1月10日(月)~11日(火)、群馬県鹿沢スノーエリアにおいて2011SAJ B級公認全日本マスターズスキー選手権大会埼玉県予選会が開催されました。本大会には埼玉県民をはじめ全国各地から130人を超える30歳以上の競技選手が参加しました。この大回転競技は標高差約220メートルを一気に滑り抜けるもので、スタート直前の「ピッピッピッピー」というスタート音とともに斜面に飛び込んでいく時の緊張感と爽快感は格別のものです。まさに日常生活の中では体験できないスポーツならではの素晴らしさがあります。
 最高齢は90歳の男性。各年齢別競技の中で思い思いのシュプールを描き、楽しい大会となりました。私はスタート前の前走を2本務めました。
 また鹿沢スノーエリアは7月の中旬にゆりの花が見事に咲き多くの観光客が訪れます。
主な大会役員(敬称略)
大会会長     坂本祐之輔        大会副会長     川上嘉明
大会委員長    高橋哲男         技術代表      干場敏幸
競技委員長    水谷泰男         主審        小林耕治
副審       渡辺雅則                    以上


このページのトップへ