* RSS FEED

2014_09_20_三保谷地区体育祭
 9月20日(土)、川島町三保谷地区体育祭がこの時期にしては大変に涼しい気候の中、三保谷小学校において開催されました。三保谷地区体育祭は、三保谷公民館石原島恒夫公民館長を中心に実行委員会が開催し、小学校児童を中心に地元の皆さんが参加して、従来の運動会と地区体育祭が一緒に行われるスタイルを長年続けてきました。
 近年、地区体育祭は地域コミュニティー推進を図るために、小・中学校区単位や昭和の大合併時の旧町村単位等で開催されて来ました。しかし現在では、少子・高齢化が進む中、余暇活動が子供たちの過ごし方の多様化によって大会参加者も少なくなり、年齢別リレーなど子供たちが参加する競技が成り立たなくなってきました。各町内においても選手係が苦労して参加者を集める状態になっています。
 こうした中、小学校運動会と一緒になって地区体育祭を行うところもあり、児童の競技の間にお年寄りのグランドゴルフやゲートボールを活かした競技、綱引きなど親同士の競技が行われ、地域コミュニティーの推進に大きな役割を果たしています。おじいちゃん・おばあちゃんの目の前を孫が走り、児童の前でお父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんがそれぞれの競技を楽しむ様子を見る。
 災害に強いまちづくりを推進するためにも、地域コミュニティーは必要です。社会の変化に伴って、長年続いてきたイベントのありようを見直し、これからのまちづくりにつなげていくことが必要と考えます。
(以下体育祭ご挨拶30秒のビデオメッセージです)


このページのトップへ