7月21日(木)、午前10時よりフランクフルト市庁舎「皇帝の間」において日独交流150年記念歓迎式並びに日独スポーツ少年団国際交流協定締結調印式が盛大に開催されました。
 フランクフルト・アム・マイン市は人口約67万人。近郊を含む都市地域の人口は約230万人。政治都市である首都ベルリンに対する経済・金融・交通の中心。ローマ人により古代時代はローマ軍の駐屯地で、中世になり神聖ローマ帝国都市として発達を遂げたヨーロッパ有数の世界都市です。

 式典においては、はじめにフランクフルト音楽大学学生の弦楽四重奏の演奏があり、その後、市を代表して代表市議会議員の挨拶、インゴ・バイスドイツスポーツユーゲント本部長そして私が日本スポーツ少年団を代表し挨拶を申し上げました。
 来賓にはフランクフルト市議会議員団・歴代ドイツスポーツユーゲント本部長・重枝豊美フランクフルト日本総領事館総領事をはじめ多くの方々がお見えになりました。
 歴史を思わせる「皇帝の間」において、今後4年間の交流調印式が行われ、出席をした日本スポーツ少年団・ドイツスポーツユーゲントの皆さんも感激されたようでした。

 日独スポーツ少年団が同時交流を開始して38年という年月が経ち、本日延べ1万人を数えるにいたりました。これからも末永く友情の輪が広がりドイツとの友好の架け橋になることを望んでいます。


このページのトップへ