7月1日(金)、市内ホテル紫雲閣において大場宏さんのホールインワンを祝う会が盛大に開催されました。私は友人としてお招きをいただきご挨拶を申し上げました。
 大場さんは先に東松山カントリークラブの中コース4番のショートホール(149ヤード)でホールインワンを達成いたしました。心からお祝い申し上げます。
 大場さんとのお付き合いは、私が大学を卒業し家業の料理屋を継いだ頃から現在まで、公私にわたり何かとご指導ご鞭撻をいただいた方で、ゴルフの先輩でもあります。
 大場さんはいつも3キロほど入る目土袋(砂の入ったビニールバケツ)を持ってコースに出ます。ショットの合間、歩きながら様々なディポットを埋めていきます。砂が無くなるとまた砂を満杯にして!
長きにわたりコースを大切にされたゴルフマナーは、私たち愛好者そして東松山カントリークラブメンバーのお手本です。今回、ショートコース左側の土手に当たり跳ね返ってピンに真っ直ぐ向かって行ったのは、まさに日頃の行いに対する自然のご褒美でしょうか。
 私も大場さんに多くのことを教えていただきました。今後のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。


このページのトップへ