カテゴリー

    Category Order could not understand your category HTML. Please do the following:

    • Disable all plugins except for category order to see if some other plugin is causing the problem. If the problem goes away, re-enable each plugin until you find the incompatible one.
    • Try switching to a different theme, like the WordPress default theme.

    Once you have tried the above steps, email david@coppit.org with the results of these debugging steps. Also include the following information:

    Original HTML:
    <li class="cat-item cat-item-6"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=6" >その他のスポーツ</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-5"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=5" >全日本スキー連盟</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-4"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=4" >日本スポーツ少年団</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-1"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=1" >活動報告</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-7"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=7" >福祉</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-3"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=3" >講義・講演</a>
    </li>

    Processed HTML:
    <li class="cat-item cat-item-6"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=6" >その他のスポーツ</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-5"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=5" >全日本スキー連盟</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-4"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=4" >日本スポーツ少年団</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-1"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=1" >活動報告</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-7"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=7" >福祉</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-3"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=3" >講義・講演</a>
    </li>

    Category pattern:
    /http\:\/\/www\.sakamoto-yunosuke\.jp\/blog\/\?cat\=(\d+)/

    Items:
    Array
    (
        [0] => <li class="cat-item cat-item-6"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=6" >その他のスポーツ</a> </li>
        [1] => <li class="cat-item cat-item-5"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=5" >全日本スキー連盟</a> </li>
        [2] => <li class="cat-item cat-item-4"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=4" >日本スポーツ少年団</a> </li>
        [3] => <li class="cat-item cat-item-1"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=1" >活動報告</a> </li>
        [4] => <li class="cat-item cat-item-7"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=7" >福祉</a> </li>
        [5] => <li class="cat-item cat-item-3"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=3" >講義・講演</a> </li>
    )

  • その他のスポーツ
  • 全日本スキー連盟
  • 日本スポーツ少年団
  • 活動報告
  • 福祉
  • 講義・講演
バックナンバー

* RSS FEED

8月31日(火)、野党が憲法53条に基づいて求めていた臨時国会の召集に応じないのは何故でしょうか。

首相が憲法を守らずして国や国民の命を守ることができるのでしょうか。

まさに憲法違反を公言していることと同様。

『国政は国民のためにこそある』。

総選挙前に臨時国会を開いて、国民の声を真摯にお聞きください。

そして、丁寧な議論と説明を国民にしてください!

今日も一日遊説活動。


このページのトップへ

8月30日(月)、今日はとても日差しが強く感じられた一日でした。

遊説途中、新規にポスターを貼らせていただいたお宅が数件ありましたが、みなさんが感染爆発と医療体制の不安を話されていました。

このような時にこそ、国権の最高機関である国会を開き、国民の命と暮らしを守るための審議を国民に示すべきだと考えます。

1月以降、緊急事態宣言などで首相が国会に報告する機会が22回ほどあったにもかかわらず、出席はわずか2回。

国民に自粛や制約を求めるためには、国会で十分に審議し、そして国民には丁寧な説明を行うべきではないでしょうか。


このページのトップへ

8月29日(日)、新型コロナの感染爆発は感染状況が大きく変化し、感染しにくいとされていた子どもが感染し親も感染するケースが増えています。

親の世代は報道でも明らかなようにワクチン接種が間に合っていません。

まさに、デルタ株は子育て世代にとって大きな不安となっています。

私にも「子どもを学校に通わせたくない」との相談があります。

地方自治体の方針任せでは学校も混乱してしまうのではないでしょうか。

国会を開いて、国民の不安を取り除くための審議と方向性をしっかりと示すべきです。

今日の遊説は終日涼しく、明日は猛暑とか。

体調管理をしっかりと行いたいですね。

 


このページのトップへ

 

