* RSS FEED

6月9日(土)、第1回箱根駅伝出場記念碑建設式典が箭弓稲荷神社において開かれました。

中里協弘発起人代表をはじめ関係者のご尽力により素晴らしい碑が完成されました。

「我らは人類の駅伝選手なり」との言葉を残された山口六郎次氏。

昭和22年から埼玉県2区の衆議院議員として活躍され、埼玉県体育協会会長としてして郷土のスポーツ振興にも貢献をされました。

氏は明治大学在学中、大正9年(1920年)に開催された「第1回東京箱根間往復大学駅伝競走」で6区を区間1位で完走する快挙を成し遂げました。

郷土の発展にそして埼玉県のスポーツの発展にご尽力をいただいた山口六郎次氏の想いを私も継承し、「スポーツで日本を元気に!」するために、今後もさらなる努力させていただきたいと気持ちを新たにいたしました。

大内次郎東松山市陸上競技協会会長と山口六郎次氏の胸像前で。

 

 

 

 

 


このページのトップへ