1月19日(土)~20日(日)、日本維新の会「政策研修会」が都内グランドアーク半蔵門において開催されました。初日は石原慎太郎共同代表による講演、さらには坂元一哉大阪大学教授による「米国のアジア重視戦略と日米同盟―同盟強化の必要性について」、橋下徹共同代表による「改革政党としての活動について」。二日目は佐々木信夫中央大学教授による「道州制をめぐる諸論点―統治機構改革の視点から」、堺屋太一維新政治塾名誉塾長による「なぜ今゙維新゙か一維新八策の重点と必要性」の講演が行われました。
 私たち日本維新の会が、多くの国民の方々の支持を得て54議席を獲得させていただいたのは、まさに「改革政党」として政権与党に対して是々非々の立場で国の改革を行い、国のあり方すなわち体制を根底から変えることにあります。
 28日から開催される通常国会において日本維新の会の存在をしっかりと示していかなければなりません。私は「予算委員会」「青少年問題に関する特別委員会」「憲法審査会」に所属します。
 橋下共同代表の言葉、「最初のスタートダッシュで決まる。」全力投球で臨んでまいります!


このページのトップへ