8月28日(土)、連日家族間での感染が報じられ、親が感染した時の子どもへのメッセージなど心を痛めます。

入院することもできずに家にいる方の不安と家族の不安を考えると、イベント会場や体育館、運動施設等を臨時の医療機関として提供できないのでしょうか。

臨時病床が必要なのは今です。

法整備をはじめとして国会全体で審議するべきと考えます。


このページのトップへ
8月27日(金)、『まっとうな政治・支え合う政治』の実現。
それは情報を隠蔽することなくしっかりと開示する。
国民の皆さんの理解をいただき、公正・公平なルールに基づき政治を進める。
その上で、所得の再分配、将来不安の解消、エッセンシャルワーカーの下支えを進める。
新型コロナウィルス感染症対策も同様。
事実に基づきしっかり説明し、方向性を示す。
それは、総理が自らの言葉で国民に語ることが必要と考えます。

このページのトップへ

8月26日(木)、今日の朝一番は遊説前のポスター貼り。

総選挙も近くなって、連日、ポスターの掲示のご案内をいただく。

今日の午前中は厚労委員会が国会で開かれました。

しかし、2時間での審議で十分なのでしょうか。

国会そのものを開いて、国会議員がすべての省庁での感染爆発を抑えるための議論をするべきではないでしょうか。

国民の命と暮らしを守るための法改正と予算措置を決める必要があると考えます。

 

 


このページのトップへ

8月25日(水)、先ほどのニュースでは今日、菅総理が自民党二階幹事長と会談。

『自民党総裁選は粛々と決めてほしい』と。

その前にやらなければならないことがあるでしょう。

臨時国会を開いて、今の感染爆発を抑えるための方策を国会で議論するべきです。

子ども達は学校が始まります。

国民の命を優先するべきです。

立憲民主党は憲法に基づいて、召集義務のある国会召集の要求をしています。

国会を開く権限は野党にはなく、政府が開かなければ本格的な議論はできません。

そして予算も政府でなければ国会に提出できません。

国会議員は誰のためにそして何のために議員となっているのでしょうか。

国政は国民のためにこそあります!


このページのトップへ

8月24日(火)、新型コロナウィルスの感染爆発の中で、子どもの感染が急増しています。

厚生労働省によると、感染症の国内発生動向は10代以下の感染者数は7月20日までの1週間で3450人だったのが、8月17日までの1週間では2万2960人と6倍以上に増えました。

そして、濃厚接触者の感染経路で最も多いのは同居する家族で、学校などの施設も多くなっています。

夏休みが終了します。

幼稚園、保育園、学校そして部活動、さらには大学や学生寮等の感染事例が指摘される中、政府は地方自治体任せにしないで、早急に国会を開き、情報を開示しながら明確な方向性を示すべきと考えます。


このページのトップへ

8月23日(月)、厚生労働省が20日に発表した「新型コロナウィルス感染症患者の療養状況及び入院患者受け入れ病床数等に関する調査結果」(18日時点)では、「自宅療養者等数」と「入院先調整中の人数」の合計は12万7968人。

埼玉・千葉・神奈川の各県では全療養者に占める「自宅療養者数」と「入院先調整中の人数」の割合は85%を超えています。

爆発的な感染拡大の中で医療崩壊が深刻化しています。

必要な医療を受けられない事態をなくすためにも、臨時の医療施設などの大規模な確保が必要と考えます。

今日も遊説活動。


このページのトップへ

8月22日(日)、新型コロナウィルスの感染爆発で、新規感染者は連日2万人を超えています。

入院することもできず、自宅療養を迫られている人はひと月で9万5千人(11日、入院・療養等調整中の感染者を含む)に急増。

菅首相はこの国難ともいえる危機的状況の中、一刻も早く臨時国会を召集して、与野党ともに専門家を交えて打開策を真剣に考えるべきです。

国政は国民のためにこそあります。

今日も一日遊説活動。


このページのトップへ

8月21日(土)、入院が必要な人が入院できない状況、それはまさに医療崩壊が始まっています。

コロナの感染爆発に対する戦略は、やはり、ワクチンの安全・迅速な接種と大規模検査です。

少しでも具合の悪い人や、感染の心配のある人は職場や学校、そして地域など、どこでも国の費用負担で検査ができる体制を組むことが必要と考えます。

さらに政府の責任の下に、医療機能を備えた宿泊療養施設や、臨時の医療施設などの大規模な増設が必要です。

そして国民に対しては自粛と補償を。

政府は今が一番大切な時期と言いながら現在を迎えました。

一刻も早く国会を開き、英知を結集して国難に臨むべきです!

