バックナンバー

* RSS FEED


 12月16日(木)、市内マリエールにおいて東松山市スポーツ少年団役員会が開催されました。来賓には森田光一東松山市長がお見えになりました。この役員会では第38回日独スポーツ少年団同時交流実行委員会を設立し、実行委員長には中村幸一東松山市教育長が就任しました。
 本県スポーツ少年団では日本スポーツ少年団と協力のもと、スポーツを通して健全に育てられた子供たちが幅広い視野と豊かな経験を得るために、ドイツ連邦共和国との国際交流事業を実施しています。
 本事業は、両国派遣と受け入れを同人数・同時期に実施するもので、来年度は38回目を数えます。埼玉県スポーツ少年団では第1回交流から積極的に参加し、現在、延べ300名以上の指導者・団員が派遣され、受け入れについては24市9町の少年団本部で実施しました。
 来年は当市において「メクレンベルク・フォアポンメルン州」から団員11名・指導者1名を受け入れたいとするものです。期日は来年7月25日から8月11日までで、現在ホストファミリーを募集しています。楽しい企画のもと、実りある草の根交流が実施できればと期待しています。
 また、会議終了後、来年を望む“望年会”がスポーツ少年団指導者の皆さんにより楽しく開催されました。


このページのトップへ