* RSS FEED

11月9日(木)、日独スポーツ少年団指導者交流で、ドイツスポーツユーゲントからお見えになっていた10名の指導者の方々と懇談。

コンラート・クリスチャン団長は空手の先生。今回は3泊4日のホームステイを含めて10日間ほどの来日。

40年も続いている子どもたちの同時交流を支えていただだいてている。

小さな草の根交流です!


このページのトップへ

11月8日(水)、岸記念体育会館において平成29年度第4回(公財)日本体育協会理事会が開かれました。

私は日本スポーツ少年団本部長として、夏の行事の報告を申し上げました。

ドイツスポーツユーゲントとの同時交流、全国スポーツ少年大会、日中青少年スポーツ団員交流、全国軟式野球大会やホッケー大会など、おかげさまで無事終了!

関係者の方々に感謝申し上げます!


このページのトップへ

11月5日(日)、東松山市民文化センターにおいてSAJ指導者研修会(鹿沢・万座会場)・「理論」研修会が開催されました。

県内800名にのぼるスキー指導員の方々に出席いただき開催。

私は地元を代表してご挨拶。

今年もいよいよスタート!地元11ブロックの皆さんのお手伝いに感謝申しあげます!


このページのトップへ

10月2日(火)、ドイツスポーツユーゲントのヤン本部長一行が県立武道場の視察にお見えになりました。

来る東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて、ドイツから100名ほどのスポーツ少年団の方々が宿泊地として、お見えになります。

日本のスポーツ少年団の子ども達との交流をはじめ、大会競技も視察される予定です。

40年も続いた日本との同時交流。

実りあるものにしていきたいと考えています。

 


このページのトップへ

10月26日(木)、国会事務所の撤去も完了。

あとは地元で荷物を待つだけ。

選挙終了後、4日間での退出は時間的にも大変。

今日は後援会の方々にごあいさつ回りです。

(以下40秒のご挨拶)


このページのトップへ

10月23日(月)、第48回衆議院選挙も終了。

この度の選挙戦において多くの方々のご支援をいただくことができました。

66106名の方々からご信任をいただいたことは、私の誇りです。

善戦させていただきましたが、私の力不足で当選に届かず、ご心配をおかけし誠に申し訳なく存じます。

これからも皆様方のお声に真摯に耳を傾け、郷土の発展のために尽くさせていただきたいと存じます。

変わらぬご指導ご鞭撻をお願い申し上げます!

 

 

 


このページのトップへ

10月21日(土)、最終日、若葉駅での街頭演説会。

東松山事務所前での最終演説。雨の中にもかかわらず、多くの皆様にお越しいただきました。

最後は私の活動の原点、東松山駅にて。

多くの皆様に支えられて選挙戦終了。

最後まで皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます!

(以下、1分間の私の訴えです)

 


このページのトップへ

10月20日(金)、雨の中街頭演説中心に訴える。

最後まで頑張ります!


このページのトップへ

10月19日(木)、選挙戦も終盤。

今日もときおり激しい雨。街頭演説の前を通る車の激励がうれしい。

夜は一人で駅でのご挨拶。

 


このページのトップへ

10月18日(水)、今日は天気も良く一日さわやか。

スーパー前での街頭演説では、買い物途中の方々が足を止めてお聞きくださり。

選挙も終盤に入り、関心が高くなってきたように感じます。

夜は駅頭。さすがに冷える。

私たちが希求するものは、党の利益ではなく、議員の利益でもありません。

国政を透明化し、情報開示を徹底的に行う。

既得権益、しがらみ、不透明な利益を排除する。

国民の皆様おひとりおひとりのためにこそ、政治があります。


このページのトップへ

10月17日(水)、今日も肌寒い一日。

でも心は熱く、ひたすら街頭演説!


このページのトップへ

10月16日(月)、選挙戦も中盤となりました。今日も一日お訴えをさせていただきました。

政治の基本、私が思うのはそこに生活を営む人々の憤りや悲しみ、憂いや喜び、想いを反映させることではないでしょうか?

現在は自民党一強と言われ、安倍政権は強い力を持ち、賛成する方もいらっしゃいます。しかし、もちろん反対する方もいらっしゃる。
独断的な政権運営の中、NO!と言う方々の想いはどうなるのでしょうか?ゼロになってしまうのでしょうか?

そのような社会にしてはいけないと考えます。

与党と野党、切磋琢磨して日本という国を未来につなげていかなければなりません。
この地域に住むお一人お一人の皆様、その思いを反映させるためにも、私、坂本ゆうのすけは今、戦っております。
皆様のお一人お一人の力が日本の未来の希望となります。

是非、皆様のお力を「坂本ゆうのすけ」にお与えください!

よろしくお願い申し上げます!