 

今日も一日遊説活動。


このページのトップへ

8月20日(金)、今日は午後から東松山事務所において記者会見が行われました。

新聞各社の記者の方々がお見えになって、顔写真撮影後2時間ほどの政策質疑をいただきました。

『総選挙間近』という感じを受けました。

新型コロナウィルスによる感染爆発、医療崩壊が深刻化しています。

このまま、「原則自宅待機」が進められることは医療崩壊につながると考えます。

症状に応じて必要な医療を患者の方々に提供することを真剣に考えなければなりません。

そのためにも、限られた医療資源を有効に活用し、その増設や確保が必要です。

在宅医療の抜本的な強化を進めながら、医療機関への減収補填と財政支援を図りながら、医師・看護師の確保を図らなければならないと考えます。

そして、政府が主導し大規模検査を行うべきです。

 


このページのトップへ

8月19日(木)、コロナ感染が未曽有の危機に直面しています。

しかし、菅首相は閉会中審査にも一度も出席せず、緊急事態宣言の延期などに関する衆参両院の議院運営委員会での報告は西村経済再生相に任せるなど、国民への説明責任を果たしていません。

国民の命と暮らしが脅かされているにもかかわらず、政府与党は臨時国会の召集を拒否し続けています。

憲法53条には「いずれかの議院の四分の一以上の要求があれば、内閣はその召集を決定しなければならない」と規定しています。

菅総理が追及を恐れるあまりに国会を召集しないのでしょうか。

コロナ対策や豪雨災害などの政治課題は山積しています。

一刻も早く、国会を開き国民に具体的対応を明らかにするべきです。

今日も一日遊説活動。


このページのトップへ

8月18日(水)、昨日、立憲民主党はじめ4野党が臨時国会を求める院内集会を開催し、4野党党首が出席、臨時国会の召集を迫りました。

7月16日に憲法53条に基づく臨時国会召集要求を行ったにもかかわらず、ひと月を過ぎても政府・与党が応じないことは許されません。

感染爆発と言わざるを得ない状況で、国民の命を守るためにも、雇用・事業を守るためにも緊急の補正予算編成を行う必要があると考えます。

今こそ国会を開くべきです!

今日は朝から一日、小川町での遊説活動

 


このページのトップへ

8月17日(火)、今日も一日遊説活動。

感染拡大が止まらない現状。

一刻も早く国会を開くべきです。

医療機関に対するさらなる支援、生活・雇用・事業を守るための支援など、緊急を要する予算措置も多くあります。

医療従事者の広域的な派遣体制の構築や宿泊療養施設のさらなる確保、さらには新型持続化給付金などの補償は国が主導して対応しなければなりません。

国民の命を守るために一刻も早く臨時国会を開き、感染拡大の対応やスケジュールをしっかりと示すべきと考えます。


このページのトップへ

8月16日(月)、今日も終日遊説活動。

感染拡大が止まらない現況の中で、国会が開かれないのは何故か。

国会を開くと政府にとって何か不利なことがあるのか。

地方自治体の議会ではありえないことと考えます。

こんなにも多くの国民の命と暮らしが危機的状況なのに、日本国の最高機関である国会を開かないでいつ開くのでしょうか。

補正予算の編成も必要、様々な法の改正も必要なのではないでしょうか。

国政は国民のためにこそあります!


