ民進党副代表。企業・団体献金を受けず、しがらみや既得権益にとらわれない政治姿勢も私と同じです。

2016_06_26_駅

東京大学卒業後、警察庁に入庁。小泉総理の秘書官として活躍。そしてフランス大使館においては一等書記官として外交に携わりました。正義感の強いまじめな方で政策安全保障に関する能力は民進党随一。我が国の平和を維持し、国民の安全・安心な生活を守るためにも、、なんとかして勝利をつかんでいただきたい。私もしっかり応援いたします!


このページのトップへ

2016_06_24_日体協評議員会

6月24日(金)、公益財団法人日本体育協会評議員会が品川プリンスホテルにおいて開催され、私は日本スポーツ少年団本部長として出席しました。今日は平成27年度事業報告及び決算について7議案が承認されました。
今日、英国のEU残留の是非を問う国民投票の結果が判明しました。EU離脱が確実となり、世界経済はもとより、欧州社会全体に与える影響は計り知れないほど大きいと考えます。すでに為替、株式市場が大きく混乱しました。短期的には、日本政府・日銀は、ドル資金供給など各国と協調した行動をとるとともに、急激な変動について適切な対応を行い、円高・株安のショックを緩和するための措置を速やかに講じる必要があります。
最近、円高・株安が進みアベノミクスも行き詰ってきました。今回のEU離脱のリスクを乗り越えるためには、経済政策の転換を行って、「子ども・子育て」「教育など人への投資」「年金など社会保障の充実を約束通り実施」「所得の公正な分配と格差の是正」などによって、国民の方々が安心して生活を営み、将来に夢が持てる社会をつくらなければなりません。富がしたたり落ちてくるトリクルダウンではなく、普通の人が豊かになれる社会をつくる。そのことこそが、消費を伸ばし、投資を生み、成長につながる。参議院議員選挙ではこの「分配と成長の両立」を訴えてまいります。


このページのトップへ

2016_06_22_川口駅出陣式

6月22日(水)、参議院選挙公示。午前中に大宮駅東口、夕刻から川口駅東口で民進党公認大野元裕候補の出陣式。候補者地元の川口では私が「ガンバロー!」コールを務めさせていただきました。
今回の参議院選挙の大きな論点は「憲法」と「アベノミクス」。しかし与党は憲法を口にせず、アベノミクスは成功だと言いはる。それでは論点がかみ合わない。なぜ、問うべきこと、問わなければならないことを政権与党は避けているのでしょうか。
1年半前、私が衆議院議員に就任させていただいて2年後、初めての解散総選挙。それは「消費税の延期に対して国民に問う」ということでの選挙でした。600億円以上もかけて問う必要もない選挙。なぜなら野党は賛成でしたから。しかし、今度は法律まで変えて総理が何度も何度も必ず実施すると力強く言い放った消費税は先送り。それは公約違反そのもの。まさにアベノミクスが失敗に終わったのであれば、そのように認めて、与野党全員で我が国の今後の経済立て直しを議論し、政策を実行する真摯な姿勢が必要なのではないでしょうか。我が国の総理大臣は、我が国の「父」でありえる威厳と信頼に満ちた言動をとるべきなのではないでしょうか。
憲法改正に対しても、「憲法審査会で議論する」と話されていましたが、憲法審査会は実質的な議論を1回も行わず150日間の国会を閉じてしましました。私は憲法審査会の幹事として、総理がおっしゃっていることと、与党がやっていることが全く違うことに大きな憤りを感じています。憲法改正を重点政策にかかげるのであれば、堂々と参議院選挙において議論をするべきです。
現在の我が国は1062兆円という巨額の国の借金や少子高齢化など、解決をしなければならない課題は山積しています。将来を担う大切な子ども達に夢や希望を持ってもらうためにも、今、この選挙で問うことを正直に、ブレないで語るべきではないでしょうか。「利権・バラマキ・先送り」の姿勢では、新たに有権者になる青年たちに示すことはできません。党利党略ではなく与党も真正面から論戦に応じるべきと考えます。


