2015_12_25_レク

12月25日(金)、内閣府科学技術担当の職員から、第5期科学技術基本計画(答申)の説明をいただきました。「科学技術基本計画」は科学技術基本法に基づき政府が決定する、10年先を見通した5年間の科学技術の振興に関する総合的な計画です。
第5期基本計画(平成28年度~32年度)は、科学技術・イノベーション会議(CSTI)として初めての計画で、「科学技術・イノベーション政策」を推進するものです。
そして本計画を、政府、学界、産業界、国民といった幅広い関係者がともに実行する計画として位置づけ、我が国を「世界で最もイノベーションに適した国」へと導くとしています。
来年の通常国会、私は科学技術・イノベーション推進特別委員会の理事に就任する予定です。今年は委員長を拝命し、しっかりとした議論や、数々の視察を行い、実績を上げることができました。来年は野党という立場の理事ではありますが、培った経験をもとに議論を積み重ねてまいりたいと考えます。


このページのトップへ