2016_07_30_挨拶

7月30日(土)、日本スポーツ少年団第43回日独同時交流日本団結団式が、国立オリンピック青少年総合センターにおいて開催されました。

2016_07_30_全体挨拶

私は日本スポーツ少年団本部長として、村田久忠団長をはじめとする80名の団員にご挨拶を申し上げました。

2016_07_30_ドイツ派遣団全員

この日独同時交流は、日本スポーツ少年団とドイツスポーツユーゲントが実施する、スポーツを通した青少年の国際交流事業です。過去42年間にわたり本事業は実施され、参加した団員と指導者が、両国合わせて1万名を超え、歴史ある「草の根外交」の役割を果たしてきました。先日はドイツ団が日本に到着いたしました。

毎年、この交流事業を成功させるために、ドイツと日本の両国において、受け入れを担当する関係者の方々や、受け入れ家庭の皆さんなど多くの方々が、貴重な時間をさいて様々なプログラムを計画していただいています。

明日の朝、ドイツに向けて18日間の旅が始まります。72万名を有する日本スポーツ少年団の代表として実りある経験を積み、夏休みの素晴らしい思い出となることを期待しています。


このページのトップへ

2016_07_28_式典あいさつ

7月28日(木)、サンポートホール高松ににおいて、第54回スポーツ少年大会開会式が開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長としてご挨拶を申し上げました。

2016_07_28_高松・スポ少全体

この大会は全国の小学生から高校生までの幅広い年代の団員たちが一堂に集まり、様々な活動を通して、全国の仲間たちとの交流の輪を広げ、地域における団活動の活発化をはかってほしいとの願いから、1963年に静岡県国立中央青少年の家で開催され、今回で54回目となりました。以来、スポーツを愛する多くの関係各位に支えられ、長い歴史と伝統を誇る大会となりました。

本大会は「スポーツとアートでかける笑顔の架け橋 香川から」のテーマのもと、「シップス活動」・「瀬戸内国際芸術祭の視察」・「キャンプファイヤー」などの文化・スポーツ交流活動をはじめとする多彩なプログラムが用意されています。

ぜひ、この4日間、全国の仲間と交流の輪を広げ、夏休みの素晴らしい思い出となりますよう祈っております。

2016_07_28_太鼓


このページのトップへ

2016_07_25_ドイツ団歓迎

7月25日(月)、ホテルイースト21東京において、第43回日独スポーツ少年団同時交流歓迎式が開催れました。私は日本スポーツ少年団本部長として歓迎のご挨拶を申し上げました。

今年のドイツ団はアストリッド・ボナベントラ団長をはじめ団員・指導者・団長団と総勢125名。8月7日まで日本各地域に班別でホームステイをします。

全国それぞれのご家庭や地域の少年団の方々が、工夫を凝らしたプログラムと心温まるおもてなしを準備されています。お力添えをいただく皆様に心から御礼申し上げます。

団員の皆さんも楽しい思い出をたくさん残されるようご期待しています。

2016_07_26_インゴと

また、長年の友人であるインゴ・バイスドイツスポーツユーゲント本部長もお見えになりました。

インゴ・バイス本部長はドイツバスケットボール協会会長として日本を訪日中で、久しぶりにお会いし旧交を温めることができました。


このページのトップへ

2016_07_24_郡民バスケ

7月24日(日)、比企郡民バスケットボール大会が吉見町体育館で開催されました。この大会は尾崎豊比企バスケットボール協会会長が中心となり比企郡での第1回の大会のなるもの。各町村から多くの選手が参加され熱戦が繰り広げられました。

2016_07_24_美保谷カラオケ大会
第29回三保谷地区カラオケ発表会。石原島恒夫公民館長をはじめ、地区の役員の方々のご尽力のもとに楽しく開催されました。私もご挨拶の中で鳥羽一郎の「兄弟船」の一節を披露。

2016_07_24_下唐子獅子舞

下唐古獅子舞。

2016_07_24_神戸獅子舞

神戸獅子舞。

江戸時代から伝わる伝統芸能。最近は継承する子ども達が少なくなって心配の声もありますが、暑い中、見事な舞を披露していました。地域の安寧を願って長年受け継がれてきた獅子舞。知り合いのお年寄りも、「私が子供のころから受け継いできたものを今、孫たちが行っている。」「孫はかわいい!」と目を細め、自らの子どもの頃を振り返っていました。

