* RSS FEED

 

9月28日(木)、今日から秋の臨時国会がスタートするはずの日。

衆議院解散となりました。

「仕事人内閣」と言われた閣僚が一言も発っすることもできず、「森友学園」や「加計学園」の十分な説明も行われず審議拒否。

戦後、総理大臣が所信表明演説を行わず、さらに党代表質問も行わず解散をするのは初めてのことです。

さらに、野党も欠席の中で本会議を開いて解散。これも戦後初。

暴挙と言わざるを得ません。

そして北朝鮮からのミサイル問題。真に国難というのであれば、1年以上の任期を前倒しして解散などすることができないでしょう。

党利党略・私利私欲の解散は前回も同様。なぜ大義のない解散を600億円もかけて行うのか、全く理解ができません。

安倍総理の国政の私物化に他ならないと考えます。

私は衆議院として国会に送っていただき4年9か月。

多くの方々ご支援をいただき実りある国会活動ができました。

今日の日を新たなスタートとして初心に帰り志を遂げてまいりたいと考えます。

ご支援をいただいた皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました!


このページのトップへ

9月24日(日)、党遊説カーで10区(鶴ヶ島市・坂戸市・東松山市・吉見町・川島町・滑川町・嵐山町・小川町・鳩山町・ときがわ町)を走りました。

私の選挙区は鶴ヶ島市のように都内に近い地域から、ときがわ町のように風光明媚で美しい自然に恵まれた地域まで。生活文化や地域性も違います。

自転車のほうが便利であったり、歩いたほうが早かったりと、今まで多くの方々のご意見を伺ってまいりました。

おかげさまで5年目。これからもしっかりと皆様のお声を国会に届けてまいります。

 


このページのトップへ

9月23日(土)、今日も一日街頭演説。

「まちかど街頭演説」はできるだけ多くのまちかどで。

話したい事、報告したいことがたくさんあって一か所の時間が長くなりがち。

衆議院が解散されようとしています。

野党は、去る6月23日憲法53条に基づき、臨時国会召集要求書を提出しました。

この場合、憲法の規定は「内閣は招集を決定しなければならない」と規定しています。

にもかかわらず3ヵ月も放置し、ようやく招集するかと思えば、全く議論もせず冒頭解散しようとしています。

しかも8月3日には内閣改造を行い、自ら「仕事人内閣」と称しているにみかかわらず、国会においては大臣の所信すら述べていません。

新憲法下、内閣改造を含め新内閣で代表質問、予算委員会等国会論戦を経ない解散は戦後初めてです。

安倍総理は、「できるだけ丁寧に国民に説明する」と言ってきました。

全くの方便で、世論調査で多くの国民が「安倍総理の人柄が信用できない」と言っているのはまさにこういうことなのではないでしょうか。

与党内からも多くの疑問が喚起されています。

また、「森友問題」「加計問題」もまだ解明中です。

与党内からも追及逃れに移るという意見が出ています。まさに疑惑隠しです。

本来解散は憲法第69条に基づくか、もしくは国家の根幹にかかわる重要問題で国会が混乱したような場合、国民の審判を仰ぐものです。

任期が来年の12月まであるのに、約600億円もかけ、自己保身の恣意的な解散を行うことは許されるものではないと考えます。

 

 

 


このページのトップへ

9月22日(金)、今朝は2時間ほど東松山駅において街頭演説。

日中はまちかど街頭演説。

一日中立ちっぱなしできっと熟睡。

 


このページのトップへ

9月21日(木)、今日は一日まちかど街頭演説。

日中は日差しが強くなってきました。

時折行ういつもの場所での街頭演説は、声をかけてくださる方もいて。


このページのトップへ

9月17日(日)、第40回東松山ホーム敬老の集いが今年もにぎやかに開催されました。

式典の後に、五月会による「ふれあい合唱会」が開催され、私も以前の東松山ユンゲルコールのメンバーとして合唱に参加させていただきました。

先の大戦から日本の復興、郷土の発展のためにたゆまぬ努力を続けてこられた先輩の皆様。

ご尽力に深く感謝申し上げます。

今後もご健勝でありますようにお祈り申し上げます。

また、今朝の報道によると解散総選挙が来月行われるとのこと。この時期の解散は、北朝鮮が核実験を行って、日本を通過するミサイルを先日も撃ち、国際社会が非難をしている最中。Jアラートも発出をしているという状況の中で、政治空白をつくることはいかがなものでしょうか。おそらく、森友問題の会計検査院の発表、そして、加計問題の設置審(獣医学部設置の認可申請を審査する文部科学省の大学設置・学校法人審議会)が10月に行われるというなかで、国会の追及を逃げるための解散ではないのか。北朝鮮の状況などを全く度外視して、国民の生命・財産をそっちのけで、まさに自己保身解散に走っているとしか言えません。しかしながら解散となればしっかりと受けて立ってまいります!


このページのトップへ

9月16日(土)、三保谷地区体育祭。

来年度から三保谷小学校もあらたに「つばさ南小学校」としてスタートを迎えます。

今日は最後の体育祭。応援に駆け付けた方々も思いは万感。

石原島恒夫公民館長をはじめ実行委員会の方々のご尽力に敬意を表します!

