バックナンバー

* RSS FEED

9月1日(水)、菅首相が記者団に対し、「新型コロナ対策が最優先、解散をできる状況にない」と言うのであれば、一刻も早く国会を開いて法改正や補正予算の編成を行うべきだと考えます。

国民にしっかりと自らの言葉で説明もしないで、自宅療養などの自己責任論を押し付けていることに納得ができません。

党利党略でも私利私欲でもない、国民のためにこそ国会はあるのです。

連日の遊説活動。


このページのトップへ