このページのトップへ

8月15日(日)、今日は終戦記念日です。1945年8月15日から76年を迎えました。先の戦争で犠牲となられた全ての方々に改めて衷心より哀悼の誠を捧げさせていただきます。

終戦から76年という長い月日が流れましたが、戦争の悲劇が忘れ去られるようなことがあってはなりません。310万人以上の日本国民と、200万人を超えるアジア諸国民の命を奪った痛苦の過去を決して忘れることはできません。私たちには、戦争の記憶を語り継ぎ、平和の尊さを次世代に伝えていく義務があります。

立憲民主党は、綱領において、立憲主義を守り、平和主義を堅持し、国際協調と専守防衛を貫くとの立場を明確にしています。こうした原点を忘れることなく、改めて国際社会の平和と繁栄に貢献していかなければならないと考えます。

今日も一日街頭演説。


このページのトップへ

8月14日(土)、電力や資源についての政府の中長期的な方針を示すエネルギー基本は、3年に一度改定し、2028年に閣議決定。

この度の次期計画案では、2030年度の総発電量は、現行計画から1割程度少ない9300億~9400億キロワットと想定しています。

総発電量に占める再生可能エネルギーは、現行計画の22~24%から36~38%に、石炭火力は現行計画の26%から19%としています。

原発は現在、6パーセントしか発電していませんが、6%を22~26%に引き上げるのは再エネのブレーキを踏むことになってしまうのではないでしょうか。

カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現は、省エネルギー対策と再生エネルギー対策でまかなうべきと考えます。

放射性廃棄物等、長期的にみると膨大なコストを次世代に残すことになります。

カーボンニュートラルとともに、環境保全型社会をつくることが必要です。

 


このページのトップへ
8月13日(金)、全国ほとんどの都道府県で、新型コロナウィルス感染症の感染爆発が発生しています。
厚生労働省が11日までにまとめた感染状況の資料では、10日時点での新規感染者数が31都道府県で最も深刻な「ステージ4」に相当し、これまでに経験したことのない感染拡大とし、非常に強い危機感を示しました。
重症者や入院待ちの患者は全国でも急増、一般医療の制限や、救急搬送が困難な事例も生じています。
菅総理が、会見で繰り返していた「ワクチンによって重症者が減少している」としてきた楽観論は大きく崩れています。
統治能力の欠如と言わざるを得ません。
誰を守り何をするべきか。
党利党略ではなく私利私欲でもない、まさに国民のためこそ国政はあるのです。

このページのトップへ

8月12日(木)、新たにポスターを貼らせていただけるとのご連絡をいただいて朝イチに伺って。

今でも毎日のように自分でポスターを貼らせていただいているけれど、草をかき分け溝に落ちそうになったり、三脚に乗って少し高いところなどスリリング。

今週は蚊にもたくさん貢献。

しかし街頭演説で家をお出になってお聴きいただき励ましの言葉をいただくと一日の疲れは吹っ飛んで、明日からのエネルギーに代わります。


このページのトップへ

8月11日(水)、先日が一番の暑さと聞いたが、変わりもない暑さ。

蚊に刺されてまいった。

こんなに暑いのに蚊はブンブンしつこく元気。

負けていられない…蚊と張り合っても仕方ないか。


このページのトップへ

8月10日(火)、今日は衆議院議員14期の中村喜四郎先生と10区内の市長・町長を訪問。
埼玉県第10区は10市町。
ご多用の中ご対応をしていただいた首長の皆様に感謝申し上げます。
中村先生の国を想うお気持ちは、統治能力の欠如した政府に対する強い憤りがあります。
終日ご一緒させていただき素晴らしいアドバイスをいただきました!

このページのトップへ
8月9日(月)朝のうちは台風の影響で雲も厚く時折雨がパラついて。
午後からは日差しも強く、風も強くなって蒸し暑い。
一日の天気が目まぐるしく変わる中、ひたすら遊説カーから訴える。
窓のカーテンを開けて控えめに手を振っていただいている方、アパートの窓から手だけだして振っている方、近くに寄って元気に激励をされる方といろいろにありがたい。
昼食をとったラーメン屋さんで、偶然に支援者の方々にお会いして、とても喜んでいただきました。
様々な出会いが楽しい遊説です。

このページのトップへ

8月8日(日)、台風接近とあって午前中は雨。

色あせたポスターの貼り替えも小雨なのでササっと。

今日は日曜日でも人影は少なく静かな一日でした。


このページのトップへ

8月7日(土)、にっさいはなみず木での街頭演説。

三連休とあって午前中から買い物をされる方々が多く、数人の方に声をかけていただきました。

新たにポスターを貼らせていただけたお宅もあって、蒸し暑い一日でしたがさわやかな気持ちで遊説活動!


