7月23日(日)~28日(金)、衆議院海外派遣議員団(文部科学委員会班)の一員として(自民党・民進党・共産党所属議員)民進党を代表してフィンランド・スペインの教育・文化・スポーツ行政の視察を行いました。

ヘルシンキまでは10時間20分のフライト。

時差は日本より6時間遅い。

山本駐フィンランド大使ご夫妻囲んで。

フィンランド教育庁訪問。

サム・セイトサロ国際化局長からフィンランドの教育、文化、スポーツ、青少年教育について説明と質疑応答。

フィンランド議会を視察し、ラウスラハティ教育文化副委員長から教育行政について説明と質疑応答。

ヘルシンキ大学を視察。サリ・リンドブロム副総長から説明と質疑。

 

ここヘルシンキ大学は1640年に設立されたフィンランド最古・最大規模の総合大学。約40,000人の学生及び研究者が所属し11学部を有します。
この大学では1980年来以来日本語をはじめ日本学講座を設け2015年から日本語教育資格の授与も開始。

現在は教養学部世界文化学科アジア学で日本語教育を行っています。

ヘルシンキ・メトロポリア応用化学大学視察。

ハンヌカイネン・ヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学国際関係学部長及びビルクナ研究開発イノベーション局長からレク。

当大学は2007年に設立され、約16,000人の学生を有するフィンランド最大の専門職大学です。

文化・ビジネス・医療等の高度職業人養成について、一般大学との共存等意見交換を行いました。

 

我が国でも、先の通常国会で、専門技術などを持って新たな価値を創造することができる専門人材を養成するための専門職大学を新たに制度化する「学校教育法の一部を改正する法律」が成立しました。
この専門職大学が我が国においてしっかりと制度化され、運用されるためにも、フィンランドで伺ったことを踏まえてチェックしてまいります。

 

フィンランドからスペインに移動。

水上駐スペイン大使と共に。

日本との時差は7時間スペインが遅く。

マドリードにあるスペイン教育文化スポーツ省視察。

ホセ・マヌエル・ロペス官房長から学校教育全般について説明と質疑。

文化庁視察。

エリサ・ザ・カボ・デラ・ベガ国際協力・教育対外促進担当次長からスペインの学校教育制度(学校体系の組織・教育に関する最低基準の設定・全国的な教育計画)、スペインの文化資源の保存・活用等の文化振興・スポーツ政策の企画立案等についてと説明と質疑。

 

バルセロナ自治大学視察。

マルティネス国際関係担当副学長から説明と質疑。

当大学は1968年設立の公立大学。メインキャンパスはバルセロナ近郊に位置し、40,000人以上の学生・研究者を有しています。翻訳・通訳学部の東アジア研究学科には日本語コースが設けられています。

2017年のタイムズ社世界大学ランキングではスペインの大学で1位。

世界遺産「サグラダ・ファミリア教会」。

 

サグラダ・ファミリアとは、ヨセフ、マリア、イエスからなる聖家族を意味します。

宗教書籍を扱う書店主であったボカベージャの着想で、1882年に建築家ビリャールが着工、翌年ガウディに引き継がれました。

それ以降ガウディは宗教知識を深め、1926年に73歳で没するまで聖堂建築に没頭。現在も約17,000㎡の敷地内ではガウディが残した設計図や模型を元に建設が続けられています。

そして現在、なんとサグラダファミリアの主任彫刻家は日本人の外尾悦郎氏。本人からの説明をいただきました。

外尾悦郎氏が西端の門の15体の天使像の作成や門扉の作成設置、尖塔の果物の彫刻を行う等活躍を続けています。

 

 

尖塔の果物の彫刻。

門扉の前で説明される外尾氏。

外尾 悦郎氏は1953年生れ。
福岡県福岡市出身の彫刻家でスペイン、バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。非常勤講師を経て、1978年バルセロナに渡りアントニ・ガウディの建築、サグラダ・ファミリア教会の彫刻に携わり多くの作品を制作。

そのうちの15作品が、2005年にユネスコの世界遺産に認定された「生誕の門」に残されています。

これまでにリャドロ・アート・オブ・スピリット賞(2002年)、カトリック文化国際賞(2011年)、ミケランジェロ・ディ・カララ賞(2012年)、2014年にはガウディ・グレソル賞を受賞されました。
また2012年、国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選ばれました。