このページのトップへ

2016_06_20_東松山駅頭

6月20日(月)、30度を超える暑い日が続きますが、夏の暑さはこれから。ここのところ民進党の広報カーで10区内を回っています。手を振りながら窓を開けていても気持ち良く。1年半前の衆議院議員選挙は12月で本当に寒かった!
今日は吉見町・東松山市が中心。夕刻、駅東口で1時間ほどの街頭演説。南から大きな黒雲が近づいてきて。終了直後、途端に嵐のような雨と風。歩いていた方々は大丈夫だったろうか。
22日からは参議院選挙がスタート。経済政策と憲法改正が問われる選挙。安倍政権の暴走に歯止めをかけ、格差をなくして「成長と分配」を進めるべく、私もしっかりと訴えてまいりたい。


このページのトップへ

2016_06_18_川越地協

6月17日(土)、今日は今シーズン最高に暑い一日。連合埼玉川越・西入間地域協議会2016年組織代表者会議が坂戸市文化施設オルモにおいて開催されました。瀧澤成光議長のご挨拶の後、大野元裕参議院議員・小宮山泰子衆議院議員をはじめ、市町議会議員の方々がそれぞれに活動報告。民進党がスタートして初めての出席となりましたが、川越市・坂戸市・毛呂山町の議員からの報告も、それぞれの地域の特色があり参考になりました。

2016_06_18_松坂県政報告会

松坂喜浩埼玉県議会議員の県政報告会。私にも国政報告の時間をいただきました。多くの方々がお見えになって盛大に開催されました。


このページのトップへ

2016_06_17_商工会青年部OB会

6月16日(金)、商工会青年部OB会総会が市内松音家において開かれました。吉田信也会長を中心に50名ほどの会員が出席。日頃から商工会青年部活動を支援し、市や商工会が開催している様々な事業に参画しています。
今年の商工青年の主張大会には第2ブロック予選会に根岸岳人部員が挑戦。今日の発表は素晴らしい内容のものでした。健闘をお祈りします!


このページのトップへ

2016_06_16_比企食品衛生協会総会

6月15日(水)、比企食品衛生協会定期総会が開催されました。当協会は食の安全のために各市町において、保健所を中心に講習会や業態者検診を積極的に行っています。国においても食品の安全性確保のために、最新の科学的知見に基づき消費者や生産者、食品関係者と幅広い関係と情報を共有しながら施策を展開しなければならないと考えています。

今日は総会において、長年協会発展のためにご尽力された方々に保健所長から表彰状の伝達が行われました。受賞された方々にお祝い申し上げますとともに、今後のご活躍を儀祈念申し上げます。

竹間明会長をはじめ、皆様とゆっくりとご意見をいただき、意義な情報交換会となりました。


このページのトップへ

2016_06_12_柔道大会

6月12日(日)、第44回東松山市少年少女柔道大会が東松山市武道場において開催されました。私は東松山市体育協会会長として激励のご挨拶を申し上げました。

2016_06_12_テコンドー大会

また、市民体育会館においては第5回東松山市テコンドー選手権大会が開かれました。私は東松山市テコンドー協会最高顧問として出席しご挨拶。4歳のかわいらしい選手も登場。楽しい大会となりました。
テコンドー協会の磯部成文会長は世界選手権大会において優勝経験を持つ、投資を代表するアスリートです。来月7月9日に開催される東松山市市民総体育大会開会式において講演をいただきます。世界大会チャンピオンになるまでの道のりや、テコンドーの楽しさ等、スポーツに関してお話をいただきます。皆様のお越しをお待ちいたします。


このページのトップへ

2016_06_06_日体協理事会

6月6日(月)、平成28年度公益財団法人日本体育協会第2回理事会が開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席。

今日は平成27年度事業報告及び決算について等の議案が審議されました。

2016_06_06_樋口先生と

日本体育協会は、創立100周年を契機に、これからの100年においてスポーツが果たすべき社会的使命を謳った「スポーツ宣言日本」を発表しました。今後も、スポーツ庁との連携・協力を進めるとともに、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会及び2021年開催の関西ワールドマスターズゲームズ2021の成功に向け、各組織委員会と連携を図ってまいります。


このページのトップへ

2016_06_05_8町内合同防災訓練

6月5日(日)、地元8町内合同防災訓練が開かれました。「備えあれば憂いなし」の言葉にあるように、日頃からの訓練と備えは大切です。特に訓練では近所の方々との連携もあり、地域コミュニティーの推進にも大きな役割を果たします。消防職員、婦人会等ご尽力をいただいた方々に感謝を申し上げます。

2016_06_05_小野次郎先生

午後からは民進党の同志である小野次郎参議員議員の国政報告会に出席、激励のご挨拶。応援してまいります!


