バックナンバー

* RSS FEED

2月1日(月)、政府は第3次補正予算を成立させましたが、野党が第3次補正予算の組み替え案で求めた、医療機関への減収補填や検査の普及促進、生活困窮者への給付金や持続化給付金などを実現するための追加の対策が必要です。

菅政権が緊急事態宣言前に編成した第3次補正予算は、総額19兆円のうち新型コロナ対策費はわずか4,3兆円です。
国民の命と暮らしを守るためにも「GO TO」などの不要不急の予算を削り、「コロナ集中対策」予算に組み替え、新型コロナに対応するための医療を支援、検査拡充、暮らし、営業支援に回すべきと考えます。
今日は一日遊説、ポスター貼り活動。

このページのトップへ