* RSS FEED

7月11日(木)、鶴ヶ島市富士見活動センターの絵手紙サークル「みもざ」。

今日の題材は自由。

仲間の皆さんと楽しく談笑しながら。

「西郷どん」の人形を描いてみた。

これは最初に描いたもの。

 

でも顔を大きく描きすぎて失敗と思い、すぐに次の色紙に描いたらこじんまりとなってしまって、目力も小さめになってしまった。

もったいないから、最初に描いたものに色を入れたらそのほうがいいみたいで。

やっぱり第一印象で最初に描いたのが不思議といいんです。

絵手紙っておもしろい!

 


このページのトップへ

7月9日(火)、立憲民主党公認くまがい浩人候補者の遊説カーが10区(10市町)に入りました。

朝6時過ぎから東松山駅でのご挨拶。

地元議員の方々も応援に駆けつけていただきました。

10市町のまちかどに立って候補者と共に街頭から政策を訴え。

 

山あいの集落では、わざわざ家をお出になって聞いていただく方もいらっしゃって。

日が暮れて若葉駅。

 

1.暮らしから始まる経済成長へ

2、個人の可能性が芽吹く社会へ

3.原発ゼロを実現、新エネ・環境立国へ

4.透明性の高い「まっとうな政治」へ

5.平和を守る現実的な外交へ

通勤・通勤通学帰りの方々に訴える!

 

 


このページのトップへ

7月8日(日)、『中嶋裕子展-日本画-』が開かれお伺いしました。

繊細なタッチで描かれている日本画。

とても美しくこころが和みます。

私の知り合いの方々もいらっしゃって、一緒に美味しいコーヒーをいただきました。

第48回市民総合体育大会・第23回東松山市町内対抗戦ゴルフ大会が高坂カントリークラブにおいて、約300名の方々が参加され開催されました。

私は市民総体大会会長としてご挨拶。

今日は梅雨の時期にしては、雨も降らず曇り空で、盛夏の暑さでもなく、ちょうどよい天候。

スコアが悪くても天気のせいにはできませんが、一日芝の上を歩くだけでも健康にはいいですね!


このページのトップへ

7月6日(土)、第48回東松山市民総合体育大会総合開会式・東松山市スポーツ協会・レクリエーション協会表彰式が松山市民活動センターにおいて開催されました。

早朝からスタッフ・役員の皆さんにお手伝いをいただきました。

私は大会会長としてご挨拶。

優勝杯返還。

選手宣誓。

そして表彰式。

長年スポーツ・レクリエーションの発展にご尽力いただいた指導者の皆様、ありがとうございます。

今後も体調にご留意され、変わらぬご指導をよろしくお願い申し上げます。

また、昨年活躍されたアスリート皆さんのさらなる飛躍をご期待申し上げます。

スポーツ協会・レクリエーション協会の役員の皆様、一日お手伝いをいただきありがとうございました!


このページのトップへ

7月5日(金)、昨日は大雨のために掲示板のポスター張貼りも大変でした。

今朝は貼り残したところをチェック。

10区もこれで完了。

雨が降っていなければ作業も早く。

改めてボランティアの皆さんに頭が下がる思いです。


このページのトップへ

7月4日(木)、朝10時、さいたま市において立憲民主党公認候補「くまがい浩人」候補者の出発式。

私も激励のご挨拶。

雨の中駆けつけていただいた方々に感謝申し上げます!

そして、午後6時から大宮駅東口において出陣式。

私も応援のご挨拶。

現在の日本は、人口減少と高齢化、価値観やライフスタイルの多様化、生活の不安定化などの大きな変化にさらされています。

ひと握りの政治家による政治では、新しい令和の時代を切り拓くことはできません。

これからの日本には、大きなパラダイムシフト(社会の規範や価値観が変わること)が必要です。

さまざまな課題を可能性に変え、未来を切り拓いていくための、価値観と社会のありかたの転換。

その転換をみなさんと共に進めていきます。

「立憲民主党」は3つのパラダイムシフトを転換します。

1.ボトムアップ経済への転換

家計を豊かにすることを最優先にし、老後や子育て、教育などへの投資を強化することで、経済の6割を占める個人消費を回復させます。社会保障の充実と成長戦略は一体です。一人ひとりを豊かにすることを通じて持続的な成長を実現する、ボトムアップの経済政策に転換します。

2.多様性を力にする社会への転換

人口減少と高齢化の時代を迎えた日本にとって、多様な個人の可能性がこれからの力の源泉です。あらゆる分野での女性への差別をなくし、参画を進めます。価値観やライフスタイル、LGBTQ(性的思考・性自認)や障がいの有無、出自などによる差別を許さず、多様性を力にする社会へ転換します。

3.参加型政治への転換

立憲主義を回復し、政治への国民の信頼を取り戻します。進行しつつある社会の分断を乗り越えるには、一人ひとりの生活の声から始まる、参加型政治への転換が必要です。議会の行政監査機能、情報公開を強化し、国民投票や住民投票などによって多様な民意を受け止め、積極的な政治参加の機会を保障します。

 

今日、17日間の選挙戦の火ぶたが切られました。

参議院選挙は21日投開票。

今日は雨の降りしきる中、ポスター貼りのお手伝いをしていただいた皆さん、本当にありがとうございました!

多くのボランティアの方々の応援のもとに、選挙戦をしっかりと戦ってまいります!

 

 


このページのトップへ