バックナンバー

* RSS FEED

 

8月5日(日)、鶴ヶ島市内の遊説活動。

今日は朝の内は涼しく久しぶりの背広着用。

午後になって次第に蒸し暑くなってきました。

遊説活動中にポスターをチェック。

剥がれかけていたポスターを貼り替える。

ご自宅にお伺いし、「コロナはいつまで続くのか」「補償をしっかりしていただきたい」等のご意見をいただきました。

まさにコロナ収束のためには迅速に安全なワクチンを接種していただくこと。

そして打ち切られた持続化給付金、家賃支援給付金等の継続が必要です。

また、自宅待機をなくし、医療機関への補填を積極的に行う必要があると考えます。

これらの実現のためにも国会を開く必要性をお話しさせていただきました。


このページのトップへ