2016_07_24_正代祭りばやし

正代祭りばやし。地域の皆さんが参加され、大人も子供も山車を引っ張り和気あいあいに。

2016_07_24_今宿八坂神社天王様

今宿八坂神社天王様。見事な山車にびっくり!上部が回転できるようになっていて、後部には大きなブレーキもあってタイヤも鉄で昔さながら。来年はぜひ、引いている姿を見てみたい。

2016_07_24_小川七夕

小川町の七夕祭り。松本恒夫町長にもご挨拶。今年も多くの人出でにぎわっていました。
これから夏本番。各地域で祭りが開催されています。いずれも実行委員の方々や役員の方々がお世話をされています。暑い中、子ども達のために、地域のためにご尽力されている姿に頭が下がる思いです。


このページのトップへ

2016_07_23_長野市交流バスケ

7月23日(土)、今日は第24回長野市・東松山市親善交歓バスケットボール大会で東松山市体育協会会長として 歓迎のご挨拶。

2016_07_23_幸町夏祭り

そして幸町夏祭り。村田文一会長をはじめ町内会の方々のご尽力の下に今年も開催されました。

2016_07_23_日吉町カラオケ

そして東松山市における夏の最大イベント、天王様。私もカラオケで参加して。

2016_07_23_焼きそば焼く

今年も多くの方々がお見えになりました。私も各町内会にお伺い。

2016_07_23_天王様

明日も多くの方々がお見えになりますように!

 

 


このページのトップへ

2016_07_20_日体協理事会
7月20日(水)、公益財団法人日本体育協会平成28年度第3回理事会が岸記念体育会館において開催されました。今日の主な議案は第74回国民体育大会開催地(茨城県)の決定について、第76回国民体育大会開催地(三重県)の内定について他2議案と報告事項。
茨城県では夏秋国体は昭和49年に開催されて以来45年ぶり、三重県では昭和50年の第30回大会以来46年ぶりとなります。
国会事務所も参議院議員選挙後で衆議院は閉会中とあって閑散として。私もコツコツとサポーターに入会していただいた支援者のお宅にご挨拶に伺う日々。秋の臨時国会は9月12日頃から予定されるとか。夏祭りも始まり、あっという間に夏も過ぎてしまいそうで、短い夏をしっかりと活動してまいりたいと考えています。


このページのトップへ

2016_07_17_小川赤十字新病棟

7月17日(日)、小川赤十字病院新中央病棟竣工式が関係の方々が出席され盛大に挙行されました。地域医療の核となる新病棟が完成し、心からお祝いを申し上げます。今後も医療・福祉・保健の三位一体の推進のかなめとなって、郷土の方々にこよなく愛される病院として発展されることをご祈念申し上げます。

2016_07_17_式典
今日は、比企交響楽団演奏会、東松山写真クラブ写真展、東松山ユンゲルコール、湖畔団地夏祭り、東平八雲神社まつりといろいろな会場にお伺いしました。

2016_07_17_湖畔団地夏祭り
今日はこの夏、私にとって初の夏祭り。これから夏休みになって各地で賑やかな祭囃子と子どもたちの元気な声が聞こえてくるでしょう。

2016_東平役も神社まつり

夏、到来!


このページのトップへ

2016_07_16_ライブ オン セミナー
7月16日(土)、日本スポーツ少年団主催のライブ オン セミナーが全国22会場で開催されました。このセミナーはスポーツ少年団の指導・育成に携わる指導者・母集団及び保護者を対象として、スポーツ活動時の熱中症予防・対策及び最新の指導法に関するセミナーです。
今日は私から、「日本スポーツ少年団の理念について」、松本孝朗中京大学教授から「スポーツ活動中の熱中症予防について」、矢野宏光高知大学准教授からは「アンガーマネジメントについて」の講演を行った後、各会場からも質問やご意見をいただき、双方向で議論することができました。
この事業は大塚製薬株式会社の協力により、モバイル通信が可能な全国の複数施設(※事前に受信確認が必要)において、PC端末を通じて都内スタジオからの中継をライブ放映。モバイル通信(auカードを使用)が可能な施設を確保することができれば、会場の場所や広さ、参加人数はどのようにでも対応することができ、また、ライブ中継のため、質疑応答など双方向の情報交換が可能となります。
今日のセミナーが今後の指導に少しでもお役に立つことを願っております。暑い中、各地域でご参加いただいた方々に御礼申し上げます。


