9月17日(日)、第40回東松山ホーム敬老の集いが今年もにぎやかに開催されました。

式典の後に、五月会による「ふれあい合唱会」が開催され、私も以前の東松山ユンゲルコールのメンバーとして合唱に参加させていただきました。

先の大戦から日本の復興、郷土の発展のためにたゆまぬ努力を続けてこられた先輩の皆様。

ご尽力に深く感謝申し上げます。

今後もご健勝でありますようにお祈り申し上げます。

また、今朝の報道によると解散総選挙が来月行われるとのこと。この時期の解散は、北朝鮮が核実験を行って、日本を通過するミサイルを先日も撃ち、国際社会が非難をしている最中。Jアラートも発出をしているという状況の中で、政治空白をつくることはいかがなものでしょうか。おそらく、森友問題の会計検査院の発表、そして、加計問題の設置審(獣医学部設置の認可申請を審査する文部科学省の大学設置・学校法人審議会)が10月に行われるというなかで、国会の追及を逃げるための解散ではないのか。北朝鮮の状況などを全く度外視して、国民の生命・財産をそっちのけで、まさに自己保身解散に走っているとしか言えません。しかしながら解散となればしっかりと受けて立ってまいります!


このページのトップへ