 

 

 

 


このページのトップへ

10月15日(日)、20ヵ所ほどの街頭演説。

時折激しく降る雨は冷たく。大野もとひろ参議院議員も駆けつけていただきました!

 

 


このページのトップへ

10月14日(土)、若葉駅に前原誠司代表をお迎えし街頭演説会。

600名ほどの方々が駅前に参集。

大勢の方々にお越しをいただき盛大に開催!

今日はその後20ヵ所のまちかどで街頭演説!

終わって、今夜も駅にてご挨拶!

 


このページのトップへ

 

10月13日(金)、今日は早朝から深夜まで一日、駅でのご挨拶。

駅はいろいろな方々が利用される。

心配され、励まされ、多くの方々にお話しを伺うこともできます。

さすがに選挙戦の最中、ブログにじっくりと思いを書く時間が無くなってきました…。


このページのトップへ

10月12日(木)、今日は小川町駅で朝のご挨拶。さわやかな朝でした。

まちかどで街頭演説。

一日遊説カーに乗って、できるだけ多くの方々に政策を訴える!

皆様の応援が選挙戦の支えになります!

 


このページのトップへ

10月11日(水)、選挙戦2日目。

駅立ちから遊説カーへ。

一日30か所の街頭演説!


このページのトップへ

10月10日(火)、第48回衆議院総選挙。

「希望の集い・出発式」には400名にのぼる多くの方々がお見えになり、激励をいただきました。

「希望の党」の公約はまさに私が5年間訴えていた政策が中心。

希望の党の公約は

1.消費税増税凍結  2.議員定数の削減・議員報酬の削減

3.ポスト・アベノミクスの経済政策  4.原発ゼロへ

5.雇用・教育・福祉の充実  6.ダイバーシティー社会の実現

7.地域の活力と競争力の強化  8.憲法改正

9.危機管理の徹底

私たちが希求するものは党の利益ではなく、議員の利益でもなく、国民のため、つまり国民の治める税の恩恵をすべての国民に届ける仕組みを強化することにあります。

国政を透明化し、常に情報を公開し、国民と共にすすめる政治を実現します。

国民ひとりひとりに、

日本に、

未来に、希望を生むために!


このページのトップへ

10月9日(月)、明覚駅。今日は一日各駅街頭演説。

竹沢駅。

東武竹沢駅。選挙区の広さはのどかな山あいの地域から、住宅密集地域まで。

小川町駅。

武蔵嵐山駅。

つきのわ駅。

森林公園駅。

高坂駅。

鶴ヶ島駅。

若葉駅。

坂戸駅。

北坂戸駅。

東松山駅。

明覚駅から始まって鶴ヶ島駅まで13の駅前で街頭演説。

日頃から伺っている各駅でしっかりと訴えることができました!


このページのトップへ

10月8日(日)、スポーツ少年団野球大会で主催者としてご挨拶。

選手宣誓は松山リトルファイターズの藤澤直輝選手。

甲子園の選手宣誓をほうふつさせる、しっかりして元気よく素晴らしい宣誓でした!

ときがわ町萩日吉神社西出上さ地区ささら獅子舞。

伝統芸能は地域の歴史的文化。保存にご尽力されている方々の苦労話しを伺いました。

 

日中、まちかど街頭演説。

静かな山あいの集落での街頭演説はすがすがしく気持ちがいい。

夕刻から坂戸よさこい。

年々盛会になって、多くの方々が見物。

一回りして、お声をかけていただく方々とお話しを。

地域おこしはまちの発展につながります。


このページのトップへ

 

10月7日(土)、みどり保育園運動会。ちびっこ達は元気いっぱい!

連日ひたすら、まちかど街頭演説。
「原発ゼロ」「団体・企業献金禁止」「教育無償化」「地方分権」…。

一か所の時間がつい長くなってしまう。希望を持って頑張る!


このページのトップへ

10月6日(金)、今朝は若葉駅前にて2時間ほどの街頭演説。

続いてまちかど街頭演説。

昨日から朝の寒さを感じる。夏服から冬服へ替えて。


このページのトップへ

10月5日(土)、朝2時間ほど駅で街頭演説。今日は寒く。私が5年間訴えてきた「原発ゼロ」「企業団体献金禁止」「地方分権」「教育の無償化」(議員立法として提出済)等の活動を報告。

夜、開催された拡大役員会議には300名を超える方々が出席。

蓮舫参議院議員も友人としてお見えになり激励のご挨拶。


このページのトップへ

10月4日(水)、今日は一日まちかど街頭演説。

今朝の新聞に「希望の党」公認候補者の掲載があり、私を含め多くの方々が公認候補予定者として発表がありました。

私も国政に送っていただき5年を迎えました。

この間、「古いしがらみや既得権益にとらわれず、わが身を削ってでも日本の改革を断行」「教育の無償化をはじめ子どもたちの支援の充実」「地方分権の推進」「脱原発」「企業・団体献金禁止」等を訴えてまいりました。