今回、世界を代表する彫刻家、外尾悦郎氏からガウディの世界観・宗教観・人生観をお伺いし、自らの彫刻の解説をいただいたことは大変に光栄でした。

さらに一人で40年間にわたり彫刻活動を続けてこられた外尾氏の人生観から、「人としての生き方」「社会の在り方」等を教えていただきました。

まさに感動的な時間、外尾氏に対して心から感謝申し上げます。

バルセロナ日本人学校視察。

渡部恵志校長からレク。

校内視察後、全職員との意見交換会。

現在小学部42名、中学部6名の生徒が在学。

1986年に設置、1986年外国人学校として認可登録。

学校の運営責任者は粕谷清徳学校運営委員会委員長。

運営費用は、日本政府からの補助金、企業寄付金、授業料、海外子女教育財団からの援助で行われています。

今回の視察を通して、まず大使館や領事館をはじめ海外で働く職員や、外尾氏をはじめとする建築家や日本人学校の教員等、我が国の発展・世界平和のために活躍されている多くの方々に深く敬意を表します。

また、フィンランドやスペイン政府の学校教育・スポーツに関する様々な現状を伺い、我が国の行政との違いを認識させていただきました。

人口規模や国力、歴史等各国に違いがある中、それぞれ国民のための教育がいかに行われているか現状を知ることができました。

特に今回の派遣では、3か所の大学を視察してまいりました。大学など高等教育の在り方は我が国にとっても重要な課題であるとともに、私自身の最重要課題に掲げており、最近では各党も取り組み始めている「教育の無償化」の議論にも関係します。

フィンランド・スペインの大学の取り組みなど高等教育の制度も踏まえ、我が国の高等教育の改善に取り組んでまいりたいと考えます。

これらを生かして、今後も文部科学委員会でしっかりと提言してまいります。


このページのトップへ

7月21日(金)、(公財)全日本スキー連盟加盟団体事務担当者会議が岸記念体育会館において開催されました。

私は副会長として御礼のごあいさつ。

主な議題は平成30年度会員登録・競技者登録方法について、競技本部の研修・検定・講習会の開催通知に関して、SAJマーケティングについて他。

暑い中全国からご出席をいただきありがとうございました。スノースポーツをこよなく愛する事務担当者の方々に支えられてすべての大会や行事が遂行できます。

今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします!


このページのトップへ

7月19日(水)、国会閉会中とあって静か。

今日は衆議院参事からレク。

地元の方々が国会見学にお見えになり私がご案内。

幹事長室で野田幹事長と写真。

 

遠くから暑い中ありがとうございました!

 


このページのトップへ

7月18日(火)、品川プリンスホテルにおいて公益財団法人日本体育協会臨時評議員会並びに理事会が開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席しました。

評議員会では平成29年度第1次補正予算、評議員候補者の推薦が議題。

理事会では平成32年に開催される第75回国民体育大会が鹿児島県に決定。

第77回国民体育大会は栃木県に内定しました。

 

 


このページのトップへ

7月15日(土)、民進党埼玉県支部代5回常任幹事会が埼玉会館において開かれました。

私は10月30日(月)に開催される「政経文化の集い」実行委員長を務めさせていただきます。

公益財団法人全日本スキー連盟平成29年度臨時評議委員会が品川プリンスホテルにおいて開催されました。

私は副会長として出席。

〇評議員候補者の推薦について 〇役員選考委員会委員について賛同をいただきました。

その後理事会。

 

地元紫雲閣で松山高等学校25期会同窓会。

発起人代表は新井クリニック新井稔明君。

久しぶりに会う友人と和気あいあいに話が盛り上がりました!


このページのトップへ

6月14日(金)、日本郵政グループ労働組合埼玉連絡協議会第10回定期連絡総会が、さいたま市ラフレ・さいたまにおいて開催。

民進党、埼玉支部15総支部長が紹介されました。

夕刻から「松坂よしひろ県政報告会」。

日頃からなる支援者の方々が出席。私も応援のごあいさつ。

今日も多くの方々にお会いし、お話を伺うことができました。


このページのトップへ

7月10日(月)、衆議院文部科学委員会・内閣委員会連合審査会。

「文部科学行政の基本姿勢に関する件(国家戦略特区における学部新設について)」4時間の参考人質疑が行われました。

今回の連合審査は文部科学委員会が主となるために、文部科学委員会理事会が8時40分に開かれましたが、与党から資料の提示に同意できない旨の意見があり、理事会での話し合いが続き9時のNHKテレビ入りスタートが30分近く遅れて開会されました。

理事会室前には多くの報道陣が詰めかけていました。

「加計学園ありき」「背後に官邸の動きがある」と答弁をされた前川前事務次官。

政府側からの答弁は「記憶にございません…」があまりにも多く。

総理が「真摯に丁寧に説明をする」とおっしゃっているにもかかわらず、「総理不在」で開かれた連合審査会。

山本大臣が5分近く答弁を棒読みされたときに、私も委員長に詰め寄って答弁を簡潔にするように要求。

今後も予算委員会や証人喚問をしっかりと求めてまいります!


