6月24日(月)、朝5時に家を出発。朝のうちは高速道路も空いているので運転は楽で。
午後から代議士会、続いて本会議。今日は衆議院小選挙区人口格差是正公職選挙法等改正案(0増5減法案)のみなし否決動議が採決され可決。その後同改正案の再議決動議が採決され可決。そして同改正案の本院議決案が採択され可決。維新の会はいずれも賛成。
 日本維新の会はこの「0増5減法案」に対し、衆議院議員の定数削減や選挙制度の抜本改革などが、参議院選挙後速やかに実現されることを条件として賛成しました。
 日本維新の会は、議員定数削減について具体的な抜本改革案を作成し、衆議院議員の定数を3割削減して336人とし、そのうち小選挙区選出議員の定数を240人、比例代表選出議員の数を96人とする法律案を5月16日に提出しています。
今後も次回以降の国会で速やかに定数削減が実現されることを与党に求め、我が党も定数削減の実現に全力を挙げてまいります。


このページのトップへ