* RSS FEED

2017_05_26_教育課題別勉強会

5月26日(金)、朝8時から教育政策課題学習会。

今日は「学校教育における情報化の推進に関する法律案」について自由討議と意見交換。

2017_05_26_総務部門会議

党総務部門会議。

議員立法「公職選挙法の一部を改正する法律案」(地方議会議員選挙ビラ解禁法案)について意見交換

2017_05_26_文部科学委員会

文部科学委員会。野党のみ「文部科学行政の基本政策に関する件」について質疑。

中心は「加計学園問題」について。

2017_05_26_代議士会

代議士会に続いて本会議。「国家公務員等任命につき同意を求めるの件」9件の採決。

また、「医療法等の一部を改正する法律案」他2議案の採決がありました。

夕刻から練馬区へ、都議会議員選挙打ち合わせ。

今日の文部科学委員会での質疑は、昨日、前川喜平前文部科学省事務次官が記者会見で発言された件が中心でした。

「官僚の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などとしたメモが実際に存在すると発言。

国家戦略特区法によって、安倍総理が「腹心の友」と呼ぶ親友に獣医学部を建設させるための総理の意向が働いたのかどうか。

従来から文部科学省は獣医学部新設に際して、獣医師は足りていると強く反対してきました。

ところがこの特区に安倍総理が2015年6月に提案したとたん、わずか1年半という短い期間で事業認定されました。

前事務次官は「内閣府に押し切られた」とおっしゃっていました。

まさに「公正・公平であるべき政がゆがめられている」ことがあってはなりません。

さらにしっかりとした調査が必要ですし、前事務次官本人も出席すると言われる参考人質疑や承認喚問も行うべきです。

天下り問題で揺れたばかりの文部科学省。襟を正して「国政は国民の皆様のためにこそある」という当たり前の考えのもと、「確認ができなかったのでこれ以上の調査の必要はない」と同じ答弁を何度も何度も繰り返さず、真摯に対応していただきたいと考えます。

 


このページのトップへ