このページのトップへ

7月9日(日)、ホテルラポール麹町において、日本スキー指導者協会平成30年度第1回理事会・総会・懇親会が開催されました。

私は会長として出席。平成29年度事業報告・決算報告及び平成30年度次号計画・予算、そして役員改選案が審議されました。

会長 坂本祐之輔

副会長 藤島勝雄(北海道) 半沢進(宮城) 山崎一正(東京) 水島秀夫(神奈川)

理事長 水島三千夫(神奈川)各氏をはじめ役員が選任されました。

私も田英夫前会長の後任として、当協議会の会長に就任させていただきました。

引き続き、スキースポーツの普及振興及び発展に微力ではありますが全力で尽くしてまいります。

懇親会の席には、菱沼信夫東京都スキー連盟会長をはじめ、東京都スキー指導者協会の方々のご臨席をいただき、有意義な情報交換の場となりました。

 


このページのトップへ

7月8日(土)、第38回埼玉県スポーツ少年団<小学生>ソフトテニス交流大会開会式が東松山市営コートにおいて開催されました。

私は東松山市スポーツ少年団本部長として歓迎のご挨拶。

朝から大変に暑い日となりましたが、子どもたちは元気よくプレー。

高橋洋明委員長をはじめ指導者・保護者の皆さん、子ども達のためにありがとうございます!

 

第46回東松山市民総合体育大会総合開会式・表彰式。

先立って、ソチオリンピック ボブスレー日本代表として活躍し大東文化大学において教鞭をとられている佐藤慎太郎先生から「効果的に運動するための豆知識」として講演をいただきました。

そして開会式・表彰式。

式典では長年にわたり指導者として活躍されてきた方々、県内外において素晴らしい成績を残されたアスリートの方々に今表彰状の伝達を行わせていただきました。

今後とも健康にご留意され益々のご活躍をお祈り申し上げます!

(以下、ソフトテニス大会での1分半のご挨拶)

 

 

 


このページのトップへ

7月7日(金)、岸記念体育会館において平成29年度日本スポーツ少年団正副本部長会議が開かれました。

日本体育協会からは泉副会長・河内事務局長・菊池地域スポーツ推進部長・奈良課長が出席。

〇日本スポーツ少年団の概要について 〇日本スポーツ少年団第10次育成5ヵ年計画について 〇日本体育協会公認スポーツ指導者制度の改定について 〇平成29年度の大会等への対応について、報告と意見交換が行われました。井上征三副本部長(西日本選出)が留任、森島堅二副本部長(東日本選出)と萩原美樹子副本部長(学識経験選出)が新任となりました。


このページのトップへ

7月6日(木)、今日は午前中に文部科学委員会の野党理事懇談会(野理懇)と理事懇談会(理事懇)。

都議会議員選挙の結果を受けて、与党側から来週の月曜日の委員会を開催して、加計学園に関する参考人質疑が開かれます。

私たちは総理が「真摯に丁寧な説明をする」とおっしゃっていたにもかかわらず、総理不在で、しかも予算委員会でなく内閣・文科連合審査では納得はできませんでしたが、それでも国民の皆様に説明責任を果たしていただけるよう開くことに同意させていただきました。

もちろん、これで終わりではなく今後もしっかりと総理に対して質してまいります。

今日は地元から青年会議所OBの方々が国会見学にお見えになりました。


このページのトップへ

7月5日(水)、今日は来週月曜日に文部科学・内閣委員会連合審査会が開かれるために打ち合わせ会議。

国会も休会中とあって静か。

私が所属する委員会等に関係する異動になった職員の方々が、ご挨拶に入れ替わりお見えになりました。

7月2日投開票となった東京都議会議員選挙。

私は練馬区の「藤井とものり」候補のリーダーとして選挙終盤は連日応援に。

29,339票をもって当選を果たすことができました!


このページのトップへ

7月1日(土)、日本スポーツ少年団主催、平成29年度スポーツ少年団「LIVE ON SEMINAR」(ライブ・オン・セミナー)が、大塚製薬の特別協賛をいただき今年も全国の会場に参加しているスポーツ少年団の皆さんや指導者の方々と意見交換を行いました。

私が会長を務める東松山市ボウリング連盟総会。

8月27日(日)にアイビーボウル北本において東松山市ボウリング選手権大会を開催いたします。

多くの方々のご参加をお待ちしております!

 

 


このページのトップへ

6月30日(金)、伊香保「天坊」において2017年度JAM北関東埼玉県連北部地区協議会夏季研修会。

国政報告を申し上げさせていただきました。

 


このページのトップへ