* RSS FEED


 8月11日(土)~12日(日)と東松山市では高坂地区・五領町・野田、川島町では表・小見野、そして滑川町と納涼盆踊り大会や夏祭り等が開催されました。
 町内会や町の青年団が主催し、各地域それぞれに歴史と伝統を受け継いで今の時代に行われているお祭り。私も幼いころから地元町内会の山車を引き、神輿をかつぎ、そして大人になって縄張りや山車のかじ取り、そして提灯を持ったりして参加してきました。
 世代が代わっても受け継がれていくお祭り。かき氷をおいしそうに食べていた可愛らしい小さな子供たちも、やがて大人になるにつれてそれぞれに町内会との関わりを持ちながら成長し、社会の一員になっていくのでしょう。
 あらためて、地域おこしは地元の方々によって培われ、日本の将来を担う多くの青年たちが、育んでくれた地域の方々とのコミュニケーションを深めながら成長していくことの大切さを感じました。「地域の時代」はここにしっかりと息づいています。(以下高坂地区でのビデオコメント)


このページのトップへ