バックナンバー

* RSS FEED

1月22日(金)、立憲民主党都道府県連代議員・総支部長会議。
枝野代表から力強い言葉をいただきました。
まさに、命と暮らしを守ることを最重要視した対応に全力をあげるべきです。
そのためには、感染症対策の日々の取り組みについて、政府がわかりやすく国民に説明し、丁寧に理解を求めることで、政治と国民との信頼関係を築き、一体となった対策を進めていくことが不可欠です。
また、感染症対策等の専門家や自治体との密接な協力関係を構築し、政府が中心となって責任を果たす覚悟を示し対策にあたらなければならない。
その覚悟と取り組みが政治から発信されない限り、この危機を克服することはできなのではないか。
今こそ、政治が必要とされています!

このページのトップへ