2016_02_09_代議士会
 2月9日(火)、今日は代議士会に続いて本会議。本会議では「北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議案」が全会一致で可決。また、「東日本からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法及び財政運営に必要な財源の確保を図るための公債の発行の特例に関する法律の一部を改正する法律案」が財務大臣から趣旨説明があり、各党から質疑が行われました。
 2月7日、北朝鮮は我が国をはじめ国際社会からの強い自制の申し入れにもかかわらず「人工衛星」と称する弾道ミサイル発射を強行しました。これは我が国を含む地域及び国際社会の平和と安全を著しく損なう重大な挑戦です。
 今回の発射は、一連の国連安保理決議及び日朝平壌宣言に違反し、6カ国協議共同声明の趣旨に反するものです。断じて容認できません。北朝鮮に対して厳重に抗議し、強く非難するものです。


このページのトップへ