バックナンバー

* RSS FEED


 4月5日(火)、都内原宿にある日本看護協会内の同連盟会議室においてNPО法人全国市町村保健活動協議会正副会長・監事会議を行いました。私は会長として出席しました。
 この会議では5月25日開催予定の総会のために、平成23年度の当協議会の予算や事業計画等について協議しました。
本年度は医療制度改革関連法案の実施3年目となり、生活習慣病対策としての特定健診・特定保健指導の促進、高齢社会により増大する認知症対策のほか、虐待防止対策等が求められ、市町村が担う保健事業活動はますます拡大し、保健事業に従事する保健師を取り巻く環境は大変に厳しい一年でした。
さらに平成23年度は政府の事業仕分けにより大幅な歳入削減を余儀なくされました。このような状況下ではありますが、全保協は全国唯一の「市町村保健師のための会」として改革を進め、市町村保健師を支援する諸事業を適切に実施し、会員の皆様の期待にそえるようしっかりとした活動を続けてまいりたいと考えています。


このページのトップへ