バックナンバー

* RSS FEED

4月20日(火)、宮崎よしお吉見町町長の2期目への出発式。

私も激励のご挨拶。

上田参議院議員・前埼玉県知事をはじめ近隣市長、議員の方々が激励に駆けつけました。

2期目に向けて堂々たる勝利を!

地元のポスター貼り。

40枚ほどのポスターをはりかえました。

暑かった!


このページのトップへ

このページのトップへ

4月16日(金)、ポスターの貼り替え、又は新規にご挨拶に伺い貼らせていただく。

この1年間は埼玉10区10市町のポスターを貼っていただいているすべてのお宅にご挨拶。

あまりにも暑かった昨年の夏は、麦わら帽子をかぶってのポスター貼りでした。

日に日に暑くなって、夏がまたやってくる。

今、挑戦者としての4回目の春は遊説や街頭演説にも力が入る!


このページのトップへ

4月15日(木)、新潟県の東京電力刈羽原発でテロ対策など核物質防護上の重大な不備があった問題で、原子力規制委員会は昨日、同原発で核燃料を原子炉内に搬入するなどの移動を禁じる是正措置命令を出しました。

同原発では、昨年9月に社員が他人のIDカードを無断で持ち出し、中央制御室に侵入したことが判明。侵入防止のための設備の故障が2020年3月以降だけでも15件あり、不正な侵入が感知できない可能性がある状態が長期にわたってあることが判明しています。

一連の問題が発覚する前から何度も立ち入った経産省の責任が問われると考えます。

今日もポスターの貼り替え活動。


このページのトップへ

4月14日(水)、今日は東松山~吉見のポスター貼りそして遊説活動。

ベルク前では、演説後、車の中でお聞きいただいた方から拍手をいただき。

教育無償化、原発ゼロ、企業献金団体献金廃止、格差解消などを訴える。

地道に活動を続けてまいります。


このページのトップへ
4月12日(月)、早朝からマスターズのテレビ応援。
松山英樹選手の優勝を心からお祝い申し上げます!
私も大学入学と共ににゴルフを始めました。
マスターズのテレビ解説をされた中島常幸選手に憧れた世代。
マスターズは夢の大会であることは昔から変わらない。
日本人として29歳の松山選手が初優勝!
スポーツは夢と感動を与えてくれるとあらためて思いました。
地元東松山市ゴルフ連盟会長として、これからのゴルフスポーツの振興に大いに励みになります!
松山選手、本当におめでとうございます!
今日は楽しく元気に遊説とポスター貼りを終了。

このページのトップへ

4月11日(日)、日本のPCR検査は世界145位と異常に遅れたのは何故でしょうか。

昨年5月、厚労省は、「偽陽性」を極端に評価して「偽陽性の者が真の感染者よりも非常に大きくなり、医療崩壊を招く」などとしていました。

一刻も早くPCR検査を格段に増やして感染の拡大を封じ込めなくてはならないと考えます。

今日は鶴ヶ島市での遊説活動。


このページのトップへ
4月10日(土)、今朝は、東松山市東フットボールクラブ結団式が神明小学校において行われました。
指導者と保護者の方々が子どもたちのためにしっかりと設営し開催された結団式。
緊急事態宣伝が解除され、子どもたちが元気にサッカーを楽しんでいる姿はほほえましい。
私はスポーツ少年団本部長としてご挨拶。
今後の活動については、コロナ禍、指導者の方々が苦慮されることも多いと思いますが、子ども達の健康を最優先に考えていただき指導していただくことを願っています。
後、今日は坂戸市の遊説活動。

このページのトップへ
4月9日(金)、新型コロナのワクチンの確保、供給、接種状況は、しっかり国民に情報開示しているのでしょうか。
PCR検査の目詰まりの総点検も必要です。
ワクチン接種は国民の最大の関心事にもかかわらず、全国民の0.8%しか接種されていません。
変異株の感染が拡大する中でPCR検査の拡充は十分ではありません。
先ずは情報を公開することが必要です。
今日は25枚のポスターを貼らせていただきました。

このページのトップへ

4月8日(木)、今日は吉見町のポスター貼り、そして夜は東松山市レクリエーション協会理事会。

私は会長としてご挨拶。

コロナ禍において当協会も今年度は多くの事業が中止となりました。

そして、加盟団体の活動も自粛を余儀なくされました。

指導者の皆様は各団体の活動に非常に苦慮されていらっしゃると思います。

「これから来るかもしれない第4波をしっかり乗り切って、平常のレクリエーション活動に戻りたい」とおっしゃる方もいて。

久しぶりの役員会でしたが、皆さんお元気で嬉しいですね。


このページのトップへ

4月7日(水)、菅総理は参院決算委員会で、立憲民主党の議員からの質疑に「現時点では第4波といった全国的な大きなうねりとまではなっていない」と新型コロナウィルスの感染状況について答弁。

しかし、政府の新型コロナ対策分科会尾身会長は「東京も、大阪のような状況になる可能性がある」と指摘し強い警戒感を示しました。

感染力が強い変異種の広がりを考えると、無症状者へのモニタリング検査の強化や、医療提供体制の強化をもっと迅速に進めるべきと考えます。

今日は吉見町のポスター貼り活動。


このページのトップへ
4月5日(月)、東松山市スポーツ協会理事会。
会長としてご挨拶。
久しぶりの会議なので、お会いする役員の方々のお元気な顔を見てとてもうれしい。
各競技団体の指導者の方々がコロナ禍において苦慮されながらも一所懸命に活動を行っていただき、こころから感謝申し上げます!
今年度は多くの事業が中止に追い込まれる中、新年度の事業・予算が承認されました。
コロナ禍におけるスポーツの在り方を見つめ、市民の方々の健康促進に寄与できるように努めてまいります!

このページのトップへ
4月4日(日)、政府が感染再拡大の予兆をつかみ感染源を把握するために取り組むモニタリング検査が、現状では検査数が少なすぎて感染再拡大の探知等の対策になっていません。
そしてほとんどの自治体は「国の事業」と考えています。
検査数が少なく連携も不十分では、国と自治体が情報を共有し対策をとることができません。
ワクチン接種も今後の予定がはっきりしない中で、不安を感じていらっしゃる方も多いと考えます。
政府は情報をしっかり開示しながら、1日当たりの検査数を10万人程度まで増やすように力を注ぐべきです。
鶴ヶ島では農村地域で美しい菜の花畑を小道を通りました。

このページのトップへ
4月2日(金)、政府は新型コロナウィルス措置法に基づいて、大阪・兵庫・宮城の府県に「まん延防止等重点措置」を適用しました。 第4波を封じ込めるためには、十分な補償と大規模な検査が必要です。 特に時短要請を行っている飲食店への協力金は規模に応じた対応が必要です。
そして雇用調整助成金と持続化給付金を再度行うべきです。
また、「緊急要請」で提起した社会的検査・モニタリング検査は1日10万件に引き上げるべきです。
まさに規模と量、スピードが求められていると考えます。

このページのトップへ

4月1日(木)、新年度、東松山市スポーツ協会職員に辞令交付。

緊急事態宣言が解除されても、スポーツ団体の活動も平常に戻るは難しい。

市から緊急事態宣言下におけるスポーツ少年団活動等の自粛要請があり、スポーツ協会は所属団体に活動自粛のお願いをしてきました。

しかし解除されてもいまだに感染者が増え続けている中でのスポーツ活動は厳しい局面にあります。

各協会・連盟そして少年団の指導者の方々が、しっかりとコロナ対策を行いながらそれぞれのスポーツ振興に力を注いでいただきたいと願っています。


このページのトップへ