このページのトップへ

8月6日(金)、広島の平和式典。私は東松山市長在職中に中学生を中心とする市民派遣団と共に何度となく出席をさせていただきました。

伺う度に原爆被害の悲惨さに、核軍縮・核廃絶に向けた決意を新たにしました。

特に、今回は核兵器禁止条約が発効して初めて迎えた式典。

被爆者の方々、ご遺族の方々、そして広島市民の皆様の強い思いが核兵器禁止条約の締結・発効につながっているのではないでしょうか。

日本は、オブザーバーとして参加し、唯一の被爆国として被爆の実相を世界に発信し、核保有国と非保有国の橋渡しをしなければならないと考えます。


このページのトップへ
8月5日(木)、菅政権がコロナ患者の入院について重症患者や重症リスクの高い人に重点化する方針を打ち出しました。
これまで入院で対応してきた中等症患者、宿泊療養を原則にしていた患者を「自宅療養を基本」にするという重大な方針転換です。
入院や施設療養を制限することは、命にかかわる重大な方針転換なのに、専門家を交えて検討や議論を経ないで決めてことは大きな問題だと考えます。
病床不足を打開するためには、医療機関などの減収補填など財政補填や支援を抜本的に拡充し、医療供給体制の一層の強化を図ることが必要なのではないでしょうか。
総理が国会に出てきて、しっかりと説明するべきと考えます。
暑さもピークか。
街頭とポスター貼りの一日。

このページのトップへ

8月4日(水)、色あせてしまったポスターがあるとご連絡をいただき、早速貼り替えに。

今日のひと言は『暑い!!』

暑さで顔もしかめっつらに…。

遊説活動は窓を全開にしているものの、クーラーがあるので助かりますが、街頭演説は…。


このページのトップへ
8月3日(火)、菅総理は感染爆発の危機的状況に対して、「8月下旬には、2回目のワクチンを終えた方の割合が4割を超えるように取り組む」とおっしゃっていましたが、それだけではなく、人の行動抑制などの感染経路対策、検査による感染者の発見・保護などの感染源対策とワクチン接種による免疫獲得を徹底することが必要なのではないでしょうか。
特に重要なことは、市中感染が異常な広がりを示している中、PCR検査の拡大による無症状感染者の発見・保護を一刻も早く行うべきと考えます。
今日も遊説とくい打ち作業。

このページのトップへ
8月2日(月)、日々の遊説活動、そしてポスター貼り。
吉見町の遊説途中にウォーキングの女性と出会う。
私のライブコンサートに来ていただいた方でした。
コロナ禍でコンサートも開くことができないまま2年。
「案内してくださいね。楽しみにしています!」とおっしゃっていただいて。
今夜は立憲民主党埼玉県連のウェブ会議。
立憲民主党は草の根の政治、ボトムアップの政治を進める通り、地方自治体議員を中心に風通しも良く、忌憚のない様々な意見が出るところがとても良い。

このページのトップへ
8月1日(日)、連日の猛暑。街頭演説も目に汗が入る。
ポスター貼りも遊説活動の途中で新規に貼らせていただいたり、色の褪せてしまったポスターを貼り替える。
すべて、自らの手作業なので時間はかかるが一軒一軒ご挨拶もでき、お話しもうかがえる。
『企業献金・団体献金はいっさい受け取らない』ボランティアに支えられて日々の活動。
清潔で透明性のある国政を実現できると信じて、明日からもマイクを持つ。

このページのトップへ