* RSS FEED

2014_09_08_オリパラ議連
 9月8日(月)、2020東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟 100万人スポーツドナー小委員会(第4回)が衆議院会館において開催されました。今回はスポーツ寄付に関し、競技団体からヒアリングを行いました。また講師に鈴木正孝公益社団法人日本近代5種協会会長、特別ゲストに乙武洋匡東京都オリンピック・パラリンピック組織委員会参与が出席されお話しを伺いました。
 オリンピック・パラリンピックがもたらす社会的影響は、あらゆる分野に影響を及ぼすことになります。ひとりでも多くの国民に「オリンピックに関わっている」と実感してもらうことによって「主催者と来場者」、「競技者と観客」という観点から「一緒につくりあげるパートナー」となり、社会的に大きなムーブメントを起こします。
 オリンピック・パラリンピックを個人が支える取り組みは、これまでにない日本の新しいオリンピック・パラリンピックレガシーであり、2020年を通過点として、我が国がスポーツ立国となるための重要な基盤になると考えます。


このページのトップへ