* RSS FEED

 

9月15日(日)、東松山市エアロビック連盟主催の「ズンバ・エアロビック・簡単ストレッチ体験レッスン」。

私はレクリエーション協会会長としてご挨拶。

県内で人気のインストラクター4名の先生方が初心者や愛好者にレッスン。

皆さん楽しまれていました!

「週に一度はスポーツを!」ですね!

 


このページのトップへ

9月14日(土)、私が会長を務める東松山市レクリエーション協会主催の「ニュースポーツセミナー」が高坂地区体育館において開催されました。

所属団体の皆さんの参加をいただき「ボッチャ」と「ディスコン」を楽しみました。

私も参加。

初めてプレーしたボッチャはパラリンピック正式種目。

老人ホームなどでも行われているスポーツで、障がいをお持ちの方でも楽しめます。

笑い声あふれる楽しい競技。

最後は「みんなで踊ろう!オリンピック音頭2020」。

なんと、私がファンの加山雄三さんが歌ってました!

加山さんの民謡を初めて聞きました。


このページのトップへ

9月13日(金)、市民総合体育大会<ゲートボールの部>。

私は東松山市ゲートボール連盟の名誉会長を務めています。

今日はスポーツ協会会長とて主催者挨拶。

石川元一ゲートボール連盟会長をはじめ、各チームの皆さんが元気よく出場。

天気も涼しくスポーツ日和。

今夏の猛暑を乗り切って、元気にゲートボールスポーツを愛好される先輩の皆さんはスポーツ協会の牽引役ですね!


このページのトップへ

9月12日(木)、絵手紙サークル「みもざ」。

先生のデッサンを参考にして。

今日は和紙に、割りばしにタオル地の筆を作って、墨でデッサンして絵を描きました。

秋の味覚「さつまいも」は大好物!

皆さんと楽しく談笑しながら描くのが楽しいですね!

 


このページのトップへ

9月8日(日)、立憲民主党埼玉県連合運営委員会。

熊谷浩人県連合代表、田並尚明幹事長と。私は常任幹事に就任させていただきました。

そして、県総支部では13区支部長に三角創太さんが就任。

仲間も増えて元気にスタート!


このページのトップへ

9月7日(土)、加須ジョイナスボウルにおいて「キムスルギプロ&秋光楓プロ&川西亜美プロチャレンジ」が行われ、東松山市ボウリング連盟から梅沢夏実副会長が出場。

応援に伺いました。

プロの投げる球は着地音が全くないので、スーッと流れるようにボウルが回転していきます。

さすがにプロのプレーは勉強になります!

東松山市ボウリング連盟も、毎週、会員の方々が近隣のボウリング場で練習を重ねています。

仲間と楽しみながらスポーツを!

健康に一番ですね!


このページのトップへ

9月5日(木)、東松山市スポーツ指導者協議会第1回委員会が開かれました。

関克己会長をはじめ、各団体指導者代表の方々が出席。

今年度からスポーツ指導者協議会がスポーツ協会内の組織となったことにより、研修部会は専門委員会へと変更になり、新たに研修委員を選出することになりました。

指導者協議会がスポーツ協会内の組織に入ることにより、各団体の連絡や研修会をよりスムースに行えるようになると考えています。

また、スポーツ少年団も同様に組織内となりました。

基本的な活動は変わりませんが、スポ少も各団体や各団体指導者の方々との意思疎通や情報交換などが行えるようになります。

今後も、一丸となって「生涯スポーツ」の推進に力を注いでまいりたいと考えます。

 

 

 


このページのトップへ

9月2日(月)、立憲民主党埼玉県連合常任幹事会が県連合事務所において開かれました。

県連合代表には、先の参議院議員選挙において当選された熊谷浩人参議院議員が就任され、県連合もあらたにスタート。

県知事選挙も大野知事誕生に全員が一丸となって応援をさせていただきました。

今年の春の地方統一選挙をはじめ、それぞれの選挙にしっかりと結果を残すことができました。

国政においては、立憲民主党と国民民主党が統一会派を結成しました。

これは、『本年5月29日の「立憲野党4党1会派の政策に対する市民連合の要望書」に記された13項目にわたる政策要望を踏まえるとともに、立憲民主党の政策、すなわち、立憲主義の回復など憲法に関する考え方、いわゆる原発ゼロ法案等のエネルギー関連政策、及び、選択的夫婦別氏制度や同姓当事者間による婚姻を可能とする一連の民法一部改正法案等の多様性関連政策などにご理解ご協力をいただき、院内会派「立憲民主党・無所属フォーラム」に加わって、参議院でもともに闘っていただきたく、呼びかけをさせていただいたものです。(枝野幸男代表)』

今後はより強力な野党第一会派を作り、充実したより強力な国会論戦を実現できると考えます。


このページのトップへ