三保谷村小学校のOBには、昭和11年のベルリンオリンピックで活躍を遂げた名スプリンターの鈴木聞太氏がいらっしゃいます。

ベスト記録は100m10”6 200m21”6 400m50”0。因みに卒業された現在の川越高校のベスト記録は100m 10”76。200m 22”17。 400m49”69。現在のトラックやスパイクなどの発達を考えると驚異的な記録。

素晴らしい卒業生がいると校長先生のごあいさつで紹介されました。

 

坂戸市スポーツ少年団発足20周年記念祝賀会が坂戸グランドホテルにおいて開催され、私は東松山スポーツ少年団本部長として出席。

大澤初男坂戸市スポーツ少年団本部長をはじめ、団関係者の長年のご尽力に敬意を表するとともに、お祝いを申し上げます。

今後も子ども達のために共に応援してまいりましょう!

(以下90秒の体育祭ご挨拶)

 

 


このページのトップへ

9月15日(金)、今日は一日国会事務所。

党総務部の決済や来客が続く。

国会事務所は各新聞テレビの報道関係者も多くお見えになります。

秋の臨時国会の焦点や政局の動きなど教えていただくことも多く。

私の衆議院所属委員会も文部科学常任委員会と科学技術イノベーション推進特別委員会。

国会開会も28日が予定、しっかりと臨んでまいりたいと考えます!

 

 

 

 

 


このページのトップへ

9月13日(水)、大岡運動広場において東松山市民総合体育大会ゲートボール競技が開催されました。

私は東松山市体育協会会長として出席しご挨拶。

卒寿を迎えられたお元気な選手の方々に表彰状の伝達を申し上げました。

今日は朝から暑く日差しが強い!

95歳になった女性の選手も元気よくプレー。さすが!大先輩に元気をいただきますね!

その後、今日もご挨拶周りを続けさせていただきました。


このページのトップへ

9月12日(火)、連日県内・地元にご挨拶伺いが続いています。

特に私が実行委員長を務める民進党埼玉県総支部連合会が主催となる「2017政経文化の集い」のご案内や日頃の御礼のごあいさつ。

井手英策慶応大学教授から「日本の未来に向けた新たな選択肢の提案」~支えあい、助け合う社会の実現に向けて~と題し講演をいただき、その後、懇談会を予定しています。


このページのトップへ

9月10日(日)、松本洋一氏瑞宝單光章受賞祝賀会が紫雲閣において開催されました。

松本洋一東松山消防団長は私が東松山市長在職中、16年間にわたり消防行政はもとより、地域発展のために公私に渡りご指導ご鞭撻をいただいた方です。

現在大岡地区区長会会長をはじめ、様々な役職に就かれ、地域にご貢献をいただいています。

今日はかっての消防関係者が一堂に会した同窓会によう。

今後ともご夫妻そろってご健勝にてさらなるご活躍をされますようにご祈念申し上げます。

おめでとうございました!

 


このページのトップへ

9月6日(水)、今週は埼玉県知事をはじめ、主にさいたま市に事務所を置く団体にご挨拶にお伺いしました。

来るべき10月30日月曜日に「2017政経文化の集い」が浦和ロイヤルパインズホテルにおいて開催されます。

18時から後援会、19時から情報交換会。

私は本年の実行委員長として、県内の主な団体の方々にごあいさつにお伺いいたしましたが事務局には以前から知っている方もいらっしゃって県内の情報をいただくこともできました。

昨年同様、盛大に開催できるようにスタッフの皆さんと共に頑張ってまいります!


このページのトップへ

9月1日(金)、民進党2017年9月臨時党大会が東京プリンスホテルにおいて開催されました。

今日は前原誠司候補と枝野幸男候補の代表選挙決意表明が10分間づつ行われ、その後、国会議員・支部長と投票を行いました。

 

決意表明はネット配信され多くの方々にもご覧になっていただきましたが、両候補とも素晴らしい演説でした。

新代表には前原誠司代議士が選任。

第3代代表に選ばれた前原誠司衆院議員は就任のご挨拶で「この場で政権交代を言っても、国民からは『何を言っているんだ』という状況だ。しかし自民党しか選ぶものがない。あるいは形の分からない何かに対する期待が高まっている。こんな危うい政治状況はわれわれの力で変えていかなければならない。自己責任型の冷たい社会ではなくて全ての人に不安から安心、希望をつないでいき、それが新たな社会の好循環を生んでいく」と、そういう社会を目指すべきだと語りました。
そのために今日から「『One for All』。皆さんのために、国民のために全てを捧げて働く覚悟である」と表明。一緒に戦った枝野候補に謝意を示すとともに、「枝野候補を応援した人々とも一緒になって、難しい局面をわれわれのためではなく、国民のために切り開き、この日が新たな政治の変わり目の日だったと後で言われるように皆さんがんばろうではないか」と呼びかけました。

民進党のさらなるスタート。一致団結して臨んでまいります!

 

 


このページのトップへ

8月31日(木)、民進党捕鯨議員連盟総会。

私は事務局次長として司会を担当。会長は高木義明元文部科学大臣。

ホテルニューオータニにおいて前原誠司党代表候補の総決起集会が開かれ、党内各グループの代表の議員等終結。

昨年の党代表選挙において、私は前原候補の世話人に名前を挙げさせていただきました。

今回も引き続いての支援です。いよいよ明日の臨時党大会で新代表が決まります。


このページのトップへ