このページのトップへ

2016_06_04_日スポ委員総会挨拶

6月4日(土)、昨日の日本スポーツ少年団青少年スポーツ振興プロジェクト会議、日本スポーツ少年団常任委員会に続いて、今日は平成28年度日本スポーツ少年団第1回委員総会が開催され、私は本部長として出席しました。全国道府県のスポーツ少年団の代表者が一堂に会し、平成27年度日本スポーツ少年団活動報告及び決算について、平成29年度日本スポーツ少年団活動計画及び予算要望の編成について等の審議が行われました。

2016_06_04_委員総会全体

日本スポーツ少年団は全国約70万人の団員、33,000団を有し、約20万人の指導者と共にスポーツを通して青少年の健全育成活動を進めています。本年は第9次育成5ヵ年計画の最終年となり、来年度スタートする新たな計画策定を行っています。本年度はWeb登録運用開始をはじめ、アクティブ・チャイルド・プランの実施等、新たな事業を手掛けています。
近年、青少年を取り囲むスポーツ環境が大きく変化していく中で、将来に向けてスポーツ少年団の果たすべき役割も見直されなければなりません。現在、日本スポーツ少年団スポーツ振興プロジェクトにおいて、近年の各都道府県の団員減少傾向など詳細にわたり調査を行っています。過去の推移を検証し、今後の発展に結びつけていかなければなりません。
今日の委員総会では、幼児期からの団員の確保や、今まで行なっていた事業の見直し等積極的な発言もいただきました。
本年は各ブロック、全国各地域の指導者の方々のご意見をしっかりお聞きし、10次育成計画に盛り込んでまいりたいと考えています。


このページのトップへ

2016_06_01_文部科学委員会

6月1日(水)、1月4日からスタートした第190回通常国会が150日の会期をもって閉幕しました。昨年、野党が求めたにもかかわらず、臨時国会は開会されず、年明け早々に開会された異例の国会でした。今日は文部科学委員会に始まる。

2016_06_01_科技特委員会

科学技術・イノベーション推進特別委員会。

2016_06_01_憲法審査会

憲法審査会。

2016_06_01_アップ

憲法審査会は、党首討論で安倍総理が我が国の憲法改正については「憲法審査会でしっかりと議論を重ねていく」と話していたにもかかわらず、1回も開かれないまま終了してしまいました。残念でなりません。

2016_06_01_代議士会

その後、代議士会に続いて本会議。閉会中審査に関する件等の採決が行われました。

2016_06_01_両院総会

そして、民進党両院議員総会。来るべき参議院選挙に向けて一致団結のガンバローコールで締めくくり。
昨日は「安倍内閣不信任決議案」が提出されましたが、与党の反対多数で否決されました。安倍内閣を不信任すべき理由の一つは、アベノミクスの破たんと、その必然の帰結たる10%の消費税の先送りです。そしてその先送りの理由を、自らの経済失策ではなく、世界経済のせいにして責任を回避しようとする、その安倍総理の政治姿勢そのものにあるといえます。
安倍総理は2014年11月、10%への消費税の延期を表明されたときに、「再び延期することはない」と断言されましたが、アベノミクスが本当に実を結んでいるのならば再延期の必要など全くありません。再延期するのであれば、それは「アベノミクス」が失敗したことを総理自らが認めたことになるのではないでしょうか。これは公約違反に他なりません。
伊勢志摩サミットにおいても、総理の言う「世界経済の危機」に対して、イギリスのキャメロン首相やドイツのメルケル首相から異論が出たと海外メディアは報じています。サミット直前に発表された月例経済報告の認識とも違い、政府部内からも批判が起きています。サミットを政治利用して、消費税再延期を行った総理の責任は重いと言わざるを得ません。
我々民進党は、「安倍強権政治」に対峙し、我が国の道筋に誤りなきよう、国是たる平和主義と民主主義、立憲主義を守り、「普通の人が豊かになれる社会」を実現してまいります。


このページのトップへ