新党「希望の党」での主な公約も、「原発ゼロ」「地方分権」「国会議員の定数と経費の削減」「教育福祉」「企業・団体献金禁止」など共通政策が多くあります。

今後もしっかりとこれらの政策の実現に向けて突き進んでまいりたいと存じます。

安部政権を代えることができるか。

説明責任を逃れようと、700億円もの税金をかけて大義のない解散総選挙に臨んだ総理の責任は重いと考ええます。

まさに前回の解散と同様、党利党略・私利私欲がそこに見えます。

「国難」というのであれば北朝鮮の問題を国会で議論して早急に対応すべきであり、アベノミクスの検証、森友・加計学園の丁寧な説明等、国会審議をしっかりと行うことが国民の方々に対する責務ではないのでしょうか。


このページのトップへ

9月30日(土)~10月1日(日)、各地区での運動会や体育祭。

青空のもと、多くの市民の方々が参加して。

地域コミュニティーの推進にも大きく貢献。

多くの方々とお話をすることができました。


このページのトップへ

 

9月28日(木)、今日から秋の臨時国会がスタートするはずの日。

衆議院解散となりました。

「仕事人内閣」と言われた閣僚が一言も発っすることもできず、「森友学園」や「加計学園」の十分な説明も行われず審議拒否。

戦後、総理大臣が所信表明演説を行わず、さらに党代表質問も行わず解散をするのは初めてのことです。

さらに、野党も欠席の中で本会議を開いて解散。これも戦後初。

暴挙と言わざるを得ません。

そして北朝鮮からのミサイル問題。真に国難というのであれば、1年以上の任期を前倒しして解散などすることができないでしょう。

党利党略・私利私欲の解散は前回も同様。なぜ大義のない解散を600億円もかけて行うのか、全く理解ができません。

安倍総理の国政の私物化に他ならないと考えます。

私は衆議院として国会に送っていただき4年9か月。

多くの方々ご支援をいただき実りある国会活動ができました。

今日の日を新たなスタートとして初心に帰り志を遂げてまいりたいと考えます。

ご支援をいただいた皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました!


このページのトップへ

9月24日(日)、党遊説カーで10区(鶴ヶ島市・坂戸市・東松山市・吉見町・川島町・滑川町・嵐山町・小川町・鳩山町・ときがわ町)を走りました。

私の選挙区は鶴ヶ島市のように都内に近い地域から、ときがわ町のように風光明媚で美しい自然に恵まれた地域まで。生活文化や地域性も違います。

自転車のほうが便利であったり、歩いたほうが早かったりと、今まで多くの方々のご意見を伺ってまいりました。

おかげさまで5年目。これからもしっかりと皆様のお声を国会に届けてまいります。

 


このページのトップへ

9月23日(土)、今日も一日街頭演説。

「まちかど街頭演説」はできるだけ多くのまちかどで。

話したい事、報告したいことがたくさんあって一か所の時間が長くなりがち。

衆議院が解散されようとしています。

野党は、去る6月23日憲法53条に基づき、臨時国会召集要求書を提出しました。

この場合、憲法の規定は「内閣は招集を決定しなければならない」と規定しています。

にもかかわらず3ヵ月も放置し、ようやく招集するかと思えば、全く議論もせず冒頭解散しようとしています。

しかも8月3日には内閣改造を行い、自ら「仕事人内閣」と称しているにみかかわらず、国会においては大臣の所信すら述べていません。

新憲法下、内閣改造を含め新内閣で代表質問、予算委員会等国会論戦を経ない解散は戦後初めてです。

安倍総理は、「できるだけ丁寧に国民に説明する」と言ってきました。

全くの方便で、世論調査で多くの国民が「安倍総理の人柄が信用できない」と言っているのはまさにこういうことなのではないでしょうか。

与党内からも多くの疑問が喚起されています。

また、「森友問題」「加計問題」もまだ解明中です。

与党内からも追及逃れに移るという意見が出ています。まさに疑惑隠しです。

本来解散は憲法第69条に基づくか、もしくは国家の根幹にかかわる重要問題で国会が混乱したような場合、国民の審判を仰ぐものです。

任期が来年の12月まであるのに、約600億円もかけ、自己保身の恣意的な解散を行うことは許されるものではないと考えます。

 

 

 


このページのトップへ

9月22日(金)、今朝は2時間ほど東松山駅において街頭演説。

日中はまちかど街頭演説。

一日中立ちっぱなしできっと熟睡。

 


このページのトップへ

9月21日(木)、今日は一日まちかど街頭演説。

日中は日差しが強くなってきました。

時折行ういつもの場所での街頭演説は、声をかけてくださる方もいて。


このページのトップへ