1月19日(水)、楽しみにしていた「こぶしの会」参加。この会には私の大切な友人が毎週水曜日に平野市民活動センター体育館で卓球に親しんでいます。
 阿部文弥さんは、私が初めて市議会議員に就任した同期生。以来、共に行政視察やまちづくりの勉強会を行ない、議員として3期12年間政治活動を一緒に行いました。平成8年に脳出血のため右半身が不自由になりましたが、リハビリのために卓球を始めました。その腕前たるやなかなかのもので、今日は私も久しぶりにプレー。
 卓球は試合を行なわなくても、お互いに打ち返すだけでとてもいい汗をかきます。10数人のメンバーが20年近く続けてきた「こぶしの会」。会の由来は早春に他の木々に先駆けて白に花を咲かせるこぶしの花にちなんだそうです。阿部さんの迫力のあるプレーに感動しました。


このページのトップへ