23日(土)に開催された日本スポーツ少年団50周年記念式典・祝賀会も無事終了し、久しぶりに東京に泊まった私は翌24日(日)、東松山市を代表する市民ランナー・ミスター青春「稲原都三男」さんが「大東文化大学箱根駅伝予選会突破祈願一人箱根駅伝」を行い、この日が最終ランと知って、応援に駆け付けさせていただきました。
 連絡をとったところ、9区権太坂を通過とのことで、そののち生麦駅前で合流。私は車で先回りして給水ポイントで声援を。一日でフルマラソンを超える距離を元気に走る稲原さんはまさに青春そのもの。夕刻、無事読売新聞社前にゴール。過去毎年5回の一人駅伝を重ね、今回で6回目。5月24日にスタートして6月1日・10日・18日そして本日と早いペースで一人駅伝を走破されました。
 稲原さんの思いが通じ、本年の予選会では地元の大東文化大学が予選を通過することを願っています!


このページのトップへ