このページのトップへ

2016_07_15_青葉先生お祝い

7月15日(金)、東松山市紫雲閣において靑葉昌幸先生の「日本陸上競技連盟 功労賞受賞祝賀会」が盛大に開催されました。この功労賞は日本の陸上競技発展・普及に寄与・功績のあった方に授与されるもので、大正14年の陸連創立以来、古くはマラソンの父と言われた金栗四三氏、陸上の神様と言われた織田幹夫氏、人見絹枝氏が受賞されています。
靑葉先生は現在大東文化大学名誉教授。関東学生陸上競技連盟名誉会長。私は平成6年から4期16年東松山市長を務めましたが、先生はこの間15年間にわたり東松山市教育委員会委員に就任いただき、当市学校教育行政やスポーツ行政の進展にご功績を残されました。そして、公私にわたりご指導ご鞭撻をいただいた方です。
また、大東文化大学の陸上部監督時代には全日本大学駅伝4連覇を含む7回の優勝、箱根駅伝は連覇を2回達成されました。
この度の受賞を心からお祝い申し上げますとともに、今後もご夫婦そろって健康に留意され、益々のご活躍をされますようご祈念申し上げます!


このページのトップへ

2016_07_14_益城町小学校前

7月14日(木)、衆議院文部科学委員会委員現地実情調査が行われました。熊本県益城町立安西小学校を視察。安西小学校は教員43名、児童数776名。地震が発生して以来、益城町の指定避難所として多くの方々の生活の場になっています。

2016_07_14_高校説明

開新高等学校は教員90名、生徒数1,334名。

2016_07_14_体育館視察

旧校舎を中心に外壁の崩壊、天井壁や教室壁の落下、壁や柱に多数の亀裂が発生、窓ガラスの破損、屋上の水道設備破損による寮・図書館棟水損など、今後の学校運営に支障が生じていました。

2016_07_14_熊本城破損

加藤清正が築いた熊本城も地震で大きな被害が出ました。

2016_07_14_城の前・ヘルメット

大天守の鯱(しゃちほこ)など多数の屋根瓦が剥がれ落ちたほか、国重要文化財の長壁が長座100メートルにわたり倒壊しました。石垣も天守閣入り口や西出丸、備前堀などで崩壊、本丸入口にあたる御門周辺では通路をふさぐ形で石が散乱しました。

2016_07_14_松浦市意見交換会

鷹島神崎遺跡は、長崎県本土北部に浮かぶ鷹島の南岸東部に所在する蒙古襲来に関わる古戦場です。この海域は、弘安の役(1281年)の際に、元軍の船団が暴風雨により沈没した地点として伝えられており、古くから地元漁師によって壺類や刀剣などが水中から引き上げられていました。平成24年(2012年)には、水中遺跡として日本で初めて史跡に指定されました。この日は地元松浦市長・市議会議長・県議会議長をはじめ多くの地元関係者が出席し、私たちと意見交換を行いました。
今回の熊本・長崎県の視察においては、地震の被災を受けた多くの方々が今なお、体育館で段ボールスペースに囲まれたスペースでの生活を余儀なくされています。一刻も早く、仮設住宅の建設を急がなければなりません。与野党ともにお伺いした被災地の現況を改めて痛感するとともに、対策の早期実現を図っていくことをしっかりと政府に伝える視察となりました。


このページのトップへ

2016_07_10_埼玉県スキー連盟80周年

7月10日(日)、ホテル「ラフレ さいたま」において埼玉県スキー連盟創立80周年記念式典並びに祝賀会が盛大に開催されました。私は公益財団法人全日本スキー連盟副会長としてご挨拶を申し上げました。

2016_07_10_鏡割り

祝賀会には上田清司埼玉県知事も駆けつけていただきました。私は70周年の県連会長でもあり、10年前を思うと大変に懐かしい。当時の役員の方々にもお会いでき同窓会のような雰囲気の中、和やかな祝賀会となりました。
埼玉県はいわゆる「雪なし県」ではありますが、競技大会も数多く主催し、多くのアスリートを輩出してきました。そして全国でも有数の指導員を誇っています。競技力の向上と普及振興が両輪の輪のごとく発展してきました。今日までご尽力をいただいた先人、先輩の方々に対し心から敬意と感謝を申し上げます。今後のさらなる発展をご祈念申し上げます。

2016_07_10_大野先生万歳

参議院議員選挙も開票日を迎えました。大野元裕候補当選!

2016_07_10_大野挨拶

18日間にわたる激戦が幕を閉じました!


