カテゴリー

    Category Order could not understand your category HTML. Please do the following:

    • Disable all plugins except for category order to see if some other plugin is causing the problem. If the problem goes away, re-enable each plugin until you find the incompatible one.
    • Try switching to a different theme, like the WordPress default theme.

    Once you have tried the above steps, email david@coppit.org with the results of these debugging steps. Also include the following information:

    Original HTML:
    <li class="cat-item cat-item-6"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=6" >その他のスポーツ</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-5"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=5" >全日本スキー連盟</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-4"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=4" >日本スポーツ少年団</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-1"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=1" >活動報告</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-7"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=7" >福祉</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-3"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=3" >講義・講演</a>
    </li>

    Processed HTML:
    <li class="cat-item cat-item-6"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=6" >その他のスポーツ</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-5"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=5" >全日本スキー連盟</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-4"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=4" >日本スポーツ少年団</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-1"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=1" >活動報告</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-7"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=7" >福祉</a>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-3"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=3" >講義・講演</a>
    </li>

    Category pattern:
    /http\:\/\/www\.sakamoto-yunosuke\.jp\/blog\/\?cat\=(\d+)/

    Items:
    Array
    (
        [0] => <li class="cat-item cat-item-6"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=6" >その他のスポーツ</a> </li>
        [1] => <li class="cat-item cat-item-5"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=5" >全日本スキー連盟</a> </li>
        [2] => <li class="cat-item cat-item-4"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=4" >日本スポーツ少年団</a> </li>
        [3] => <li class="cat-item cat-item-1"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=1" >活動報告</a> </li>
        [4] => <li class="cat-item cat-item-7"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=7" >福祉</a> </li>
        [5] => <li class="cat-item cat-item-3"><a href="https://www.sakamoto-yunosuke.jp/blog/?cat=3" >講義・講演</a> </li>
    )

  • その他のスポーツ
  • 全日本スキー連盟
  • 日本スポーツ少年団
  • 活動報告
  • 福祉
  • 講義・講演
バックナンバー

* RSS FEED

2015_08_17_真夏の個別
 8月17日(月)、お盆明けの月曜日。サラリーマンの方々の夏休みも一段落というとでしょうか。今年のお盆は連日後援会の方々にご挨拶にお伺いした一週間でした。
2015_08_17_炎天下個別2
 暑い日が続きましたが、多くの方々にお会いし、時には冷たいお茶をいただきながら、ゆっくりとお話しを伺うことができました。
2015_08_17_個別
 8月15日、戦後70年の「終戦に日」を迎えました。戦後70年、今を生きる私達にとって、戦禍に倒れた我が国の先人達そして侵略によって多大な損害と苦痛を被ったアジアをはじめ海外の方々に対する責任を果たすためにも、「何故、戦争を止めることができなかったのか」「もっと早く引き返せなかったのか」を考えなければなりません。
 先の戦争において亡くなった我が国の軍人・軍属約230万人。その6割にあたる約140万人の方々が戦死ではなく、兵站・補給の失敗による餓死や病死だったともいわれます。原爆の投下や東京をはじめとする空襲、そして住民の3人に1人が犠牲になったともいわれる沖縄戦。悲惨としか言いようのないそれらの犠牲を経てやっと8月15日の終戦を迎えることができたのです。
 間違った戦争指導と、兵士や国民、戦地の方々の生命を顧みない戦争継続は、当時の国家指導者の下した判断によるものであり、とりわけ政治家は、いつの時代にあっても、同じ過ちを繰り返さない重い責任を有しています。一国の国家指導者の思い込みや統制を欠いた現場の独走により国家国民を危機に陥れることは、二度とあってはなりません。
 その誓いのもと、戦後70年、日本は一貫して平和国家として歩んできました。日米同盟を安全保障の基盤として、専守防衛のための必要最小限度の実力組織として自衛隊を保持し、世界の平和と経済発展に寄与するため、自らにできる最大限の貢献を続けてきた結果、世界中の国々から高く評価されるソフトパワーを培ってきました。
 この信頼を失うことがあってはなりません。安保法制が議論されている今だからこそ、決意を新たにしたいと思います。
 世界では狂信や憎悪に基づくテロがはびこり、穏やかな暮らしを望む多くの人々が、自由を奪われ、生命の危険にさらされています。我が国は自らを守ると同時に、憲法前文の思想に照らして、世界から紛争やテロ、政治的抑圧を根絶していく責任から目をそらしてはなりません。
 14日には「戦後70年総理大臣談話」が閣議決定を経て発表されました。戦後70年、日本の平和国家としての歩みは世界中から高い評価を受けてきました。未来志向とは、こうした我が国の戦後の歩みを積極的に内外に発信し、国家間のみならず、実際に惨禍を被った国民を包括する和解を進めていくことでなければならないと考えます。
維新の党は、そうした国民的な努力を全力で支援し、あまねく世界の人々、とりわけアジア諸国民との真の和解が達成されるようこれからも尽力することを誓うものであります。


このページのトップへ