* RSS FEED

2015_09_17_委員会室前
 9月17日(木)、参院平和安全法制特別委員会は安全保障関連法案の採決を強行しました。私は国会事務所で委員会中継を見ていましたが、委員長不信任動議が否決され、委員長が席に着いた直後与野党の議員が取り囲み、委員長の採決する声も聞こえない中、5回にわたって採決らしき行動がとられました。
 本来であれば、締めくくりの質疑が行われる予定であったものが、質疑打ち切りの動議でいきなりの採決。これは「民主主義のルール」を無視した強行採決と言わざるを得ません。
 昨年末に「アベノミクス解散」を打って出た時に、これほど重要な法案に対する公約は他の多くの公約のひとつとしか語られず、安倍首相の今国会の施政方針演説でも強調されていませんでした。
 各種世論調査でも今国会成立に反対する意見が大勢を占める中で行われた強行採決。先日の中央公聴会や地方公聴会は一体何のためだったのか?公聴会の後にはそれを踏まえて質疑が行われるべきです。しかも維新の党が提出をした対案の採決も行われていません。まさに言語道断の委員会採決となりました。


このページのトップへ