10月14日(金)、山形県鶴岡市小真木原総合体育館において第9回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会山形県実行委員会設立総会が開催されました。私は日本スポーツ少年団本部長として出席しました。来賓には難波信昭鶴岡市教育委員会教育長・志田翼山形県バレーボール協会会長がお見えになりました。
 この大会は本来であれば宮城県で来春開催予定でしたが、東日本大震災により開催地の変更を余儀なくされました。しかし本年の6月に岸記念体育館で開催された日本スポーツ少年団委員総会では、代わりの開催地の目途が立たず中止を検討しなければならない状況でした。
 こうした中、村田久忠山形県スポーツ少年団本部長をはじめとする関係者の皆様の暖かいご支援のもと、期間が短い中にもかかわらず開催に向けて実行委員会を設立していただきました。心から感謝を申し上げます。
会議開催に先立ち榎本政規鶴岡市長にも表敬訪問をさせていただき、来年開催に向けてご支援の言葉をいただきました。
 震災から約1年半後の来年3月24日から4日間にわたり開催される本大会には、被災地からのスポーツ少年団も参加いただけることと思います。全国の仲間が鶴岡市に集い、意義深い大会となりますように期待しております。
 早朝家を出て約5時間で到着した鶴岡市。実りのある会議に感謝しつつ、夕日が沈みゆく美しい日本海を眺めながら特急いなほ3号で家路につきました。


このページのトップへ