バックナンバー

* RSS FEED

8月21日(土)、入院が必要な人が入院できない状況、それはまさに医療崩壊が始まっています。

コロナの感染爆発に対する戦略は、やはり、ワクチンの安全・迅速な接種と大規模検査です。

少しでも具合の悪い人や、感染の心配のある人は職場や学校、そして地域など、どこでも国の費用負担で検査ができる体制を組むことが必要と考えます。

さらに政府の責任の下に、医療機能を備えた宿泊療養施設や、臨時の医療施設などの大規模な増設が必要です。

そして国民に対しては自粛と補償を。

政府は今が一番大切な時期と言いながら現在を迎えました。

一刻も早く国会を開き、英知を結集して国難に臨むべきです!

 

今日も一日遊説活動。


このページのトップへ