* RSS FEED

2月18日(日)、今日も一日、まちかど街頭演説。

私はこの1年ほど無所属での活動を行ってまいりました。

国政に挑戦をさせていただいた6年前、日本には小選挙区制度である以上与野党2つの大きな政党をつくり、常に切磋琢磨しながらも国民の皆様の負託に応えるためにいづれかの政党が国政を担う形が必要と考えてまいりました。

私は民進党に参加しその夢も近いと考えていましたが、現在一枚岩にならなければならない野党は、残念ながら分裂を余儀なくされています。

このような中私は、立憲民主党に入党させていただきました。

立憲民主党は「立憲主義に基づく民主政治」と「多様性を認め合い、困ったときに寄り添い、お互いさまに支え合う社会」を実現します。

そしてそのためにも、一つの価値観を押し付ける政治ではなく、国民のみなさんとつながり、日常の暮らしや働く現場の声を立脚点としたボトムアップの政治を実現し、公正・公平なルールに基づく自由な社会を実現し、一人ひとりの持ち味が発揮され、それぞれに幸せを実感できる社会経済を目指してまいります。

私は東松山市長在職中から常々、『政治の基本』はそこに生活を営む市民の皆様の悲しみや憂い・憤り、そして喜びなどその思いを政策に実現することにあると考えてまいりました。

立憲主義とは、政治権力が独裁化され、一部の人たちが恣意的に支配することを、憲法や法律などによって、抑制しようとする立場です。
そして立憲民主党とは、日本に立憲主義を回復させ、互いの違いを認め合い、ともに支え合う社会を実現する政党です。

まさに私の理念と考え方に沿って入党させていただきました。

この間、多くの支援者の方々に相談させていただき多くの方々のご推挙もいただきました。

 

 

これからも街頭演説や集会を中心として、より多くの市民・町民の皆様にお訴えをさせていただきたいと考えています。

皆様には今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします!


このページのトップへ