11月26日(日)、第44回東松山警察署管内健全育成民警親睦柔道大会が南地区体育館において開催されました。

私は地元体育協会会長として激励のご挨拶を申し上げました。

第3回和泉流坂戸狂言会が開催され、私は友人を代表してご挨拶を申し上げさせていただきました。

出演される坂戸市在住の高澤祐介氏は、日本能楽会および能楽協会会員で重要無形文化財総合指定保持者です。

狂言は650年余りの古い歴史を持ち、1957年に国の重要無形文化財に指定されています。

また、海外からも高い評価を得ており、2001年にはユネスコの世界無形文化遺産にも指定されました。

日本には数多くの古典芸能がありますが、その中でも「狂言」は最古の歴史を持ちながら、最もわかりやすい「笑いの芸能」です。

高澤氏は日頃から子ども達への理解を深めるために、学校での公演活動も行っています。

今日は地元「千代田小学校」の児童の皆さんも特別出演しましたが、とても素晴らしい演技でした!

「狂言」という、まさに日本を代表する伝統芸能を後世にまでしっかりと守り伝えていく必要があると考えます。

 


このページのトップへ