このページのトップへ

2016_07_09_市民総合体育大会総合開会式

7月9日(土)、第45回市民総合体育大会総合開会式が東松山市松山市民活動センターにおいて開催されました。私は大会会長としてご挨拶。

2016_07_09_選手宣誓

市民総合体育大会は東松山市民約12,000名にのぼる方々が、スポーツ大会・レクリエーション大会に参加します。すでに開催されている団体もありますが、来年の冬に開催されるスキー大会まで、体協24団体・レク協14団体・スポ少36団体の加盟団体において熱戦が繰り広げられます。今日の選手宣誓はスキー連盟とエアロビック連盟。暑いのにスキーウェアを着て宣誓し会場を沸かせました。体育大会に参加される選手の皆さんが、思い出に残る楽しい最高のパフォーマンスを発揮されることを願っています。


このページのトップへ

2016_07_03_浦和駅東口街頭

7月3日(日)、午前中は浦和駅東口において民進党の12時間リレー街頭演説。さすがに日曜日の浦和駅は人出も多い。炎天下の中での街頭演説は汗びっしょりになって、しかも額の汗のせいかよく日に焼ける(塩ふっているようなものか…魚じゃないけど)。民進党のボランティアの方々も熱心で頭が下がります。

2016_07_03_オリンピック結団式

午後3時、国立代々木競技場において第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)結団式・壮行会が挙行されました。

2016_07_03_壮行会

南米初となる第31回オリンピック競技大会までいよいよ1ヵ月となりました。日本選手団は橋本聖子団長の元、300名以上の選手を派遣することが決定しています。今日は皇太子殿下同妃殿下のご臨席を仰ぎ結団式が挙行されました。そして松岡修造応援団長のもと、1万人の駆けつけていただいた応援団から「届け!勇気!」と熱い大声援が選手の皆さんに送られました。国民に夢と感動を与えてくれるスポーツの祭典、オリンピック。体調を整え最高のパフォーマンスを発揮していただきたいと願っています!


このページのトップへ

6月2日(土)、民進党広報宣伝カーが地元へ。

2016_07_02_東秩父街頭

2013年の夏の参議院議員選挙の時、「アベノミクスの是非」が争点でした。総理もそのようにおっしゃっていました。

2016_07_02_マミー前にて

その半年後、選挙時には一言もふれていなかった特定秘密保護法を強行採決しました。

2016_07_02_踏切前にて

そして1年半前の衆議院解散総選挙でも安倍総理は「アベノミクス、この道しかない」と訴えたのは経済のみでした。

2016_07_02_東松山駅

その直後から、選挙では隠していた集団的自衛権を認める憲法違反の安保法制を大多数の国民の声を押し切って強行採決しました。

今回の選挙も経済だと安倍総理はおっしゃっていますが、本音は憲法改正。「2度あることは3度ある」。

私は、安倍総理の改憲隠しに騙されてはならないと考えます。改憲の必要性を考えるのあれば、岡田代表が申し入れをしているテレビ等のメディアを通して堂々と代表討論を行い、しっかりそして真剣に議論して国民に審判をゆだねるべきではないでしょうか。安倍総理の「この道」は「戦争への道」か。将来を担う大切な子どもたちのためにも、立憲主義・平和主義・民主主義を守る民進党の存在が必要です。選挙戦も中盤となりました。埼玉県選挙区大野元裕参議院候補者のさらなる支援、そして全国区では同志の小野次郎候補者の支援を力強く行ってまいります!


このページのトップへ

2016_06_30_大野候補と

6月30日(金)、参議院選挙も9日目を迎え折り返し地点。

2016_06_30_二人で

今日は埼玉県選挙区、民進党公認大野元裕候補者と共に遊説へ。

2016_06_30_大野候補と共に

街頭演説も10ヵ所を超え。

2016_06_30_街頭梅林堂前

埼玉県選挙区は3人区に民進・自民・公明・共産をはじめ多くの立候補者がしのぎを削る激戦区。

2016_06_30_大野街頭坂戸支援者

私の支援者の方々にもお越しいただいて。力いっぱい応援します!
戦後70年、私たちは今、大きな分岐点に立っています。急激な人口減少、膨大な国の借金、経済の長期停滞。こうした根本的な問題が解決されないまま、多くの子どもや若者が、その可能性を発揮できずに、未来への希望を失っています。
戦後日本人が育み、培ってきた「立憲主義」「平和主義」「民主主義」といった基本的な価値や権利が脅かされています。
この深刻な状況を前に、私たちは強い危機感と使命感を持って、自民党に代わって政権を担う新たな政党「民進党」を結成しました。「自由」「共生」「未来への責任」。これが民進党の理念です。今回の参議院議員選挙は日本の将来を決める大切な選挙です。


このページのトップへ