9月14日(火)、市内マリエールにおいて私の親戚の方々による懇談会が開催されました。私の家業である料亭坂本屋は初代浅五郎・平吉・常安・守平・祐之輔・大之輔と代々店を引き継いでまいりました。創業時は熊谷や川越等に行く馬車亭があり、街道筋の割烹料理店として、また結婚披露宴会場として営業を続けさせていただきました。現在の街並みの様子は当時と大きく変わりましたが、近くの本町通りには城下町の面影を残している建物もあります。坂本屋も長い歴史の中でのれんを守ってまいりました。
 また私の曽祖父は松山町の町議会議員、父は東松山市の市議会議員としてまちづくりの夢を抱いていました。私が最も尊敬する人は、松山高等学校在学中に43歳で他界した父であり、その父の背中を見て政治家を志しました。
 この日も100名を超える親戚の方々にご出席いただき、終始楽しいひとときを過ごしていただきました。先月、市内紫雲閣で行われた市長職退任日の『感謝の集い』においても約500名の後援会役員の皆様にお集まりをいただきご激励を賜りました。
今の私があるのも多くの方々に支えられ、ご支援をいただいたたまものです。これからも少しでもご恩返しするべく精進を重ね、故郷そして日本の発展のためにしっかりと活動してまいりたいと考えております。


このページのトップへ